20171120-090439.jpg

20171120-090444.jpg

Leave a comment

ただいまトーキョー!!!

岩手で遊びました!いろんな人に会いました!飲みました!うぇいうぇい♪

そんな日々から帰還し、本日(11/16・木)は19時〜文化放送で「渋谷×文化ラジオ」です!

きのう、新しいアルバムをリリースしたばかりのCaravanさんがやって来ます。こうしてお会いしてから、もうおよそ4年が経っていることにびっくりしています。

でも、そんな時間が経っていても、変わること、変わらないこと。Caravanさんを聞き続けていること。そして、そんなCaravanさんの新しい音が世の中に増えていくこと。

しあわせだなぁ☆

20171116-140206.jpg

きのう東京に戻ってからトミちゃんに会った。いちど東京でリセットする大切な時間。

帰り際「明日の差し入れ!」って、このポップコーン!

やさしいなぁ…

と思いきや、

「(渋谷のレポートに行く)アマガイさんに、レポート前に食べてもらえたらな〜と思って!」

…近しい人たちのアマガイさんファン率が高くなっていく今日この頃…(~_~;)くやしいんだか、うらやましいんだか…正直、複雑です!笑笑!

20171116-140211.jpg

盛岡の街ナカ、いろんなところでこのポスターを見かけた。

盛岡にクラブチェンジというライブハウスができて、15年経つのか…(ま、これは言い方としては厳密にはちょっと違ったりするけどまず15年という認識は正しい)。たぶん、チェンジができて2〜3年くらい経つ頃なのかなぁ、ワタシがチェンジの人たちと知り合ったのは。

今に至るまで、たくさんのありがとう。まずは、ただそれだけ☆

こちら、明日に追加アーティストの発表があるんだってYO!もうポスター出来上がってるやん!?って感じですよね!笑

このポスターが出来上がってからはもう、チケットはかーなりの争奪戦になっているけれど、クラブチェンジの15周年のアニバーサリー、みんなでお祝いしましょうぜい♪

 

ではでは改めて、本日19時〜にお会いしましょ(^^)♪

Posted in つれづれなるまま。, 岩手のコエ | ただいまトーキョー!!! はコメントを受け付けていません。

渋谷×文化ラジオ 5回目♪

先週は日本シリーズで番組がお休みだったので、また1から!という感じで新たに!

きのうはMichael Kanekoさんがギターを持ってスタジオに来てくれました♪

20171110-192319.jpg

番組がはじまってから顔見知りのゲストばかり迎えてきていて、まったくの初対面のゲストをこの番組にお迎えするのは実は初めてでした。

でも、なんだろう。前から知り合いのようなこの雰囲気(笑)。

マイケルさんは、ギターという相棒がいるとなんにも怖くないんだなぁと。どんな人間にもどんな物にも勝る相棒なんだなぁ、と。ギターがいる限り、大丈夫。

そしてギターを弾き歌う姿は…こればっかりは、電波に乗せられる音ではない部分なので。周りにいる者はただ、黙らざるを得ない。というか、黙らされてしまうような威圧(もちろんいい意味での)がある。相棒を手にして歌う姿は、何かが光臨したかのようだった。最終的に26歳という年齢を伺って驚くほどの存在感だった。

幼い頃から多感な時期までをカリフォルニアで過ごし、日本人なんだけど日本語より英語の方がラク。日本にまた住み始めて、日本で自分を見失いそうになる…だから『Lost in this city』なのか、迷ってしまう、という意味の‘lost’なのか。

I don’t know if I’ll make it through I don’t know if I’ll stay alive All I know is that the sun will rise

ちゃんとやり遂げられるかなんてわからない 元気にやっていけるかなんてわからない でも太陽は必ず昇るという事実

日本語訳がチープなのはオレ翻訳だからということで、でもニュアンスとしては東京という大都市のような‘City’で自分がやっていけるかというような思いと、でもそんな迷いがあろうが変わらないことや確実に何らかの救いは、ある。そういうことを歌っている曲なのだよね。

やはり海外のシーンというのも確実に見据えているお話を聞いて、番組へのご登場はさよならしたのですが、マイケルさんとは実はその後もスタジオに残ってもらいましてお話をしました。カリフォルニア…マイケルさんも大好きだと言っていた、レゴランドがある。レゴランドのお話も盛り上がったのだけど、ワタシにはその道中で受けた、英語が話せないという‘差別’を絶対に忘れることはない。悔しかった、ただただ。レゴランドでの楽しかった思い出が台無しになるほど悔しかった。この数年、会社に勤めながらただ頑張ったのは英語だった。どんなにテクノロジーが進歩しても、英語くらいはやっぱり話せなくてはいけないと思う、だって会話の主体はAIには担えない、あくまで「人間」なはずだから。そんなわけで、まだまだ頑張らなくてはいけないことは、ある。初対面のマイケルさんにそんな話もしてしまい、なんだろう…やっぱり「グローバル」なものの見方ができる人、そして、グローバルなものの見方ができる以前に、カルチャーショックを受けたり何らかの挫折がある人間が好きなんだろうな、きっと。今度、居酒屋さんで飲む約束をしてスタジオを見送った。笑

本当に本当に、マイケルさんの音とは不思議な出会いでした。

きのうは改めて、文化放送でこんな番組をお届けできていることに、感謝しかありませんでした☆

(しかしこうして写真を見て「誰かに似てるなぁ」と思ったのですが、嵐の相葉くんに似てなくもないよね!?)

20171110-192325.jpg

9月、台湾に行った時に天燈あげをしました。

みんなのいろんな願いが 天燈にこめられて 空を高くたかくたかく 飛んでいく。

叶う願いと、かなわない願いと。わかっていても、人は願いをかける。

世の中はますます混沌としていく。分からないことが増えていく、自分のチカラではどうにもならないことがこの先も増えていくだろう。でも、だからこそ、出会う人とのご縁は大切にしよう。どんなに技術が進歩しても、やっぱり対峙するのは「人」だろうし(そしてそうであってほしい)。

 

明日から、岩手で羽を伸ばします。しばらくブログ更新しないと思いますが、元気ですんで(^^)♪

Posted in つれづれなるまま。 | Leave a comment

ハートの奥に降る雨♪

ひさしぶりにゴーイング(アンダーグラウンド)をワンマンで見に行きました♪

20171108-151925.jpg

新しいアルバムが出ることもツイッターで知った。そんな時代なのだ。音源はデータで。そんな時代なのだ。

でも。ライブは時代に流されることなんてない。きっとこの先も、(テクノロジーが加わるとしても)生身の人間が、お客さんに音でぶつかっていく、ということは。

この日のゴーイングは、ぶつかっていた。これでいい、と自分たちを肯定してバンドを続けている姿は何より素晴らしい。続けること、それが難しいもの。

新しいアルバムを聞いた時に、あぁ、新しいところを目指しているんだなと思った。これまでの「ゴーイング節」と思われるような楽曲を捨ててでも。でも、ワタシはやっぱり「ゴーイング節」が聞きたい、正直、新しいアルバムを聞いた後にそう思った。そんな郷愁のような思いは、メンバー自身がもう持っていないのがライブを通して伝わる。実際にそんな曲は『Stand by me』一曲を演っただけに留まったのではなかったかな?

FM栃木の番組で「楽器に挑戦」っていうコーナーをやっていた時に、加わって一緒に楽器演奏してくれるゲストなんてゴーイングくらいだよ。いま思い出しても笑える、素生氏とナカザ氏+ちえぞで演奏した「アイア〜イ おさ〜るさ〜んだよ〜♪」

いつもいつも、いろんな時にゴーイングの曲があった。残念ながら、ワタシは昔のゴーイングの曲への思いを捨てることなんてできないけれど、でも、新しく進むゴーイングのこともこれまでと同じくらいこれから好きになって行ける気がした。すがすがしかった。

オレが好きなバンドは…サニーデイサービスとか、コレクターズとか。バンドの歴史を映画みたいに見てるからね、いい時も、悪い時も、あってさ。そんなことが描かれてる映画みたいに、さ。

仲良し同級生のメンバーは時に人づきあいもヘタで不器用なところがあるなぁと思うけれど、なんか、素生氏がMCで「バンドは映画のよう」と言っていたMCに喩えるならば、ゴーイングも素敵な映画が順調に今も撮れていそうな、そんな気がするよ。うまく行っているいい人の映画なんて誰も見たくないもんね♪

20171108-151930.jpg

代官山の駅に冷凍食品のお店『ピカール』ができてた!

ライブの帰りに物色。お値段もピンキリ。なんといってもオシャレで味もかなり◎。ホームパーティのおみやげには最適かも(食べなければ冷凍してもらえるじゃん)!

20171108-151935.jpg

先日。文化放送で番組をしていたら見知らぬ男性がスタジオ外に立っていて、「?」と思ったところ。「ラジオをテーマにしたショートストーリーを舞台でやっているんです」という方とマネージャーさんの見学でした。

そんなわけで、実際にどんなことが行われてるのか見に行かせていただきました@恵比寿・エコー劇場

ポスター等がなくてなんだか分からないのが残念ですが、『イケ家』というエイベックス・マネージメントの集団で、ショートコントや演劇を織り交ぜて構成する2時間強のステージが行われていたのでした。で、その中に「ラジオの公開生放送」をテーマにしたストーリーがあったというわけでした。

いま、若い世代はラジオを新鮮に捉えてくれてる方も出て来ている実感がありました。うまく言葉にはできないのですが。

『ニュージャンル』、つまりはこれまでの枠にはおさまらないような活動を目指していくとのことでまだまだこれからという集団かと思うのですが、個性的な顔だちの方とかもいらっしゃるし、何よりすでにファンの方々がついてきている!これからに期待したいですね(^^)

この日は会場に行ったら「ちえちゃん!聞いてたよ〜!!!」と…ワタシがエイベックス本社で、彼女は福岡オフィスの担当だった…そいつがいた…(爆)マジでビビった。そんでもうね、なんなんだろう…席も1列目とか用意するのはイジメとしか思えない(猛爆)、でもおかげでファンの方が「すみませんが、このサイリウムを私たちと同じタイミングで振ってもらえますか?」とサイリウムを渡してくださったのはいいが、人生初のサイリウムに出遅れるオレ(猛猛爆)、「(ファンの子が)あ、私がやりますね(ポキっ、と折る)」…オバちゃん、いい経験をさせてもらいました☆

20171108-151940.jpg

この胸の高まりをどこに収めたら良いのか。素晴らしかったです。2週間前のコーネリアスが今年ナンバーワンかもと思っていたライブが、うーん、これが上回ったかのような良きライブでした!

久しぶりにこれくらいのハコでクラムボンを見たけれど、今ドキの言葉で言うならばクラムボンの‘ダイバーシティ’さは天下一品ですね!野音でこれ以上のライブはできない、っていうライブをするかと思えば武道館や国技館での響きも素晴らしいし、こうしたライブハウスでも自分たちの空間をあっさり作り上げる。カバー曲をあっさり自分たちのオリジナルのように、まったく別で新しく良き音にしてしまうのもこんなにできてしまうのも、きっとクラムボンしかいない。

対して「ライブをしに来たんじゃない、勝負をしに来ましたー」といったMCでスタートしたMOROHA、涙するオトナ多数。男女問わず。いい風景でした。まったくノンアルコールだったのに涙のカケラがどこに行ったのか覚えてないや。すっかり持っていかれてしまった証拠ですね(^^)

あきらめない、そして。いのちをかけて、いのちを、えがく☆

20171108-151945.jpg

ライブに行く前に所用で渋谷に寄ったら(えぇえぇポケモンGOの件ですが何か)、いたー!!!

『渋谷×文化ラジオ』で、電話で渋谷の様子を伝えてくれるアマガイさんです!

しかしアマガイさんのレポートが堂々としてるんですわ…「電話で話してるだけだと思えばいいんですよ!」確かに、た、たしかに。

奥にはテレビクルーの姿が。こちら3〜4人ですが、アマガイさんは本当に、ひとり。

勉強になりました。今度はレポート中のアマガイさんをひっそり探し当てたい(^^)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | Leave a comment

岩手県岩泉町へ

こちらは、福岡県朝倉市に向かう2日まえ。

20171107-172611.jpg

岩手県岩泉町へと行ってきました。朝倉の水害は今年ですが、岩泉の台風被害からはもう1年以上経ちます(起こったのは、2016年8月)。しかしながら…

なんら作業が進んでいないという印象を受けました。もう一度言いますが、被害から1年以上を経ているのに、です。グループホームの方が8名亡くなった台風被害、と書けば思い出す方も多いでしょうか。

例によって個人宅を載せることになるのは控えますが、お宅も言わずもがな、道路にしても何にしても、はっきり言って「手つかず」の場所があまりにも多いことに驚きます。話によると、我々が向かったあたりからちょうど、重機が入り始めたとのこと(確かに重機はいくつか目にした)。比べて、朝倉のほうは重機はもう既に入っている。

この差は何なんだ?

20171107-172620.jpg

信じられます?橋脚に木の枝が刺さったまんまなのです(ここまで水が来たのかは定かではないのですが、台風だったので暴風による可能性もあります)。

20171107-172628.jpg

陽がかげってきてよく見えないかもですが、野球場も荒れ野原のよう。繰り返すけど、被害から1年以上経っています。

相当、川の流れが激しかったことが見て取れる、えぐれたまんまの道路。くしゃりと折れ曲がった標識、どのように家が建っていたのかもはや分からない建物。

復興が遅れている、あくまで推測はできるのですが。推測なので控えるにしても、岩泉町はこの先、高齢化が進んだ数十年後の日本の市町村の縮図のような気がするのですね。今は自分も元気だから考えにくいとしても、やはりもしかすると消滅する市町村というのは出て来てしまうのは然るべきであり、それに対して異を唱えるのはとても簡単ですが、手をいざ打つとすればいかにしたら良いのだろうか。

昔、岩手県知事だった増田寛也氏が書いた著書に『地方消滅』という本があります。平均寿命までもし私が生きれば、増田さんが言う通りに地方自治体が消滅していくのを目の当たりにするのだろう、しかも自分が高齢になってから。岩泉行きは、復興のことと同じくらいにこの先の高齢社会は自治体としてどう機能するのか、そもそも機能させられるのかを考えさせることになった。

20171107-172639.jpg

岩泉と言えば有名な龍泉洞にも行ってきました。こちらも台風被害のあとはしばらく公開がなされておりませんでした。今は復活して、観光のお客さまを迎えています。

私、前に行ったのはいつだったんだろうなー…???

20171107-172645.jpg

しかしいつ行きましても、

20171107-172650.jpg

美しいなんて言葉ではおさまらない、美しさ☆

どこまでも突き抜けるような青、300メートル近い深さがあるんですよコレ。しかも「雨のあとだったので水もクリアだった」と説明されました♪

20171107-172656.jpg

亀のように見える岩、で、『亀岩』!

ちょっと駆け足にはなりましたが、久しぶりの龍泉洞も楽しむことができました。しかしひんやりを通り越して洞のなかは寒いくらい!

20171107-172701.jpg

岩泉の酒蔵・八重桜にも立ち寄って♪

写真はないけど、道の駅によってお豆腐やら「さるなし」を初めて食べたり!

あと、岩泉は「ホルモン」が有名とのことで、これがまた美味しそうだったんだわ!次回はこれ食べに行く(^^)!

20171107-172707.jpg

宮古のドンこと吉見さんにお世話になった今回の道中。ありがとうございました(^^)!しかし車内はもう笑いに笑って、1年分くらい笑ったかと思うほどで笑い疲れしましたとさっ♪

20171107-172712.jpg

そうそう、岩泉に向かう前に盛岡で久々に『福田パン」をお店で買いました!

平日だったんだけど、お昼時に行ったのもあってか長蛇の列(15分くらい並んだかも?)?

「おめー、盛岡だったんだべ(住んでたんだろ?という意味)??おススメ何や??」とドンに聞かれたものの、ワタシが盛岡にいたころってこんなに種類なかったと思う?し、高校時代は購買部に売りに来ていたのを買って食べるくらいだったからな…というのが正直なところで、実は今回ワタシもお店で買うのがほぼお初の体験!テンション上がりました(^^)でもスパゲティは昔っからあった総菜パンのひとつだったな〜なつかしい。こちらモグモグさせながら岩泉に向かったのでありました(そんなわけで夕方までお腹パンパンでした)♪

Posted in つれづれなるまま。 | Leave a comment

福岡県朝倉市へ

(前項つづき)鹿児島に行く前に、福岡県朝倉市へ参りました。7月に九州北部豪雨に見舞われ、甚大な被害を受けた土地のひとつです。

私が行ったのはそれから2か月以上経っているわけですが、至る所にかなりの傷跡が残っていました。

20171106-163546.jpg

幡ヶ谷再生大学も活動をしております地域でして、この日は、ゆかりさんの運転(ご存知な方は「!!!」でしょう?笑)で。「ちえぞう、朝ゴハン食べた?」と地元のかしわ飯を買って用意してくださっていた。味付けが東北とは全然違って濃いめの味付けだったけど、とってもおいしい。別におにぎりを食べていないわけではないのだけど、こういう場に行く時に食べるおにぎりは震災後のいろんなことを思い出さずにはいられない。あの時はFM岩手が入るテレビ岩手の食堂の方がありったけのごはんを炊いて、FMにもそのおすそわけがあったのだった。おいしかった、本当に。そしてそんな非常事態でもお腹って無情にもすくのだよね。これ以上食べられないと思うともっと食べたくなったりしてしまう。

ちなみに朝倉市までは、博多の中心部から高速バスで1時間ほど。

20171106-163553.jpg

朝倉市の中心部というのか、街の中も被害を受けた場所というのはあるのだけども(腰の高さくらいまで川の水が氾濫したというお店も)、ひとたび山のほうに車を走らせるとこうした風景が見える。山の木がなぎ倒されている。そしてその木は、

20171106-163602.jpg

なかなか写真に収めるのが難しいのだけど、収穫目前の田んぼに多数、横たわる。

20171106-163611.jpg

そしてその木がなんとも重たくて、取り除くのが非常な重労働なのだ…そして木を取り除いたとて、下敷きになってしまって駄目になってしまった稲もある。でも何にせよ、取り除かなくては、この先も考えられない。

(こちらの写真は、取り除いた木を片付け時に運びやすく切断している)

私が行った日は農大の学生さんや一般のボランティアの方も汗を流しておられた。やっぱり体力はなくてはいけない、つけておかなくてはいけない。

ちょっと写真にも赤い花が見えるけど、彼岸花がとても綺麗に咲いていたっけ。あんな水害にあってもたくましく育っている稲や咲く花を見て、チカラをもらう。この日は稲の収穫作業をされている家庭にもお邪魔させてもらった。いろんな食べ物、もっともっと大事に食べようとも思った☆

20171106-163619.jpg

載せるのは個人のお宅が特定されないような写真にしておくのでここまでにしておきますが、家の片付けもままならないような、でももう住むことなどできないだろうというお宅が至るところにある。

普段履いている靴、読んでいる本、使っているあんなものこんなものが散らばっている。これは、東日本大震災後、津波に襲われた場所と同じ様な風景だ。

九州の豪雨は、雨だけで家をもこんなにめちゃめちゃにしてしまったんだ、と水のおそろしさにおののいた。

いま、大雨などで避難指示が前よりもたやすく出るようになったのも納得できる。何かあってからでは遅い。山が崩れてどこからともなく鉄砲水になったり、やはりとてつもないことが起こる、そして起こってしまってからでは遅い。

日本に住んでいれば、これからもいろいろなことが起こるだろう。いや、起こることにつき合っていかなくてはならないのだ。

20171106-163626.jpg

1日がまたたく間で、幡ヶ谷再生大学生がよくお世話になっているという仕出し屋さんで夕ご飯をいただく。あれもこれも、とにかくおいしいお袋の味(このあと更におかずが出て来た)。おいしくて次の日の朝ゴハンにとさらに詰めてもらっちゃいました(笑)!

このお米もね、今日見に行った田んぼで穫れたお米なんだ。来年はどうかな、食べられるかな。収穫はできていても、駄目になった稲も当然あるし、数に限りがあるものね。

地元のおいしいお水で、地元のものを調理して、その地元で地物を食べる。だから美味しいんだよ、って。

20171106-163631.jpg

ハデだけど似合っている髪色がトレードマークの仕出し屋のおかみさん。なんというか、九州の方たちは「あっけらかん」としている。自分たちがたいへんな被害に遭ったことなんてもうすっかり過去のように、まるで私はもてなされに行ったかのような形になってしまった。

もちろんそれは表向きで、どんなに痛手を追っていらっしゃるか。こちらの仕出し屋さんだって川は見えるところに流れているわけではない。なのに、水はみるみる押し寄せて足をすっぽり覆うほどの水に覆われた。店内のいろんなところにその爪痕が残る、そんな中、少しずつだけど、営業を再会した矢先だ。

また、必ず伺います。そしてこの目で見ること、できる何かをすること、それが大切なことだと思っています。

だから、体力をつけていなくてはいけない。金銭的な部分も含めて、いろんな意味での、すぐに動ける、体力、を!

Posted in つれづれなるまま。 | 福岡県朝倉市へ はコメントを受け付けていません。

鹿児島・追記

9月に結婚式で鹿児島に行ってきて、そのおめでたい日の翌日のハナシを今まとめます♪

20171105-114625.jpg

ひとりぶらりと桜島に行ってみることにしました!

鹿児島と桜島を約15分で結ぶフェリーは24時間運行(!)で頻繁に走っていて、さらに1日1便、桜島のまわりをぐるっとまわるフェリーがある(約50分)。で、こちらに乗ってみることにする♪

20171105-114630.jpg

フェリーを待つ間に観光ボランティアのガイドの方にいろいろとお話を聞く。「これ、ちょうど1枚あったから記念にあげる!」といただいてきた。要はこういう袋が各家庭に配られるくらいに桜島のみならず鹿児島市内の方面まで灰が降って来ることがあるんですよね。そんでもってこの袋がまぁ頑丈、重い灰を入れてもダイジョーブ!っていう作りです。

そんでもって言われてみてなるほどと思ったのですが、屋根に雨樋というものがない。灰で雨樋がすぐ詰まっちゃうからなのだそう。

桜島は昔は2万人ほどの人口があったそうですが、今は6000人くらいだと聞きました。が、こうした火山のふもとの島に人が住んでいるということ自体、世界的にもきわめて稀だそうです。たぶん、震災で津波があってもそれでも海の近くに住むことを選んでしまうような、そういうことなのだろうな、と思ったのでした☆

20171105-114702.jpg

フェリーの中で食べられる、うどん。地元の人なら誰でも知ってて、「特段、おいしいわけではないけど食べたくなる」と言っていたのがまさに正解◎って感じのお味でした(^^)

20171105-114707.jpg

いやぁ残念ながらこの日、フェリーに乗る時からお天気が怪しいなとは思っていたんですけどね…

時間を追うごとに天気は悪くなる一方でした★

20171105-114713.jpg

結婚式の前、鹿児島に着いた時はこんなに晴れてたのに!!!

 

そんでもって桜島に降り立ったら雨が本降り。島内を一周するバスに乗り込む(要所要所でピンポイントに5〜10分の停車時間を設けてくれる)。

が。

20171105-114719.jpg

火山の火が見えたりする時もあるという展望所がこの有様。チーン。

長渕剛さんがオールナイトコンサートをやった場所に立ったモニュメントもバスから遠目で拝むのみ。物産館に立ち寄って「小みかん」という桜島特産の小さいミカンを買うつもりがそこに降りて歩くのも困難な雨…

また来いってことだよな(^^)!!!

20171105-114724.jpg

ということで早々に鹿児島市内に戻り市内散策。しかし鹿児島って都会なんですわ、路面電車も走ってるしそもそも街の規模がデカイ!勝手に「宇都宮くらいかな〜」と思っていましたが、仙台くらいはあるかそれ以上かもしれません?

20171105-114729.jpg

おぉ!

20171105-114734.jpg

こちらはミニサイズだけど十分。シロクマの顔、分かるかな(写真がヘタってツッコミはなしで!)?

20171105-114739.jpg

きびなごの天ぷらを食べて一献♪

20171105-114744.jpg

ザビエル像と西郷どんの銅像にご挨拶してかえーる!

 

しかし…

鹿児島空港からの飛行機が飛ばなかった件(濃霧による)。笑

確か20時半くらいのフライトでしたが、そのまんま飛行機の中に座ったまま(これがキツかった)2時間くらいカンヅメにされ、23時前にようやく飛んで羽田に着いたのは日付をまたいで0時を廻ってから。ふぅ。電車も間に合わず、今回はJALが5000円まで交通費を負担してくれることになりタクシーで帰りました。

ということでタクシーに乗ったことで学んだことその①。東京都なら東京管轄のタクシー、神奈川なら神奈川管轄のタクシーに乗ると、特定のエリアは固定料金で羽田空港までの行き来ができる。その②、運転手さんがガンを克服し、いまタクシー運転手として社会復帰された方だった件。これについてはしばらく飲み会のネタになりそうないい話を聞けました、結果この日のタクシー帰宅も含めていい1日となりましたん♪

Posted in ♪♪たび♪♪, つれづれなるまま。 | 鹿児島・追記 はコメントを受け付けていません。

アスリート ビジット by サントリー!

さてさて先月のアタマに陸前高田へ行って来たときのおはなし♪

20171104-165510.jpg

岩手の車いすバスケットチーム・ラッセル岩手の選手の皆さんと。陸前高田市立東中学校へ行ってきました!

ラッセルって…そうです、でも今や岩手でも走ったりすることはあるのだろうか?「ラッセル車」から来てるんですね(除雪の車)!

今回、はじめて車いすバスケを目の当たりにしてきましたが、確かにテレビなんかで見ていても迫力あるなーとは思っていましたけど、そんな想像を超える迫力があった!ボールやゴールは普通のバスケットボールと同じものを使いながら、そのスピード、車いすの回転、相手との衝突…

今回、生徒の皆さんが体験する前にワタシも体験させてもらいました。車いすに座ったまんまだとしても、身体のいろんな筋肉を使うことに驚く。実際に車いすバスケは、障害がある方だけでなく、健常者もプレーすることができ(障害の度合いから健常者まで点数分けされていて、その合計点でチームを構成できる⇨詳しくはコチラ)、さらに言うと年齢も男女も関係なく、楽しむことができる(実際に、ラッセルの選手の年齢層はある程度写真を見ても分かるかと思うのだけど、広い)。いろんな方で楽しむことができるスポーツなのです。

生徒さんは体験するうちにどんどんエキサイトしていって、自分がプレーしない時には一生懸命に応援してて。あいさつが本当にしっかりしていて元気な、とってもいい生徒さんばかりでした(^^)

体験プレーのあとは限られた時間になってしまいましたけど選手の皆さんとトークも少々。事故や怪我をしてから車いすバスケに出会い、週に3日あるラッセルの練習に参加している選手がほとんど。急に身体的なアクシデントに見舞われてしまっても、決してへこたれない、あきらめない、そして、今を生きて生き続ける。そんな姿を見せてもらいました。ラッセルの選手はほのぼのしてて、最初は打ち解けられるか心配だったんですけど、最後には「(この司会は)初回なの?司会、うまいねー!またやってよ!」って言われて、なんだか本当に嬉しかった☆バスケットボールそのものについても、次回のために勉強しとかなくちゃです(^^)!

そうなのです。サントリーという会社はサントリーグループホールディングスとして、震災後に車いすバスケの選手らと東北の沿岸部を廻る活動を続けているんです⇨コチラから。素晴らしい取り組みだと思いますし、限らず、車いすバスケットボールのチームをサポートしていることも今回、関わらせていただき知る事ができました。やはり地域のスポーツチームというのは運営がほとんどは大変だろう、けど、こういう活動を通して、また企業としていちスポーツを応援しているサントリーという会社は本当に素晴らしいと思ったです(他にもいろんな企業がそれこそ、「CSR活動(Corporate Social Responsibility/企業が社会的にできること)」として取り組んでいるのでしょうけど、それを知るか知らないか、知る機会があるかどうかというのは非常に大きい)。ハイ、ビールはモルツ!で行きます♪

20171104-165515.jpg

帰り道。陸前高田にできたばかりのショッピングセンター・アバッセに寄ってみました♪

そうですね…

FM岩手で担当していた『GOTTA FRIDAY』という番組は、‘ショッピングセンター・リプル’の提供クレジットがついていて、ワタシが読んでいました。

…胸の中にいろんなものが去来します。

20171104-165525.jpg

そんなショッピングセンターの中には、というか、つながる形で、と言えばいいのか?市立図書館が建っています。中をのぞいたら、学校帰りの学生さんや買い物前後の主婦の方などいろんな方がいらっしゃいました。

これから、このショッピングセンター・アバッセを中心に、街があたらしく構築されていくのでしょう。海からも離れた場所で、土地のかさ上げもまだまだなされて、まわりにお店も出来つつあり、家も建てられていくのだと思う。

震災から6年以上経って、みえてきつつある、まち。

どんなことも思う、やっぱり、先のことなんて、なにも分からない。

まとまらないけど、ただ、思うのは、このまちがどうなっていくのか、自分が生きている限り見ていきたいなということ☆

20171104-165520.jpg

【おまけ】アバッセの中の文房具屋さん(に付随してCDも売ってる)で、コチラGetしてきましたよん(^^)

Posted in つれづれなるまま。, 岩手のコエ | アスリート ビジット by サントリー! はコメントを受け付けていません。

文化の日♪

さてさて。

きのうは文化放送『渋谷×文化ラジオ』がお休みでしたので、こちらのライブに行ってきました♪

20171103-113715.jpg

正直、CDを聞いた時にはあまりの太い声(でいて20代前半という若さ!/単に好きずきの問題でしょう)にあまりピンと来なかったんです。

が。

ライブは素晴らしかったー!!!その太い声すら完全に武器になってた。Eastern Youthとか彷彿とさせるような?赤と青がミックスする照明も美しかった。この年齢でここまでの世界をライブで作れるのは本当に素晴らしい!ライブの音もしっかりしてる。お客さんの年代もけっこう広くて、さらにこの日は関係者のゲストも驚くほど多くてショーケース的な感じもあったのだけど、その関係者すら体が動いたりしてる方も多くて、あー持っていかれてるんだな、というのが分かる!

MCで言っていたのだけど、ものすごい汗をかくので今回のツアーでギターを6本ダメにしたとか(!)、「ライブハウスでエフェクターに防水用のカバーをつける人を初めて見た」とASPARAGUS・しのっぴ師匠に言われたらしい(確かに野外の雨対策用だよね)!

今後がたのしみ。と思いつつ、きのうは家に帰って今年の京都大作戦3デイズのスペースシャワーの番組を見ていたらAge Factoryも出てたんだー、と気づく。しかもテレビ画面を通して見るボーカルさんはかなり日本的なイケメンだった。あら♡

20171103-113720.jpg

出演者分かりませんねこれは。出演順に鳴ル銅鑼⇨Revision of Sence⇨0.8秒と衝撃。(なんとこの日がラストライブだったらしい?)⇨感覚ピエロ⇨Civilian。今回は鳴ル銅鑼も見たかったから初っぱなからがんばって全部見ました。

Revision of Sence、四星球のような飛び道具はないにせよ何をやるか分からないみたいなところがこの世代にも出て来てるなぁと面白く見た。いいMCをしてるのだけど、「やっぱり見た目が大事」的な曲にブスという言葉もはっきり出てそれで盛り上がるのはどうかなぁと。そういう曲があってもいいけど、やっぱりどこかに救いが欲しかった。Civilianの振り幅は面白いね、3人であそこまでのロックを鳴らせるかと思いきや、しっとりもいけるし。

そんでもってこの日のお目当ては感覚ピエロだったのですが。クドカンさんのドラマで主題歌やってたのね!!

とにかく「いい人」なんだろうなというのが間違いなく伝わるライブで、で、実際その後にお会いしたらやっぱりめちゃめちゃ良い子たちで、初対面とは思えないほどお話しができる方たちでした。笑!

関西のサマソニなんかにも出たりして今、のぼり調子だというところはあると思う。これからバンドとしてどういう個性が出てくるのか楽しみに見て行きたいと思う♪

20171103-113726.jpg

この日のライブあとはエイベックス時代の同期(もはやこのブログのレギュラー的な)&新卒の女子ちゃんとカンパイ!

今の新卒って海外研修に2か月行かされるんだと。なんともうらやましいお話しでございます。そんなわけで彼女も台湾から帰ってきたばかりでございます。これまた台湾なんて!うらやましすぎるだろ!時代は変わったとは言え本当にうらやましい(でも、ワタシたちの時も半年くらいの英語研修を会社負担でしてもらったりしていたので、なんだかんだ、新卒&社員に手厚い会社だと思う)!

20171103-113731.jpg

武蔵丸関のお店で、第67代の横綱だったことからお店の名前が67餃子。餃子は正義!そんでやっぱり女子は写真を撮るの図(笑)♪

20171103-113736.jpg

いやぁいやぁ。素晴らしかったでございます。ことしナンバーワンのライブかも!

なんでも「8年、9年ぶりのツアー?」らしいです、コーネリアス曰く。ってことはもう名古屋に行ってそれくらい経つのか!奇しくもコーネリアスもチケット申し込んでも全滅で、名古屋は取れたんだよなぁ…あの時も素晴らしくって、買ったTシャツは今も大事にしてる☆

ライブで見て、はじめて。リリースになったアルバムを感じるという行為がコンプリートできるのかも、というようなライブでした。映像やライティング、視覚的要素と音のマッチングが素晴らしい。Sweet Love Showerで見たセットをもっと長くしたような感じで、気づけばあっという間の2時間(そんなに経ったようにも思えない!)でした。

あらきゆうこさんのドラムが大好きなんですよね。あの緩急ある感じというか、緩の中にさらに繊細さみたいなのを出せるドラマーはいないな、と。あらきさんは元々はSmorgas、こうしていろいろつながっていくのですね。昔、「人間、生きてると引き出しにいろんなものが増えていくし、その引き出しからいろんなことを引っ張って喋るラジオの仕事というのは、年齢を気にせずむしろ年齢を重ねたほうがいい喋り手になれると思うよ」と言われたことを思い出した☆

20171103-113741.jpg

コーネリアスの会場にはヨースケくん(元ザ・キャプテンズ)がいたYO!

「知り合いがBeckのライブのコーネリアスがめっちゃ良かったって言ってたから当日券で来ちゃった!」って言ってたけど、ホントだよ!Beckが声をかけるのも分かるわ、っていうライブだったよね!と、いい感動を会場でシェアできたのはなんだか嬉しい☆

そうそうそんなコーストでこんなイベントにも行ったんだった♪

20171103-113746.jpg

お洋服のブランド・MACKDADDYの20周年を祝うイベント。ゴーカな出演者でした。LOW IQ01さんのステージには細美(武士)くんが飛び入りで入ってきて一緒に曲を演ってお客さんがわーきゃー盛り上がってる中で出演者もさらに盛り上がってる的な、とってもいい光景を見ることができました。この日の出演者はだいたい平均すると40歳くらいなんではないでしょうか(とかもうちょい上とか?)、やっぱりこの世代がいま、とっても音楽業界でもいい感じで面白くて、よし!という気になります(^^)

 

そして写真はないですが、a flood of circle(フラッド)・佐々木亮介さんのソロツアーにもお邪魔してきました@渋谷WWW X。ソロを通して知ったのですが、音楽的ルーツのけっこうディープなところにお1人でけっこう行ったりしているらしく(メンフィスとかいろんな土地のことを言っていた気がする)、ウエノコウジさんを従えても堂々としてたし、ライブに来ていたイマイアキノブさんをステージ上に呼び寄せて1曲、セッションしてしまう所なんかも素晴らしかった(「ギャラ5万な!」とか去り際に言われてたけど。笑)、なんか海外のバーとかでのライブの雰囲気ってこうなんだろうな、というのを勝手に想像させてくれるようなライブだった。

トランプ政権に変わった直後、アメリカに入国しようとしてパスポートを取り上げられたと言っていたか(だからすぐブログを書かなくちゃね、苦)、そんなことを歌詞にした、アンコールの最後のさいご、弾き語りはすさまじくリアル身体の内側からの叫びというのがまざまざ通じて鳥肌ものだった。この曲をもう一度、聞きたい。いしがき〜とかでお会いして「イケメンだな〜」とか単に思ってたのは、この日一気に印象が変わった。歌い手としてすさまじいものを持っている方だなぁ、と!

そんな今日・11/3はSWANKY DOGSが盛岡でライブで、ゲストとしてフラッドが参加してくれるんだよね。スワンキーにとってこんなに最高なお祝い、ないよね!行けないのが悔しいけど、盛岡でいい音を鳴らしてくれるように関東の空から願っています(^^)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | 文化の日♪ はコメントを受け付けていません。

本日、FM岩手をジャックします(誇張)♪

さてさて今日はこのあと間もなく!

FM岩手『高橋ちえの未完成ラジオ〜ライブハウスに行こうじぇじぇじぇ』オンエアです!

で…

SLANG・KOさんの声を届けまするぞ(^^)

KOさんは、震災後にいち早く物資を届けに来た方のひとりですね。そして、仮設に住む方がゼロになるまで、この先も。支援物資を送る活動を続けるつもりだ。KOさんのチカラ添えもあって、宮古にもライブハウスが生まれた(=クラブカウンターアクション宮古)。

いろんなこと、いろーんなこと。KOさんは、口数多い方ではないので多くは語ってはいないけど、伝わることがあると思う。そもそもKOさんは、そんなことが伝わることは求めていない、そんな人だ。でもそれを伝えるために、わたしみたいな仕事があるんだと思う。今回ほど、そう思ったことはない☆

そんでもって同じくFM岩手、21:20〜Sディレクターがナビゲートする『FMインフォメーション』にはこの方のインタビューをお届けします♪

20171102-172959.jpg

いよいよ来週から、北のほうをまわるツアーがスタートします。FRONTIER BACKYARD(=FBY)・TGMX(田上)さんのお話を届けます!

そう、田上さんはおひとりで弾き語りなどではかなり岩手にも行っているけど、FBYのツアーとして東北ライブハウス大作戦の3カ所を廻るのは初めて、なんですね。

インタビュー収録後、田上さんが思いを持って東北を廻ることに、ありがとうという思いがいっぱいいなりました。放送前にいろいろ書いてしまいそうで、なのでこれだけは書かせてもらうと、‘繋がり’から、いろんなことが‘広がって’いく、それを田上さんも震災後に感じて、それを大切にバンドと音楽活動を続けていらっしゃる。そしてこれはミュージシャンにだけ当てはまることではなく、誰にでもどんなことをしている方にも当てはまることなのだろうと思う☆

さてもうひとつ!

今日は木曜なので、文化放送『渋谷×文化ラジオ』の日でもあるのですが、日本シリーズ第5戦があり本日は番組がお休みです!来週までにパワーチャージしてまた文化放送に向かいまっせ〜(^^)
20171102-173006.jpg

ということでアマガイさんともまた来週♪

Posted in つれづれなるまま。 | Leave a comment