おはようございます!

きのう。浜松町のタリーズにて。

ん!?

急に前の席に座ってくる不審者が、と思ったらアマガイさんだった件!

(マジでビビった!)

いやぁ面白いです文化放送。久々にアマガイさんとだらだら話す♪

きのうは夕方に仕事が終わってからも帰りたくないくらいの陽気だったので、渋谷・たかちゃんのお店で一杯。シャリキンを飲む♪

「ちえぞうってさー、仕事、なんだっけ?あ!アパレルだ!」

そんな、たかちゃんだから行きやすい。震災後に東京来てから、けっこうすぐに知り合ったのに。笑

渋谷の空。暗くなる前に帰宅。

そして今日の空もとってもすがすがしい。梅雨入り前の貴重な日々。さて、今日はどうしましょう。今日も良き一日となりますよう☆

Posted in つれづれなるまま。 | おはようございます! はコメントを受け付けていません。

サラダデイズ♪〜music with you!

本日(5/17)の文化放送『music with you!』、メンバー3人全員でやって来ちゃう♪

Saucy Dogだよん!

もうですねSaucy Dogの描く歌詞はすごい。それはボーカルの石原さんが書いているのだけど(ポスターを持っている男子)、生生しくて、だからこそ訴えるものがすごくて、なんだろうな…やっぱり、生生しいことを書くかどうか、という、タガみたいなものってまずあると思うんです。赤裸々に書くことはどうなのかな?という迷いとか。

でも、バンドという表現形を持っていて、そこに現れる音楽としてのものがすべてなわけだから。そして今回は3人全員いらっしゃるというのもあってね、なんというか…少しでも3人にバランス良くしゃべってもらおうというのをまず頑張りました(笑)!だってメンバーの声、聞きたいよ、ね(^^)!

とにかくですね、2枚目にして来週リリースになるSaucy Dog『サラダデイズ』は素晴らしい作品です。リアルな同世代が共感できて、オトナ世代は若かりし頃をいろいろ思い出さずにはいられずになってしまう。それは‘生生しい’感じがなせる技だと思うのだな。

おっと、また色々と書いてしまいそうだ…今夜の放送、どうぞお楽しみに!

そして先週の放送を聞いていない方は今なら間に合う!タイムフリー機能を使ってぜひ🎶

LOST IN TIME・海北さんが弾き語りをしてくれました。今ならまだ聞けます!

放送時、今月末のホールワンマンライブのチケットが残り数枚、だったのですが、その後見事にソールドアウトしたそうです(ですよね〜!)!

放送後、10周年のベストアルバムを改めて聞いたり、ドラムの源さんが記した封入特典の10周年を振り返った冊子を読み返してみました。

いろいろあるよなぁ。

でも、だから、

きっといいんだよなぁ。

ロストインタイムの、そんな歌たち。

でも、確かに、海北さんがおっしゃる通りで。どんなことも、いつまで続くかは、分からない。それは、どんなに結束の固いバンドだったり組織だったり人間関係にも当てはまると思う、で、本当にその通りなのだ。「え?」ということがないように、その時その瞬間というのを大切に、できる限り大切にしようと改めて、思った。海北さんと話して、ね。

時間も限りあるしお金とか余裕とか、もちろん制限はあるけれど。そんな限りある中で、後悔がないように、は難しいけど、なるべく後悔が少ない人生でありますように。

LOST IN TIMEのことは、文化放送で応援体制が整っておりますよ!ほら見て、スタッフ全員でゲストを囲んで記念撮影は初めてじゃないかな(笑)!?

 

では、今夜も深夜に会いましょう〜🎶

Posted in ラジオ | サラダデイズ♪〜music with you! はコメントを受け付けていません。

華麗なる季節に飛び込もう☆

からっと今日も晴れそう(そして暑そう)な関東の空からおはようございます!

この日のライブもからっとしてました。こんなタイトルのこんな1日だったのに。

ボーカルが抜けて赤い公園も新しく始まるし、ボーカルが抜けてバンドが続いて行くことももはや不思議ではないのか。と理解しようと思うけれど、やっぱり寂しいものは寂しいさね(メンバーの脱退はボーカルに限らず、ではあるけれども)。

でもこの日のライブはそんなしみったれた空気はなく。さらに、

「今日、物販いろいろ買ってください。それを元手に、自転車買います!で、今日の深夜から、北に向かってチャリこいで歌いに行きます!なんで北のほう、って言うと、うーん、南のほうの人はやさしそうで甘えてしまいそうだから!」

とMCで宣言していた通り…渡辺ヒロユキはこの言葉通りの行動をしています。最近も福島の現状を彼なりにツイッターで発信しています→コチラから。ぜひ彼の足あとをたどってやってください、そして近くの街でもしも見かけたらやさしくしてあげてください(^^)

これからの抱きしめるズは、ギターの大河くんがボーカルを取る。あの見た目(と言っては失礼だが、でも本人にも言えるし、本人も見た目を題材にした歌を作っている)がフロントマンになるのがプラスに働くような気がしてきました。笑うとカワイイところもあるしね(笑)、キャラ立ちしそう!

物事を続けていれば、停滞してくる時は必ずやって来る。それを越えて、超えていかなくてはいけないわけで。どんな越え方が正しいわけでもないし、で、彼らは、渡辺ヒロユキとして/THE 抱きしめるズとして 歩いていくということを決めたわけだから、それはそれで変わらず応援したいなと思った夜でした。大河くんのボーカルでこれまでの曲がどうなるんだろう、というのをむしろ楽しみにしたいと思う。渡辺ヒロユキは、たぶん、自分が歌い続けて行くこと自体にも不安があって、だから自転車に乗ってるんじゃないかな…と思うのだけど、そんな今の行為を通して、やっぱり「歌う」ことを続けて行くと決める予感がします。まっそんな先のことより、まずはこれからの道中も気をつけてな!

「ちえさんですよねー!私、盛岡から来ましたー!」

と声をかけてくれた女子。おぉおおお!!!

「ちえさんが、毎年、いしがき(ミュージックフェスティバル)で泣いてるの見て、泣けちゃうんですよ〜」

…泣いてないし!!!

っ言ったけど、嘘ですね。笑。MCで泣くことはないけど、毎年かならず、ライブで泣かせられるのは間違いないですね。ツイッターで、「ちえさんがいちばん、いしがきの素晴らしい場面を近くで見ていると思う」と言われたことがあるけど、それはそうかもしれません(でもステージ袖は音はあまりよくないのよ実は)。ここ‘ならでは’のMCがあったり、コラボがあったり。事件があるよね、毎年。

そういうのを一緒に目撃しているのだね。そして、こうして東京・新宿のライブハウスで会えたことをとっても幸せに思えた夜でした。今年のいしがきミュージックフェスで再会しよう(^^)

さてさてこちらのライブのことは文化放送の番組『music with you!』でもお話ししましたが♪

パノラマパナマタウン、今後が楽しみですね!いやぁ、対バンっていいもんだよなぁと思わされるライブでした。対バン相手、夜の本気ダンス(=夜ダン)の曲をアンコールにカバーするあたり、こういうのがあるようで最近まずないんですよね。対バンでお迎えしたゲストへのリスペクトも示せると思うし。正直、比べてしまえば夜ダンのほうがクオリティ高いライブだったと思います(それは先輩ですからね)、でも、こういう‘おもてなし’?のようなものを見せられるバンドとして、もう一気に印象に残りましたからね。

それと新しい音楽ファンがついてるなぁって感じもしました。KANA-BOONがライブハウスを賑わせた頃と同じような感じで。パノラマ〜のファンは「JJとか女性誌、ちゃんと読んでます!」みたいなキレイめ女子が多い感じ。これもいいなぁと思いましたね。やっぱり、どんどん新しい層というのを取り込んでいかないと(ラジオも同じ命題がありますが。笑)!

夜ダンのほうも書いておくと、メンバーにジャニーズファンが多くて、ちょうどいろんな話題も豊富な時だったもんでまぁいろいろ喋ってましたが、メンバー的にいちばんのトピックは「渋谷すばるさんの関ジャニ脱退」だそうです。あと、ボーカル氏が歌っている最中に締めているネクタイをきゅきゅきゅ、っと外して歌い続けるシーンが個人的にちょっときゅんとしました♡

そんなライブ会場のWWWに貼ってあったよ!今週(木)、文化放送『music with you!』にメンバー3人全員やって来ます!たのしみ!

きのう行ってきたライブ。FINLANDS×BALLOND’OR、この2組でスプリット盤を出したリリース2マンでした!

ようやく、見たかったFINLANDS。メンバーが首元にみんな毛皮のようなものを巻きながらライブをしていたんだが暑くないんだろうか…汗だくにならない姿、うらやましきかな。ボーカル女子、意外と年齢行ってるのかな?と思ったり、いやいや案外若いかも?という感じで翻弄させられる不思議な感じ。だいぶいろんなことをくぐって来たのもすごく分かるし、くぐってきたからこそあんなMCができてステージで歌えてる人なんだろうなというのがすごく良かった。言葉をすごく大切にしている方だろうなと思う。今後がたのしみ!

かたや、BALLOND’ORはMCでも自ら言ってた(千葉のライブハウスで言われたと)、「MCなければいいのにな〜」…これ、同意っす。笑。いや、もう少し加減したほうがいいかな、まるっきりなくす必要はないと思うのですが!何が起こるか分からない、無鉄砲さがあるステージが個人的にはとても好き。きのうはそれが炸裂してました。でも、MCで(見てるほうの気持ちが)だら〜んとしてしまうというか、だから勿体無いところがあるような気は、確かにするんですよね、うむ。

ちょっと横山健さんを思わす風貌にも勝手に納得したのは、ボーカル氏はパンクを好んでいるという事実。それでいて今やっているバンドのサウンドは、パンクの香りも入れながらとても面白いと思うので、なんとなくこれからライブを続けて自分たちで自分たちの形が見えて行くのではないでしょうか。周りがどうこう言わなくてもね。ということで、彼らのライブは見続けて行きますよ!

と言うのも、彼らが送ってきた音源は大切に取っています。

「いつか、music with you!から、私たちの音楽が流れてきたらとても嬉しいです」

そんな心のこもったお手紙とともに届いた音源。そんな日は、きっと来る。その時まで!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | 華麗なる季節に飛び込もう☆ はコメントを受け付けていません。

『最後はヌード』って曲もあるしね♪

そそそ。この前の文化放送『music with you!』オープニングで話した件。ロダンの彫刻『接吻』はこちらです@横浜美術館/ヌード展 にて♪

(撮影可能です)

まぁ確かに生々しさがありますが…公開当時の「布をかけられて展示」のエピソードには「展示の意味あるんかい!」ってツッコまざるを得ないのと、逆に想像力が増すかもしれないなぁなんて思ったりもしますね。「あの布の下にはいったい…?」なんつって。

しかし『ヌード展」なんて、まぁ大胆な企画ですが、これがとっても面白かった!です!

裸体の描かれ方を通して、なんか歴史が見える感じがするんですよね。やっぱり宗教画のようなものから始まっている裸体がいつしか市井の人が描かれるようになってくるまでの時代の変遷というのが、ね。ものすごい時を経てるわけですよ。そんで今はヘアヌードが「アート」とか言われるわけだし、こうなるとこの先は人体の内部がさらされるのにゾクゾクする時代が来るんですかね、なんつって!

(と思ってたら、上野で開催されてる『人体のふしぎ展(←正式には、人体−神秘への挑戦−)』が入場2時間待ちとかだったのを見た…あながち間違ってないかもしれない。こうなると次は機械だな、機械の緻密な構造が明らかになるのにゾクゾクする時代が来るね!うん!笑)

個人的に面白かったのはですね、イギリスの国民画家とも言われるターナーのスケッチですね。テレビ番組でも取り上げられてましたけども。「ターナーもそういうの描いてたんだ!やっぱ人間だよなー」と思うのと、ターナーのイメージ的にということでこのスケッチはひたすら隠されていたという事実。まさに忖度。笑笑

こういうのがあるとやっちゃうんだよなー。撮ってくれた方あざす!

ヌード展でのひとこと;肉体こそが、油彩画が考案された理由である−ウィレム・デ・クーニング

ハマスタに行ってみたけど例によってチケットはソールドアウト。まっこんなにいい天気のデーゲームじゃしゃあない♪

ありあけ本店に行って、ハーバーの生タルトをもぐもぐしながら(とろける〜♡)、

ひさしぶりの中華街でビャンビャン麺を食らう。あーまた台湾行きたくなった!香港でもいい(けど香港は物欲にもまみれてしまうのでやっぱり台湾で!)!

そんでもってこちらはプーキシン美術館展です@東京都美術館

わずか60点ほどの作品しか来ていませんが、こちらの撮影スポットとしても使われているアンリ・ルソーの作品が見られるだけで行く価値があるというものです(馬を襲うジャガー)。強いてさらに言えば、ゴーギャンが南国に実際に行って描いた絵があって、かたや南国やジャングルに強い憧れを持ちつつ想像で描き続けたルソーの絵との対比ができるのが見られるだけでもう十分!です!

ルソーの絵は、見れば見るほど面白い。葉っぱの大きさのバランスとかおかしすぎる。でもそんなことも通り越した、絵が語りかけてくる何か。あの当時、誰にも評価されなくても描き続けた意思。今は世界の人をこんなにも魅了してやまないのに。いや、その意思に魅了されてしまうのか。

ルソーの絵を知ったのは、原田マハさんの著作でした(楽園のカンバス)。以来、原田マハさんの本もすっかりファンで、GW期間には『モダン』という一冊を読みまた涙。あぁ、ニューヨーク行きたい!!!

プーシキン美術館展での発見;アルマン・ギヨマンという画家は働きながら絵を描いていたが、宝くじで大金を手にしてそれから絵の道ひとすじに。こういうこともあるんだな〜。

もういっちょ、こちら。

一言で言うなら、彼女は、天才!!!

‘怒りさえも笑い飛ばすために 女の子は 牙をむく。’

会場内にあった文章の一節ですが、たぶんですが、いろんなことに抑圧されてきたものをすべてぶちまけている感じがします。

会場内はすべて撮影可で、お洋服やらイラストやらスケッチやら。どれを見てもすごい感性に圧倒される。彼女が無駄に芸能の世界で有名になってしまったばっかりにこういうのがなかなか表現できなかったのか、いや、有名だからこそ今こうして表現できるのか、でもどちらにせよ、素晴らしい才能がある人だというのは芸術に(好きだけども)疎いわたしにも伝わるものでありました。それこそ、MoMAとかの人が面白がってくれたりしたら一気にドーン、なんてことにもなるかもね!

(会場の絵は販売されているものもありましたが、買い手もちゃんとついてました)

のんちゃんもラスカルとコラボか…く、くやしい…(のんちゃんのキャラ・ワルイちゃんとのコラボ)!!!

来ますね間違いなくラスカルブーム(断言)!!!

そう言えばですねGW、最近のできごととしてはもうひとつ。髪を切ったんですー。

左サイドは耳が見えるショート、右サイドはボブスタイル。ってなわけで完全なアシンメトリーなんですけど、結構短くしたんですけどね、これがまぁびっくりするくらい誰にもツッコまれない(爆)!あまりにも馴染んでるってことなんでしょうね、ハイ!

ということでアイメイクも変えよう!と思って化粧品売り場に行ったんですけど、またも似たような色を選ぶあたり…青系、持ってんじゃん!と自分にツッコミつつ(やれやれ)、でもなんだか髪を切って体も気持ちも少し軽くなりました。いいもんですね☆

Posted in つれづれなるまま。 | 『最後はヌード』って曲もあるしね♪ はコメントを受け付けていません。

あれ、これ、あれこれ♪

そうそう!

今のところ、月に1回がんばっています!

「中年スポーツ部」!

今回の会場は横浜・ハマボール。なんかすっかりオシャンティになってました!

ただ残念なのは、アルコールを飲みながらボーリングできないことかな(持ち込んでる方はいたので持ち込めばいいのかな?)。

しかし継続は大事というのをこの歳になって学んでいる我ら。笑。まだ鼻でせせら笑われるようなスコアですが、でもでも、確実に着実に伸びているという事実。よし!今年中には150をコンスタントに取れるようがんばろー!おー!!

横浜っちゅうことで家系ラーメンの吉村家を通ったらまぁすごい人でした!でもまだ本家を攻めたことがないので一生に一度は行ってみたい…!

ということでおとなしく(?)この日はニュータンタンにて〆るの巻♪

熊本の物産館に1年ぶりに。GWということもあってかレジの列もすごい人でした。

去年「赤酒」というのを買ったんですね。ちょうど、蔵が再開して入荷したのを1本買って帰ったんです。お屠蘇などに使ったり、料理酒もするとのことで料理酒にしてみたら…

もうこれ以外は使えない!!!

ってくらいに気に入ってしまったのです。はい!

こんな色の『蔵の師魂』は初めて!サイダー割でごくごく。あぁ夏は最高!

宇都宮に行きーの。例によって新しい焼酎を教えてくれる‘師匠’は、吉田ホルモン・けんさくさんです!

けんさくさんには本当にもう何年?ってくらいお世話になっていますね。FM栃木で番組を始めて2年目くらいからではないだろうか…?けんさくさんのお店に行くのも楽しみでね!あぁ、なつかしい。蘇るね、あの時のいろんなこと、すぐに!

そんなのがもう10年以上前なんだもんな…

けんさくさんがふいに「Sさん」の名前を出したもので、そりゃー来てもらいましょう!とSさんがもらい事故のように突然の電話で呼び出されるの図(さーせん/手でモザイクの男性)!日帰りだったのが悔やまれる、Sさん&けんさくさん、次回は前もって連絡します!!

けんさくさんご自慢のホルモンにも舌鼓。本当にここに勝るホルモン&キムチはどこで食べられるかな?と思う!

そうそう。写真はないけど、文化放送のRさんとも初めて飲みに行きました!

報道部に属していて、この日も某地へ取材に行った帰り。リアルタイムで「なう」な話を聞きつつ、なんかコーフンしてしまう自分がいる。行く‘現場’はそれぞれ違うけど、でも、現場に行くことや現場で感じることを語るRさんの姿に、そうそう、そうそう!こういう方に会えないの、東京にいると!というのをすごく感じたし、腑に落ちる何かがあった!いま、トミちゃん(中年ボーリング部員でもある)たちと会うのが楽しいのは、彼女たちも、‘現場’(=ライブ)にすごく言ってるから、話してて楽しいんだよね!

でも、それは‘現場’へと足を運ぶことだけでもなくて。今、‘なう’な本を読んでいたり映画を見ていたり、そういう方でも面白いんだな…というのも、Rさんも本が好きだったりする人でね。そして何よりまさかの「音楽大好き!」で、北海道のライジングサンに毎年行っている、という…!

マ  ジ  で!!??

本当に、素敵な先輩ができました。また飲みに行くのだ(イッヒッヒ)。次回は写真撮りますー!

そして今年、こちら初開催!

初開催にして参加者多数。こちらですね、みなさま「新聞社」勤務です…なんでアタシが?ですよねぇ、はいはい、そうですよねぇ…みんなのマドンナだからです、ぬぅあんてボケられるまでもなく(参加者は20代が圧倒的に多いしな!爆!)、うーん…す、すみません…

正直なところとしては、もともと、競馬・しかも東京はナイター競馬もあるし、行ってみたかったんですよね。

そんなわけで昨年、トゥインクルレースに岩手日報社の知人に連れて行ってもらい、その輪が大きくなっている次第、ってなわけです。なんにせよ輪が大きくなるのはいいことだ!日報社の人間が「おしゃべりの仕事は全部チエちゃんによろしくね♡」とかプロモーションもしてくれて、よし、やっぱし持つべきものは友と知人!なのだよねぇ、としみじみ…(新聞社はいろんなイベントを企画するのだ)!

この日の成績は惨敗。数いても当たらず。まぁそんな時もあるわね。

打ち上げの場所も予約済みとか本当に新聞社の人間はスマートな人が多い。やるのぉ。

そんなわけで大井競馬場近くのこちらは名店。チョー混雑の店内にすんなり入ってこのお酒にやられた…

「ブー酎」

コップになみなみ入った焼酎に、受け皿におさまるくらいのぶどうエキス?をドレッシング容器みたいなのからちゅーっと入れる。斬新。そして飲める、飲める飲める。で、後から来るパターンね、これは。

※お一人さま3杯まで

って注意書きがあるのもよくわかるってもんです。

トゥインクル競馬の会も参加者随時募集中です!次回は梅雨入り前にもう1回くらい行きたいな…

チエちゃんのマネージャーをやってもいいよ!と言ってくれてる彼がこんな姿を披露しますけどね…お目汚しすみません…龍馬先生すみません…しかしなぜ龍馬?というのも、大井競馬場近くの立会川は、坂本龍馬ゆかりの場所なんだそうですね。知らなかったー!こんな発見もあるし、まぁ今月フトコロ事情はちょっと厳しいですが(汗)、なんでもない‘現場’にも発見ってあるもんでっせ(^^)なーんてね♪

Posted in つれづれなるまま。 | あれ、これ、あれこれ♪ はコメントを受け付けていません。

本日、music with you!です🎶

本日(5/10)深夜2時〜文化放送『music with you!』です!

ぜひ、聞いてください。いま言えるのはそれだけです。

LOST IN TIMEの海北大輔さんをお迎えします。昨年、文化放送にいらした時に舘谷ちゃん(文化放送アナウンサー/左)が、LOST IN TIMEのファンになって、帰りにapple storeですぐ音源を買ったんです、って。そんなわけでスタジオにも招きました。

聞かれるべき音が、もっともっと。世の中にはいっぱいある!

やっぱり言えるのは、ただ、それだけです。

では、本日のちほどラジオを通してお会いしましょう〜♪

Posted in ラジオ | 本日、music with you!です🎶 はコメントを受け付けていません。

伊豆の思い出♪

伊豆でいろいろなミカンの品種があって、買えるだけ買ってきて今も食べたところなのですが、まぁとっても美味で困ります!

さてそんなわけでずらずらっと写真をアップなど♪

まぁ〜海がきらきらして綺麗なんざんす!

沖縄に勝るとも劣らないと言われている海の美しさ、白い砂浜。

駅前のおみやげ屋さんでおすすめスポットを聞く。バスの本数が少ないけど、「田牛(=とうじ、と読む)」のほうへ行ってみて!というお話にいざ行ってみたのであります。

GWで海に入っている方々がちらほらいる中、わたくしはこちらにチャレンジしてきました。サンドスキー(至近距離で写真撮るの忘れた)!

これがですねかなりの傾斜でして(30度?)、てっぺんまで登るのもえらいこっちゃなんですわ…(はい、登れませんでした…笑)、おまけにすごいスピードが出るんっすわー…いやぁ、ヘタレでした。おまけにかなり体力を使った、まさかの。笑!

サンドスキー場ほど近い、「竜宮窟」へも。こちらうっすら分かりますか?ハート型に削られてるんですね!

最近、落石があり今はこの中へと入ることができず上からの眺めだけでしたが、それでも十分!

バスを乗り継いで、あまぎ〜ご〜え〜♪

(でも実は、天城越えって伊豆だったのね、と今回初めて知りました…)

『天城越え』の歌詞にもある、浄蓮の滝。水しぶきいっぱい浴びてきました!

しかしまぁ滝から流れる水がなんとも澄んでるのさー!

ということは魚がいましてですね!

30分1500円くらいで竿や餌までセットな状態で釣りが楽しめるとのことで、せっかくなのでやって来ました!

まぁ釣れた釣れた!えーとね、何だったかな…(確か1匹はサケ科の品種で、身もふんわりで美味!)?こちら、持ち帰りもできるのですが、そのままその場で焼いて食べられるということで食して参りましたとさ。自然の美味、最高でした(^^)

(強いて言えばこの時もビールがあれば最高でしたね…!)

修善寺近くの竹林。ちょこんと人が写ってるところは巨大な丸いベンチで、ここに寝そべって竹林を見上げるとまぁ圧巻!

修善寺にお参り。恒例のおみくじ。これまたまったく何一つ悪いことが書いてない大吉…さいきんのおみくじや占いの結果、逆に怖すぎる(笑)!

歩いて歩いて、消費したカロリーは食に化け。たぶんプラマイゼロ…と、思いたい。ハハ(汗)!

伊豆はいいとこ一度はおいで。これ、夏にまた行ってみたいです。なんといってもミカンが美味で!

 

【おしらせ】

文化放送『music with you!』(毎週木曜/26時〜26時半)ですが、なんとですね!『渋谷×文化ラジオ〜高橋ちえmusic with you!』時代の番組ブログを、そのまま継続して使わせていただけることになりました(パチパチ)!本日〜再開いたしまして、こちらにゲスト様との放送後記やら、お知らせやら、書いていきますので是非、こちらのページもご覧くださいね!→コチラです♪

Posted in ♪♪たび♪♪ | 伊豆の思い出♪ はコメントを受け付けていません。

1泊2日 伊豆へ

そうだ、

伊豆に行こう。

本当に思い立って宿の予約をしたのはゴールデンウイークに入る直前、出かける2日前でした!

宿の前。

もう一枚♪

アロエの畑。自生してるわけではなく、高齢化により稲作ができなくなった方々がアロエの栽培にシフトしているのだと。ただ土地を眠らせておくよりは。南伊豆の気候ゆえ、でしょう。アロエを使う化粧品メーカーなどが買い取ってくれるのだそうです。

何の気もなく予約サイトから予約した場所でしたが、1日5組しか泊まれない宿で、携帯は通じずただ鳥のさえずりや波の音を聞き。部屋にテレビもなくて、夜は月明かりで本が読めるかと思うくらい明るい(ゆえに星が見えない)。おまけに食事が美味すぎて、あんなぷりぷりした伊勢海老はもう食べられないと思います。

20代で起業して、趣味のトレッキングでこのあたりを歩いて「こんな場所があったのか」と。起業した会社は譲り、土地を買って、横浜から引っ越して宿を営む70代に入るご夫婦。露天風呂もたぶんお手製で作ったのでは?というお風呂に何度も浸かる。深夜は月明かりを全身に浴びながら。

夏は海に入ることもできるそう。潜りにいらっしゃい、とおっしゃってくださったご夫婦。

五感が「シャキーン」と音を立てて、研ぎ澄まされていく感覚を。人生で初めて味わったかもしれません☆

また、必ず。よし、がんばる!

Posted in ♪♪たび♪♪ | 1泊2日 伊豆へ はコメントを受け付けていません。

ビバ ラ ローック!!!

ことし5年めになるという、さいたまスーパーアリーナを会場に行われるフェス。3日間開催のうち、5/4&5日の2日間行って参りました♪

さいたま新都心の駅を降りてすぐ、こんなウェルカムからーのおいしいフードやらが並ぶ。このエリアは入場無料で、ここにあるステージも無料。ということでG-FREAK FACTORYやらthe band apartのライブをフリーで楽しみながら(お客さんがチョーいっぱい!!)ビールを飲むのもとってもいい気候でして。

このゴールデンウイークは本当にお天気に恵まれましたよね(^^)

ロッキンも装飾がなかなかにわたし好みなんですが、ビバラのセンスもなかなかにオシャレでございました♪

導線がイマイチ理解できなかったり人で渋滞になったりするストレスはありましたが(いやぁホント歩いた歩いた。笑)、さすが、「さいたまスーパーアリーナ」という大きな会場を使ってのライブはどれも素晴らしかったです。上の上の客席までいっぱいのお客さんがいる中、3日間の大トリを飾った10-FEETはさすがの一言。

ライブに来て盛り上がり方がちょっとくらいおかしいからって文句言うな。頭ごなしに文句言ったりすんな。お前らだってみんな最初はライブが初めてでどうやったらいいかわからん時があったやろ。

…わたしの断片的な文言はなんてチープすぎるんだけども、本当に最近はどうかしてると言わざるを得ない。ひとりが上げた声に、寄ってたかって正義感やらいかにも正論を振りかざしてるようなやりとり。そんなにネットでいろいろ言いたいなら会って言いなよ。そんなに自分に直接的に関係あるのか。

なんとなくだけど、「許容」とか「認容」というのが足りなくなって来ていると思うのだな。世の中。

2日間でとにかくいろんなライブを見たし見たはずなのに、10-FEETがすべてをかっさらっていく素晴らしいライブだった。うん。

わたしの友たちは3日間すべて参加した猛者ばかり(爆)♪

10-FEETのライブ中、ひらひらと舞う♡たち。この日のおみやげ!

黄色の♡が舞う光景は圧巻でした。こういうのは大きいアリーナだからできることですね!テレフォンズも大きいステージに映える、相変わらずな「ディスコーーーーー!!!」なライブで、会場内を自転車で駆け回ったのは爆笑だったな!ちょっとだけどもUVERworldのパワーを感じられたのは良かったし、スカパラのステージに5人のフィーチャリングボーカリストが入れ替わり登場したこと&ドラムのキンちゃんが2回も間違えたのは確実にレア!なライブだった。

あとは基本的にCAVE STAGEという、ライブハウスを少し大きくしたようなスペースに居座ってライブ見てました。お目当のサイダーガールは入場規制でパブリックビューイングでしたがライブの雰囲気、ようやく体感できて良かった!

それと面白かったのはキュウソネコカミですね…ゲストにいらした時に、トシロウさんこと鬼のトークになったのですが、それは「TOSHI-LOWさん」という曲を書いたからで、そもそもその曲ができたのは、元カノが細美武士のファンだったから、そんな元カノのことも「サブカル女子」という曲があってですね…なんて話をしたんです(今週木曜まではradikoのタイムフリー機能で聞けますので是非!)。この日のライブは、TOSHI-LOWさん→サブカル女子 と続けてのセットリスト、そしてその演奏中に「鬼」が睨みをきかせてステージをうろうろする、という…本人たちもビビりまくったステージでしたが、見てるほうはもう爆笑でした(^^)あぁ次のトークのネタができたわ〜♪

ライブ前のイチさん(こちらのサイトでイチさんについて書かせていただきました)とお昼ゴハンを一緒に食べていたら、「あらら〜どうも〜」とあのお声でスカパラの北原さんにもお会いして。打首〜のみなさんには直接、今年春の武道館の感想とかもお話しできたし、「オマエ、今日は何の仕事?いや、(ここに)いるのがオマエの仕事だな」と言ってくれたバンアパ原さん。笑。いやぁなごやか♪

そんな中。

イベントのオーガナイザー・しかっぺ先輩にばったり出くわすや真剣な顔で「ちょっと、どう?どう?最初っから見てた?ねぇ、楽しめてる?大丈夫??」…わたしは、ケセンロックに来ては上機嫌で酔っ払っている先輩しか見たことがないと言っていい(笑)ので、顔が必死の形相で走り回っている姿を見て、やっぱりフェスをやる、運営するってこういうことなんですよね、というのを改めて思ったんです。事故、怪我、いやな思いが少しでもないように。一人ひとりのお客さんにとって大切なことに、トップが必死なんですよね。

一人ひとりのおきゃくさまを思う気持ち、それでも全ては伴わないだろうけど、でもそれがまず何より大事だと思うんだな。そんなトップの気持ちが伝わったから、10-FEETのMCにも繋がってると思うし、大団円でのステージでの記念撮影→しかっぺ先輩がワインを…(自主規制)という流れになったと思うのだな☆

心地よい疲労とともに、今年のフェスシーズンにインしましたぜ(^^)!!

この3人が揃うのも何気に久々なんだな。10-FEETマネージャー松川さん&某レーベルおっくー女史。こうしてフェスの現場で会うのが間違いない人たち。でも今年はフェスもいいけど、それとは別に美味しいもの食べられるお店で集いたいもんだねぇ、うむうむ♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | ビバ ラ ローック!!! はコメントを受け付けていません。

越えていけ!!!〜今日のオンエア〜

本日(5/3)は2つの番組がオンエアです!ゴールデンウイークだしどうぞ夜更かしを。ソンはさせませぬぞ(^^)

まずはこちら。文化放送・26時〜(深夜2時)は、『music with you!』。キュウソネコカミから、ヤマサキセイヤさん(写真・左)&ヨコタシンノスケさんがやって来ます🎶

おふたりが放った言葉が…

「文化放送、いいんスか?ヤバいっすねー!」でした。

ですよね、わたしも。こんなにディープな話で良いのか?と思いましたが、わたしも色々とお話ししたいことがありまして(このたびようやくの初対面でした!)、プロデューサーにも話の内容についてお尋ねしたのですが…

「大丈夫です、大丈夫です!いやぁ〜しかし面白い人たちですね〜!タマホーム(現在、キュウソネコカミがCMキャラクターなのだ!)、すごいなぁ〜!」

でした(^^)ということで、マジでヤバいんす(←もちろんいい意味で)、文化放送!!!

たぶんゲストトークは過去最長です(先週、Mrs. GREEN APPLEが出ずっぱりだったというのは置いといて、ゲストパートだけ見ると)。それでも、それでもまだまだ話し足りませんでした!

わたしの友人(イギリス人)が、フジロックで彼らを見た時に「ナンバーワン!!!」って言ってたのもうなずけるパフォーマンス。たぶんですね、日本っぽいんですよねこういう演出とか小道具を使うのとか。少なくとも西欧ではこういうバンドはいないと思うんです。それでいて、わたしが手にCDを持つ新曲の歌詞は、オトナがむしろグッと来てしまうかもしれないようなところがある。パフォーマンスと歌詞の世界のギャップ。インタビューに向けて曲をじっくり聴きながら、キュウソの魅力をまた自分なりに見出したところです。

あとは!

「トシロウさん」=「鬼」についても、このタイミングでお話し聞かせてもらいました!!!これはもう、「聞いてください」の一言でございます♪

 

そして本日の、もういっちょ!

このゴールデンウイーク後半、クラブカウンターアクション宮古でライブを行うTHE THROTTLE・ボーカルの高岩遼さんの声を、18時半頃〜FM岩手『高橋ちえの未完成ラジオ〜ライブハウスに行こうじぇじぇじぇ』でお届けします♪

お会いしたかった人です。高岩遼。SANABAGUN.ボーカリストでもある彼は、岩手県の宮古市出身、なのだ。つまり明後日のライブは、いわば‘凱旋’ライブ!

いちど聞いたら忘れられないような、今のバンドシーンでは珍しい太い声。実際お会いして体格の良さにも驚く(中学〜高校と、柔道やラグビーをやっていた)。音大に進んで今の彼がいる。上京して10年。今も奨学金を返しながら、THE THROTTLEはDIYで自分たちでレーベルを興しリリース、SANABAGUN.はメジャーのビクターから先週、新しい音源がリリースになったばかりだ。J-Waveで音が、高岩遼の声とすぐ分かる声が、流れて来た時は「はっ」とした。ラジオってやっぱり、すごい(^^)

彼は間違いなくもっと大きなステージへと行く。岩手からついに出て来たと思ったよ、わたしは。こういう人物を待ってた。彼が大成したあかつきには、わたしが彼にまつわる本を書く。文才なんかまるでなくて読書感想文も苦手だったわたしが初めて、そんなことも思った出会いだった☆

ぜひ、今日のFM岩手も聞いてください(^^)

岩手県人のたまり場・イワテバルにて(ということで一つ上の写真・左に写るのはイワテバル店主のタツマさん)。出身地の宮古にシールをポチ(^^)

奇しくも本当に岩手県人しかこの日はお客さんにおらず、しかも宮古出身が2名もいる(!)という展開で、おまけに高岩遼の同級生が親戚だった、とかうんぬんかんぬん…何にせよ、「つながった」夜でした!

そんなわけでこの日飲んだお酒は、宮古の男山・フェニックス。東京で久々にいいお酒を飲んだ夜にもなりましたとさ♪

 

ではではゴールデンウイーク後半戦に入っていきますが、ラジオもおともに、どうぞ素敵な日々をお過ごしくださいませ(^^)♡

Posted in ラジオ | 越えていけ!!!〜今日のオンエア〜 はコメントを受け付けていません。