毎週がスペシャル♪

もういい加減厚手のコートは脱ぎたい!冬物が重い!

そう思う中、きのうはもんのすごいプレッシャーと緊張に戦ってました…

生放送でフラワーカンパニーズ、武藤昭平withウエノコウジのみなさまを、2組を、スタジオにお迎えできるなんて!

日本の音楽シーンにおける大先輩たちですよ…そりゃあさぁ緊張するでしょうよ…!!!

でもでも。

こうして2組もお迎えできるのが「東京だな〜」と思ったし、そもそも喋りたてのわたし、だったら、若いわたしだったら、たぶんなんとも太刀打ちできなかったのは間違いないし。

それでも、もっともっとあんなことも言いたかったし聞きたかったし!という反省の嵐でもあるけれど、でも、ご縁があれば、続いていけば、きっとまたチャンスはある!!このありがたい今の気持ちをきっと忘れてはいけません(^^)

そして来週の『渋谷×文化ラジオ』もすんごい強力なラインナップが登場です♪

これまた緊張するな〜(汗)!!!

なんかもはや毎週、スペシャルウイークみたいになってますが、来週は文化放送スペシャルウイーク!というわけでこんなスペシャルページもオープンになってます、おたのしみに!!!

 

さてさて。

今週はこちらのライブに行って参りました♪

文化放送のマスコット・キューイチローも見に行っていた(笑)THE 夏の魔物 を初めて見たのですが…そうそう、夏の魔物というのは青森で開催されていた夏(でない時もあるかな?)フェスのタイトルでして、そちらの主宰・成田大到さん率いるバンドであります。

なるほどでしたわ!

そもそも夏の魔物というフェス自体がまぁカオスでして、正統派のロックンロールバンドがいるかと思えばこんな大御所が?いたり、たぶん前述のフラワーカンパニーズも出てたりするし、アイドルがフェスに出たりする先駆けでもあったんじゃないかな?吉田豪さんのトークショーとか掟ポルシェさんのDJとか(確か)、まぁすごいんですよ。いい意味で「カオス」でして。それをバンドで体現したのが「THE 夏の魔物」ということなんだなぁ、と。ものすごく合点がいったのでした。いるようでいない編成でしてね(というくらいの表記にしておこう)、しかも鍵盤がハジメタルさんだと思う!?

しかし成田さんが正統派なイケメンのお顔立ちでした。たぶんお写真で見るよりイケメン…なのに、MCは思いっきり青森弁になるギャップ(爆)!最高ですね!

かたや、この日のお目当てでしたTHE 抱きしめるズ。続けてればいろいろあるし、一人の人生としては、もしもバンドに縛られてしまうようなことがあるのなら、それは続けるのはいかがなものかとも思う(でもそれでも続けられて第一線に立ちプロフェッショナルであり続けるバンドマンもいるのだろう)。

ボーカル、渡辺ひーくんの突然の脱退発表から。この日ライブを見ておきたいなと思って行ってきたのでした。1曲目がはじまるや、なんともバラバラでものすごく悲しい気分になった…と思ったら、「音が返ってきてない!」とギターの大河くん(爆)、そうなのだステージのおのおのは音がまったく聞こえない状況で1曲目を演奏してたわけで、じゃあ、そりゃそうだ(猛爆)!トラブル解消して、2曲目からはちゃんとバンド、であって抱きしめるズ、であって。客席でのひーくん頂点の組体操とかステージでの大河くんの存在感とか、このまま、もう少し。それこそ、渋谷クアトロでいつかリベンジを果たす時が来るまで。この4人での活動を見たかった…のが、正直な気持ちで。メンバーに会ったらつい文句を言ってしまいそうなので、さくっと会場を出ました。

 

おっとこんな時間。今日はこれからヤバイTシャツ屋さんのライブに行ってきます〜♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, ラジオ | 毎週がスペシャル♪ はコメントを受け付けていません。

言いたいやつには 言わせときゃいいのさ♪〜渋谷×文化ラジオ

先週の番組には、おおはた雄一さんが来てくれた♪

本当にですね、日常に溶け込む、そして日常にさらっと、そこにある、そこにあってほしい歌を紡いでいるギター弾きであり歌い手。この番組でもご紹介したい、できたらいいなとずっと思っていました(^^)!

ひょうひょうとしてる見た目な感じと低めなおしゃべりの声のトーン。そのたたずまいも‘日常’感をより強くさせるのかも。

『おだやかな暮らし』という一曲を番組でもオンエアしました(2015年にリリースになった『夜の歌が聴こえる』という、おおはたさんがセルフカバーしたバージョン)。

欲しいものは おだやかな暮らし あたりまえの太い根をはやし 好きな人のてのひらがすぐそこにある そんな毎日

…お話にもありましたが、そうなんですね、この曲はハタチそこそこの時に書いた曲だとは(驚)!

オリジナルは2005年にリリースになっているみたいです。このオリジナルもまったく、いま聞いても色あせてないので、と探してみたのですが残念ながら動画はなし。しかしながら!カバーしてアップしている人が多いこと多いこと!あぁ、やっぱり聴かれる人には聴かれてるんだな、なんて思ったりしたのでした♪

文化放送に到着するや「これは高田純次さんの絵!?」と感動して写真を撮るおおはた氏(爆)!

なんというか…こうして生放送にお迎えしてお話を聞きながら改めて思ったんですけども。おおはたさんはいろんな人間もそうだし、生き方にしてもそうだし、‘比較’してないんですよね、自分自身を何かや何者かと。今のご時世、ネットとか見ていろんな情報が入ってくるし「自分はこれでいいのか」と揺らぎやすくなっている、実際に自分自身にもそんなところがあるし。でも、久しぶりに会うおおはたさんは、それこそ、太い根を自分自身にはやしている、おおはたさんのまんまだった。

今もふっと耳にしてしまう、おおはたさんの一曲にこんな節があります。「言いたいやつには 言わせときゃいいのさ」…小さなアンセム、という曲なんですけど。こんなちょっとの文字数にどれだけ救われているか。

そんな、わたしを目の前にしながら。

生放送でのゲスト出演後にすぐニュース〜平昌オリンピックレポートがスタジオからあって、アナウンサーの舘谷ちゃんが入ってきておおはたさんの横でニュースを読んでいたのですが、それを目の当たりにしてるおおはたさんが面白くて(笑)!ケータイで写真撮ると音が入っちゃうので泣く泣く断念しましたが、ニュースあとにスタジオを去る時も「エルニーニョ(現象のニュースを読んでいたので)、エルニーニョ、すごいね!よく言えるね!エルニーニョ…」と言ってました(爆)。こんなところも、おおはたさんっぽい♪

そして20時代には!

スタジオを飛び出して、FLYING KIDS・浜崎貴司さんに会いに行ったよ!

そしたらおやおや!?美女がいらっしゃる…!?

このたびFLYING KIDSは9人体制になり、新しく入ったメンバーでコーラスのElliさんです!

オリジナルメンバーと最年少のElliさんの年の差は「四半世紀」なんて言っておられましたが、そういう年齢も性別も超えた新しいメンバーがいることで、FLYING KIDSの音がこれまでにないチカラみたいなものもみなぎって、FLYING KIDSしか出せないファンク、みたいなのもすごく強くて、確実に新しいメンバーの新しいパワーがいい形に作用してるなぁと思う最新アルバムでございます(2/14発売・『みんなあれについて考えてる』)♪

やっぱり、新しい風って大事なんですよね。年を重ねていけば、若い方といっしょに何かをするということであり、同時に、年を重ねた人間はそこに許容と寛容な力が必要であって(ある意味、飛び込む若いほうにも必要なのかな。笑)。FLYING KIDSの新しいアルバムは、そんな社会の大切さみたいなものも伝えてくれている気がした。浜崎さんが「音にならない音を詰め込んだアルバム」と言っておられたのはひとつにはそんなところもああるかな?なんて勝手に思っています(^^)

浜崎さんは、熊本の震災のあとに本当に支援をされていて今も続けておられて。個人的にはそういうお話もお届けしたかったんですけどね…でも、きっとこれからこの先のタイミングがきっとある!と信じる!

さてさてそんなわけで本日も19時〜文化放送『渋谷×文化ラジオ』生放送です♪

今日は寒〜い予想ですが、アマガイさんは今日も元気に渋谷なう!伝えてくれます!先週は放送前にエナジードリンクあげました(^^)

スタジオにはフラワーカンパニーズをようやく、ようやくお迎えします!昨年にアルバムをリリースして全国をまわり、そんなツアーのファイナルがもうすぐ東京で。その直前に生登場です!

そしてそして!

昨年末の東北ライブハウス暴年会でお世話になりました、武藤ウエノのおふたり・武藤昭平withウエノコウジ名義で新しいアルバムがリリースになります。そちらを持ってこれまた生登場!やったー!!!

#きょうのサイトウ もどうぞよろしく!サイトウもがんばります♪

ではのちほどお会いしましょう〜(^^)!!!

Posted in ラジオ | 言いたいやつには 言わせときゃいいのさ♪〜渋谷×文化ラジオ はコメントを受け付けていません。

ライブ活動&中年スポーツ部

さてさて元気にライ部活動も復活♪

コレクターズの武道館からもう1年くらい経つんだ…としみじみしたスタート前。

ライブがはじまるともうあっという間の時間で!ブレない先輩たちカッコいい!って感じ!

コータローさんはセーター着てまして、いかにも、な普段着ふうでしたけど、もうカッコいい(ってあんまりよく見えない位置でしたが→クアトロのあの柱が!笑!)!そんでもってあのトークでしょ、ブラフマン武道館に行った話とかも爆笑でした。そうなんですよね、ブラフマンにつながる武道館のステージはコレクターズも昨年立ったわけですからね♪

来週が文化放送スペシャルウイークでしてもう発表になっているのですが、『渋谷×文化ラジオ』にはThe Collectorsをお迎えします!それはまさに、クアトロにライブに行った理由なのですが…コレクターズ先輩、1月から今年の12月まで毎月、12回シリーズでこの渋谷クアトロでライブを行うのです!そんなコレクターズをこの番組的に、お迎えしないわけにはいかないでしょ!?3月分までチケットはソールドアウトしてます、4月以降はこれから発売になるのですが、これはぜひ行ってほしいなぁ、というのもあるけど、コレクターズ的には、12回のセットリストはいったいどうするの?って思い?ますよね!!そんなこととかも時間の許す限り、生放送であれこれお聞きする予定でーす(^^)

そんでもってこの日はスタンディングライブのはしご♪

前にceroとの対バンの時は気づいたらチケットがソールドしてた(泣)んでもう先行でバッチリゲットして向かう今回はWONKとの対バンでございます、DC/PRG。もう名前も表記も変わりすぎるんで、このブログでは変わらずデートコースって書かせてもらいますが。

この日のデートコースはもうキレッキレでした。即興ってこうだよね、っていうジャズの雰囲気をまといながらもジャンルを超えたダンスミュージックを展開する。アンコールで演った曲なんかも定番ソングなんですが、「クッソ遅いけどびっくりすんなよ!」となるーセンセが言った通りで「このテンポでいっちゃうの?」って感じが、なのに、体を動かさないわけにはいかない!という素晴らしいアレンジ(アレンジというのかなあれは?うーん?)!メンバーも入れ替わりながら、そしてこの日はドラムもサポートメンバーだったりするけどその入れ替わりがバンドとしてものすごいいい作用を生んでいるんだな、というのがすごく分かる。ここ最近行ったデートコースのライブの中ではダントツ良かったです♪

こういうユニットが日本にいるのは誇りですね。そしてこの中で演奏ができるようなミュージシャンになったらホンモノだと思います。個人的にはバンドシーンでは、ユニゾン(スクエアガーデン)のたかおくんはここでドラム叩けると思う(それくらい彼のドラムのすごさは見る度にすごくなっている/テクニックだけでなく、バンドで果たす役割みたいなのをちゃんとその場その場で見えるミュージシャンでないとデートコースでは演奏できないと思うしさ)。

WONKはこの日があってさらに上と高みを目指してほしいな。そして期待を込めて、そんな日になるでしょう。ライブ中に間が空いて「何をしゃべろう、しゃべることがない」みたいなMCは、仮にいくら緊張とかしてたとしても言っちゃダメだって(笑)!

ひさびさに音速ラインへ。そしてこの日の対バンだった、おいしくるメロンパンが完全に音速の音に影響のようなものを受けてきたのがよく分かる。そしてそんなライブを受けての音速がまたいいライブをしてた。やっぱり人がいて、そして自分より若い世代が出てきて、どんなジャンルでもどんな社会で生きていても出て来ることで、そしてそんな状況をどこまでプラスにできるか、活かせるか。

おいしくるメロンパンは「憧れ」って言ってたバンドとのライブが叶って言わずもがなだし、音速にとっても、とっても良き夜になったのは間違いない。ホントそんなわけで、今年に入ってからの対バンシリーズはいいものしか見てないんですわ(泣)!

この日、面白かったのは客層ね。おいしくるメロンパンのファンの若い子たちはこれがライブハウスのデビューかのような女の子たちでいっぱいだった。バンドTシャツ着てる子なんて限りなく少なくて、ドリンクカウンターでの交換もわからないようなういういしい女の子たちばっかりだった。そんでもって、音速が「もしかして僕らのファンの方が、おいしくるメロンパンが好きな娘さんを連れて来てたりしませんかねぇ?」なんて聞いたら、「はーい!」と一組、手が挙がった(父と娘!)!もう素敵すぎでしょ!!

音速は確実に、音速メロディ(わたしは‘音速節’って言ってるけど)を生み出して、それは今リリースする楽曲にも変わらずあふれる。そしてその音速節のフォロワーが出てきて、あたらしく音楽をやって、たぶんそして、そんな、おいしくるメロンパンはもっともっと人気が出てくると思う、これから。こういうバンドシーンのサイクル、素敵だよね♡

そんでこの日のシェルターで。もらったフライヤーで翌日のライブを知り、あわててチケット買って行ったよ翌日!!

SMORGAS!!!

この日は豪華ゲストもいたけれど、やっぱり何より、あの時あのまんまのスモーガスの音に触れられたのが涙ものでした☆

ツイッターでもつぶやいたけど、ツインボーカルの2人は正直見た目は歳をとったよ(でもそれは見てる側のわたしたちも同じで。笑)、でも、ツインボーカルはさらにエッジが効いてた感じがして、なんだかあの当時(というのは2000年代に入る前になるんですよね…笑)にすぐに戻してくれた。ライブハウスってのはまったく知らないバンドでもこんなにカッコいいんだー、って。ライブハウス、怖いけどここにしかない世界があるんだなー!って。おそるおそる潜り込んでいた頃、そんな時に活動していて見ていたバンドのひとつがスモーガスでした。

ボーカルのひとり、雷文は音楽を離れて配管工(つったかな?)とかドライバーをやってた時期もあるようなことを言ってましたが、でも、やっぱり音楽を、と。そして続けるとこんなこともあるんだぜー、と言って、登場した豪華なゲストの面々。この日限りの貴重な生セッション、大盛り上がりでした。

ドラムは変わらず、あらきゆうこさん。あらきさんのドラムがまたすごいんだー、今やcorneliusでもドラマーだし、いろんな方のツアーメンバーとかにもなってるけど、スモーガスでのドラムは暴れん坊の子供をやさしくつつむおかあさんのような。そうじゃなくちゃスモーガスは尖るばかりの音になってしまうと思うし、ドラムがあらきさんで本当にピッタリ!なのです(^^)

かわって、bacho×OLDICK FOGGYというプレミアムな2マンも見に行きました。整理番号が34番というムッチャいい番号…だったのだが、オバさんは後ろの見える位置をキープ(爆)♪

ようやくゆっくり、bachoを見ることができました。bachoの歌に励まされ、口ずさみ、そんな方がこれからもっともっと、増えてくることでしょう。汗くさいような、あの人間くさい歌詞。這ってでも生きると迫って来る太いボーカル。ステージ上がってマイクを持って歌わされた少年はbachoのどんなところに惚れたんだろう、彼の将来がたのしみだ(そして一緒にいらしていたお父さん?と思しき男性が着ていたパーカーがガーゼだった…この親子?、熱い、熱すぎる!!)。

かたやオールディックのライブにはスタートからTHA BLUE HARBのボスが登場(!)、このサプライズに会場のテンションは一気にマックス。この前の日、ブラフマン武道館にも立った男が(そして実際に身長がかなり高い!)シェルターのステージがさらに小さくさせるようなパフォーマンスをしてお客さんのダイブ送りで会場を去った…(そしてアンコールでも一曲!もうこんな貴重な場にいられて最高!)!

しかしオールディックの編成はいいね。アコーディオンとかバンジョー(だっけ?)とか入る音がまさに唯一無二。きゅうきゅうのライブハウスで汗だくで盛り上がるのもアリだけど、開放的な野外でのびのび盛り上がりたいな〜という感じもしたのでした。が、ことしは日比谷の野音でのライブが決まってるとのこと。これは最高でしょ♪♪♪

それとオールディックのファンも意外に年齢層が高めなので、そういうところはちょっと安心(笑)。そんでもってボーカル氏がイケメン。いま、新しいアルバムを聴きながらこのブログを書いていますが、やっぱりこのスピーカーの音よりもダントツにライブで、それも開放感あふれるところで音が無限に広がる中でライブを感じたい!

(そして1月に見たライブのことはまるっきし書いていない…追って)

さてさて話は変わって、きのうはこちらが始動!

「中年スポーツ部」!

お仕事終わりにみんなでボーリングの巻♪

手に汗握る接戦を繰り広げましたぜ♪

第二回は3月上旬に開催予定。参加希望の中年のみなさま、ウェルカムですよん(^^)!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | ライブ活動&中年スポーツ部 はコメントを受け付けていません。

渋谷とかでライブわず♪

中途半端な時間に目が覚めてしまった。TBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』をリアルタイムではじめて聞いてしまった。ただいまAM5時。さてと。

今日はですねとっても良きライブイベントだったんですYO♪

このメンバーじゃそうだよね、という満員のお客さま。今日は作業があってSIX LOUNGEに間に合わなかったのはすごく悔やまれるんだけど(泣)、うぅ。でもこの中でCHAIをようやく!見ました!

フラッド佐々木さんが「度肝抜かれた」って言ってた言葉がとっても適切。すごい…なんつうか、他に喩えるべき存在がない…もうですね、度肝抜かれましたわ女子たちに。はいはい!

そんでまぁ度肝抜かれたと言えば…

フラッドが4人編成になったことね(!!)!会場を出たら4人になったポスターが至るところにこれでもかってくらい貼られてた。もちろん、この日が発表の日というのは決めていたと思うのだけど、ステージでの発表はあまりにもさらっとしていて、なんかそれはそれで印象に残る感じだった、という。

フラッドはベースのHisayoさんが素晴らしくって、女性ベーシストにやっぱりハズレなしだなぁと惚れ惚れしたところが最初のきっかけだったんだけど、去年にボーカル佐々木さんのソロを見てまた、まったく印象が変わったのだよね。音楽のルーツを求めて自分なりに探求しつづけている姿勢がよく分かる。そしてバンドでやりたい音は本物のロック、で、とことんつきつめてる人だなぁ、と。うつみようこさんに「ダミ声の最後のホープ(だったかな?)」って言われた話とか、MCも立つし(上の写真だとクール感満載だけど、実にお茶目でかわいらしいところがあるのもニクい)、革ジャンが似合うし、きっとこれからもっと大きくなっていくバンドだよね、って見に来た誰もが思ったはず!

あっという間の時間だったなぁ。本当にですね、SIX LOUNGEを見られなかったのがこの先に悔やまれるに違いない…と、今思い出しても悔しい(泣)!

「ちえさんと会ったのってもう10年前くらいなんっすよー。俺も20代でしたわ!」とフラッドのマネージャー。かたや、「(10年前は)わたしはー、中学生でした!」というレーベル女史。みんなでアハハと笑って、長く生きてるからこそ前を知っている自分がいるんだなというプラスの考え方もできるなぁ、なんてことも思ったり。ユニゾンくんもこのくらいの大きさのハコで見られたし、本当にいい夜でした☆

本当にですね…いま、たぶんいちばん大好きなバンドかもしれない、SUPER BEAVER。まだきゅんとできる自分がいるんだと思った(爆)!10-FEETのおかげで知ったようなもので、ナオキさんのアンテナはさすが!

今年は対バンの2マンliveは豊作で、この日のこの対バンもとっても素晴らしかった。パンっパンのお客さんでステージなんか見えないほど。で、ビーバーファンの女の子が多い中でのMOROHAはどうなのかな…なんてのはまったくの杞憂で、きっとMOROHAの音には触れないような女子たちが身動きせず聞き入って涙をこらえていたりして、あぁ、さすがだなぁやっぱりMOROHAは!と思った。

本当にね、聞かれるべき音がある。MOROHAの『遠郷タワー』は泣けて泣けて仕方がない。そして、よし、と。また踏ん張る力をもらう。そして別れた彼女のお手紙をモチーフにした曲をはじめて聞いたのだけど、この曲がまーた素晴らしかった。どうしても歌っているアフロさんの言葉のパワーというものが来るけど、いやいや、ギターのUKさんが支える力がこれまたすごいんだな、と。この日、はじめて気づいたことでした(今さらでゴメン!苦)。

MOROHAもビーバーも30歳、同い歳の対決の夜。バレンタインデーだったしチョコの数で勝負!的なMCをお互いにしてるのはやっぱり男子だなぁとなんかかわいかったし(笑)、‘ロンジャン’‘アメジャン’の話も笑ったなぁ、アフロさんのMCは笑わせて、からーの曲でグッとさせるからなぁ、聞いてるほうは感情の振り幅が広すぎてもう大変なのよ(マジ)!!

そんなわけで今年のバレンタインはアフロさんにチョコレートあげて終了。「UKさんはモテるから」という理由でアフロさんのみ(笑)。これからもMOROHAのライブは見続けていきたい、きっとMOROHAが歌っていてくれれば、歌いつづけていてくれれば、がんばれる、生きていける、そんな人が少なからずいっぱいいるはずだから(^^)かく言うわたしがそうだったりしてね♪

この日、メジャーデビューの発表をしたRyu Matsuyama。前にモルタルレコード(埼玉・熊谷)の山さんに「ちえさん、こういうの好きだと思うわ〜」と勧められてCDを購入したのが2年くらい前になるのかな。

そして初ライブ、いやぁこれはですね。たぶんですが、「いま」が求めるポップスを生み出して歌っていける人たちだなぁという感じでした(ライブは鍵盤/ベース/ドラムの3人編成)。そういう、「いま」を掴んで歌えるセンスがずば抜けてありそうな、そんな感じ。Ryu Matsuyamaさんが鍵盤なわけですが、ちょっと濃いめのヨーロッパ系でただでさえ人気出そうなのにあの歌声と鍵盤、で、トークも面白いし、なんかもう、って感じです。春にメジャーデビューして、気づけばCMソングとかで使われてそうな、「あれ?」って名前見かけそうな、そんな予感がすごくします。

かたや、KUDANZもですね。仙台在住なので盛岡でもライブが多い?せいなのか、知人たちいろんな人が「いい」って言ってたのをようやくこのたび。ライブで見られました。(男性だけど)あげまん、って言ってたのもちょっと笑った。バンドをサポートしてもらってた(だったかな?)Ryu Matsuyamaもメジャーデビューだし、川谷絵音さんも仲良しらしいし、とにかく知り合いはみんなブレイク?していくらしい。

でも、なんだろうな。KUDANZの雰囲気、すっごく良かった!それこそ今週に文化放送の番組にお迎えできた、おおはた雄一さんみたいな。ものすごく‘日常’な、普段の生活に存在していてほしいような音だなぁ、と。CD、ゆっくり聴いてみたくなりました(^^)

 

今日はここまでかな♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | 渋谷とかでライブわず♪ はコメントを受け付けていません。

イワーテ♪

さいきん東京でも岩手つながりがいかんなく発揮されておりましてね。

きのうは番組後に浜松町で素敵な肉バルへ行ったのよ♪

んまー♡♡♡

この男がまぁよくお店も知ってるし大したヤツでな♪

サチコからの嬉しい報告を聞いたところで、こちらもいくつか相談など。

彼はですね岩手県立大学生の時、FM岩手の番組もそうだがラヂオもりおかにしても、IT系のブレーンだった人なわけですね。

きのうの番組では思うところが色々あったわけです。それはアマガイさんの渋谷の街からのレポートを通して、なんですが。

もはや若い人にラジオを聞いてもらおうというのは無理だという確信。もしくは、この確信をうまいことラジオにもたらして変えるしかない。か、これまでのラジオリスナーを大切にする方向に舵を切って、一緒に歳を重ねていくか。

思い出すのは、FM岩手での番組で。某まどんこ大将(と言う名の今もお世話になっているレコードプロモーター)に「ちえぞうさー、今こんなにアニメの曲やら声優さんがオリコンに入って来てるんやでー、みすみす見逃したらアカンやつやん」と言われ、でも解せなかったんだけど、でもでもなぁ、と。盛岡のアニメイトに取材に行ったわけです。そしたらその時の反響がハンパなくて、それが月イチのコーナーになり、年末にはスペシャル番組もオンエアするという。アニメイトの方々がこれまたいい方たちばかりで(その後、盛岡店の社員さんたちは出世していった)、今も忘れられない思い出です。

(アニメ、マンガの話でいくと今『BLUE GIANT』にどハマり中です。ジャズのサックスプレイヤーが主人公の!)

来週、ちょっとしたトライアルをします。この週末はちょっとお勉強ですな♪

しかし例によってサチコはいつもおしゃれなものを身につけてやがる。舌打ち出るぜ(笑)!

かたや。岩手大学を卒業して東京で立派な仕事をしているがルックスもブレないペチン(とサチコとの比較対象として)。

ペチンもなぁ、また別な意味でいい仕事する若者なのだよ。ペチンのおかげで円滑な人間関係になっていたり、とかさ!

岩手出身の農業アイドル・あゆかっぺ♡

「こうやってさぁ方言とかを使ってアイドルとかなぁ」って否定的な見方をしていたわたしがいたのは否めませんよ、えぇえぇ。

でも会ってみたらマジで本当に訛ってた(爆)!そんでもって今も訛りがハンパなくて、岩手出身者の集まりでもいちばん訛ってる美女(猛爆)!

そんなあゆかっぺが…

バレンタインだからつってチョコくれたっけ(泣)!!!

まっそんなわけで回を重ねて何回目だ?岩手県出身者の集い・『夜蝶の会』が開催になりましたん♪

今回は総勢20名。いつものイワテバルは立ち飲みもいたり、席を入れ替わったりしながら、業種も年齢も超えて盃を交わしてあっという間のお時間でした。イワテバルのマスター・タツマさんにも今回はゆっくり飲んでもらおうと一品+一酒持参で、という参加コードにしたにも関わらず結局、厨房に立ち腕をふるうタツマさん(ポスターを持っていて顔が写っていないお人)、そして日本酒が集まりすぎて次回に持ち越せるほど潤沢に余った件(笑)。さすが岩手県人の集い!

岩手・二戸出身の佐藤四兄弟バンド、SaToMansion。長男がイワテバルにサインやらなんやら、ぜひご覧のほど。佐藤四兄弟は「佐藤の日」こと3月10日に代官山Unitでワンマンライブやります!この日は岩手県民は絶対的に集合でお願いしゃす♪

なんだろうなぁこの同郷のよしみ、みたいなの。でも仕方ないよね、ふるさとは変わらないし変えられないもの♡

Posted in つれづれなるまま。 | イワーテ♪ はコメントを受け付けていません。

まほう〜渋谷×文化ラジオ〜

先週(2/8)の渋谷×文化ラジオ(木)はこの方々がやって来た♪

TRIPLANEのボーカル・兵衛(左)&ドラム・タンくん。いつも通りの呼び方で失礼しまっす!

TRIPLANEと岩手という土地そのものの付き合いはとても古くて、彼らがデビューした頃にもさかのぼると思う。かれこれ15年とか?でもその頃はわたしはほとんど接点がなくて、ブログなので書くと、それまでFM岩手ではいろいろと面倒を見ておられた古賀アナウンサーが他局に移ることになり、それでわたしがスライド、という感じなのでここ10年は経たないくらいのおつきあいです。

まぁ正直に、ライブの感じが(自分的には見ていて)普通だったんです、が。そんな時、彼らが打ち上げの席で本気で音楽に対して語りはじめた時があったんですね。怒りも交え。

それからですね。物事に対して本気を出して語り、言い合える人はわたしはそれだけで好きなので。

タンくんが「いつもの兵衛とちえさんの(トークの)感じじゃないですもんね」って生放送でも言ってたけど、そうだな…放送では出せないだろうな(笑)、というより、兵衛がちゃんと大人になって、場所をちゃんと見て考えて話ができるようになったな、と個人的にはプラスに思ってました。

すべてがすべて、そのまんま面に出ることが大切なことではない。

大手のレーベルや事務所を離れて自分たちで一からやっていくということ。いま、そういうバンドは増えているけれど、どちらかと言えば不器用なメンバーばかりのTRIPLANEには並大抵のことではなかった(そして今も現在進行中)のは十分想像できる。

新しいアルバム(『1/4802のすべて』)をリリースした昨年末。これまでのお付き合いがあるからと言ってゲストに来てもらうことだけはしたくありませんでした。でも、世に放ったアルバムは、これまでのTRIPLANE「らしさ」を大切にしつつ、TRIPLANEにしか歌えないメロディが詰まってて、紹介するタイミングを探してました。番組でお届けできなかったけどラスト曲の「スポットライト」は本当に素晴らしくてグッとくる。これ、MV作ってほしいんだけど!

デビューしてから、昨年末のアルバムリリースまで実に4802日。タイトルに込められた、そんな意味。

きのうたまたま夜に、怒髪天の特番を見ました。紆余曲折あって今に至る姿をまとめたNHKの特番。そういえばTRIPLANEも同じ北海道の出身だよね。まだまだ若い、自分たちの音楽を突き進めてほしい(^^)腐れ縁だからさ(あまりバンドに対してこの言葉は使わないぞ!笑)、これからも応援すっからさ♪

先週の20時台は「とけた電球」というバンドから、ボーカル・岩瀬くんが来てくれました♪

そうなのだよねー…彼らのライブを初めて見た時にはまだ10代だったのですよね…あの時よりはオトナになった?かな?

と思いつつ、その当時の音源も聞いてみたんですが。彼らの根本はこの数年でもまるで変わってないんですよね。音のアレンジとかはより洗練されてきてるけど、生み出す音楽のクオリティは10代の時とあまり変わってないことに気づく。それくらい、もともとのセンスが素晴らしいということです!

慶應大学生のメンバー4人のバンドは、これからちょっと形を変え、でも、バンドは続けていく。岩瀬くんも「必ず卒業もします!」と言い放ってました。

彼らはほっといて(笑)も、もっと聞かれていくバンドになると確信する。SNSもうまく使いながら、今の世代やもっと若い世代、そしてわたしのような上の世代をも包み込んでしまう雰囲気を持ち合わせている音を奏でていると思う。確かにライブはしばらくごぶさたしているので、この春先は彼らのライブを見に行けることを心より楽しみにしているのであります♪

SNSをうまく使いながら、と言いますと!こちらのバンドのドラマー・モリスのエゴサーチ力はマジすごい(^^)!!

2月最初のゲスト、四星球!

彼らは徳島在住でバンド活動を続けているのもあるし、もうお付き合い的にも自分の応援度合い的にも特別なので、収録でもいいからお迎えしたいとずーっと言ってきたのですが。

あれは1月の関東の大雪の日。関西での仕事を終え、夜走りで東京にやって来た彼らがスタジオ一番乗りでした(汗)。コミックバンドでライブではおかしなことやってるけど、返事したことは約束を守る、義理堅い男たちです。

収録のインタビューをこの日は客観的に聞きながら、あぁ…わたしだからもっと聞けたことがあるのに、という思いがあったのは事実です。でも、彼らはこの番組にしても文化放送にしても初登場。彼らのアウトラインをなぞるところを大切にしないと、そしてここから「お?」と一人でも興味を持ってくださる方を増やすことこそが大事なのであって!

ところで彼らのポスターはいま文化放送内に貼られてますよん(爆)♪

そんで四星球と同じ日にお電話つないでご登場くださったのがこちら、『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ』のボーカル&ギター・キイチビールさん!時間的にできなかったのだけど、まずこのお名前からしてツッコミどころありありでしょ(爆)!

しかしアルバムはゆらり〜ゆらり〜とリピートして聞いてしまう。すごい才能が出てきたな(まだ20代半ばにさしかかってくるくらいのお年!)、と思っていたら、親御さんとピーズやらフィッシュマンズやら聞いていた、ってお話が…そういう世代が出て来ているんですね。

番組後に気づいたこととしては、そのキイチビールさんが岩手県出身だった件(猛爆)!!!これは、これはもう!!!です!!!

いやぁこの番組は振り返っていいゲストをお迎えしてると自分でもニンマリする時が来るだろうな…(笑笑)♡

 

さぁそして今日もこのあと、19時〜どうぞ番組におつきあいのほど!おおはた雄一さん&FLYING KIDSの浜崎貴司さん&新メンバーElliさんも登場です!なんか今日ほど友を呼ぶ(わたしの、という意味ではなくゲストさんたちがつながってるという意味で)放送はないかも…ってくらい、選曲も含めてどうぞおたのしみに(^^)♪

 

PS)きのうはMOROHAのライブに行き。AFROさんに開口一番、渋谷×文化ラジオの話をされました(爆)。なんでも四星球とわたしをMOROHAのラジオ番組(オニヤンマ獲りにいこうぜ!/文化放送(火)21時〜)に呼んでトークしてくれるとのこと。実現を待ちましょう♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | まほう〜渋谷×文化ラジオ〜 はコメントを受け付けていません。

うたげ

しかしこの日の武道館はみんなスタートが早かったな!笑

物販も早々に売り切れたみたいだし、いろんなブースもお昼くらいからにはスタートしてたみたいで。そしてこの日はすっきりといいお天気(寒かったけど)。平日の武道館がこの日はちょっとしたお祭りでしたよね♪

健さんからのお花が二段で綺麗だな〜なんて思ってたらすぐ近くに雷矢からのお花!

おなじみの面々から。しかしまぁ、この日武道館を囲むようにあったお花は段違いに多かったです!!!

おっと!

ライブ前にそんな騎馬武者チームと集う@カフェテラス武道(さすが武道館。そんな名前のカフェが併設されている!)!

しょうみ2時間はないライブではなかったかと。アンコールもなし。いさぎよくステージを降りる4人のメンバーが本当にカッコ良かった。

絶対的にこの日にしかできないし、この日以外に使えないステージそのものや映像などの仕込み。素人目にも分かる素晴らしさと手のかけようでした。そして集まるゲストも。SLANGのKOさんは「たった90秒のため(曲の長さ的に)に札幌からやって来た」って紹介されてたけど、そしてKOさんなら呼ばれなくても俺は行く、みたいなところもあるだろうしなんというか、男どうしの信頼関係みたいなのがどのゲストも見えて、これまたカッコ良かったのであります。

「こちら側にいる人にも、波の向こう側に行ってしまった人にも届く、そんな声。」

そう紹介されて、ハナレグミが登場して。演ったこの曲をはじめてライブで聞いた。

自分でできないことは、誰かに頼ればいいんだ、って教えてもらったのが先の東日本大震災だって。歌だって、自分よりうまい人にお願いして歌ってもらえばいいんだ、って登場した細美武士。満月の夕という曲は、震災から1週間後にリクエストでお届けした曲として絶対に忘れることはないだろう。リスナーさんに教えてもらった、その曲を本家のソウルフラワーユニオンを従えて歌うブラフマン。「歌い継いで 繋いでいく」ことの大切さと素晴らしさ。

武道館という場所はいろんな制約があるのはみな承知の通り。そんな中でも、いつもらしいところが多々あり、でも制約を守っているのも見ていて伝わる。「ビートルズが音を鳴らした時から続いて来てる歴史を、次に繋いで行かなくては」なのだ。この日限りで暴れることなんていくらだってできるけど、それをしてしまえば、この場所で音を鳴らすこと自体が許されなくなってしまうものね。

そんな中。スタート直後、水の入ったペットボトルを投げたのは誰だ。

分かる、わかるよ。エモーショナルになってしまうのは。

でも、そのエモーショナルを必ずしも態度で示す必要はない。それを止められる理性も持ち合わせているのが人間だと信じたい。

はっきり言って目障りだった、たった一瞬の行為だろうが。繋いでいく、ということを否定してしまうことになりかねない。たった、たったひとりの行動が。

ライブに来ている人全員が、どんな場所でも、その空間と時間を作るひとりになっているということをどうか忘れないでほしい。

ライブ後の飲みはだいぶディープな。太陽族のメンバーだった、りょうちゃんも駆けつけてくれて。瞬く間の時間でした。

男性にしかできないこと、女性だからできること。というのがやっぱりどうしてもあるのだと思う。なんでもかんでも両性が同じことをやるというのが同権ということではない。それぞれが担えることを認識してそれぞれを理解することが大切なのではないかと強く思う。

「姉さん、ラジオは続けなくちゃダメだ。ラジオに救われて来た人、そして今も救われてる人はいっぱいいるから」と言ってくれた、名古屋のライブハウス・今池ハックフィンの黒さん。

オマエ、ちゃんとやれー!と背中をバシーンと叩いて言ったKOさん。昨年のいしがき〜の打ち上げの締めの挨拶でも指さして「おい!こんなの撮ってないで(ケータイで動画を撮っていた。笑)ラジオやれよ!」って動画が残ってたのに最近気が付いた。そして「喋ることは、天命だ」と言ってくれたトシロウ神。

なんなんだろうな。朝方に解散してひとり、渋谷の街を歩きながら自分のことをぼんやり考えてました。

たぶん、いま、やりたいことがいっぱいあるのですね、わたし。そして自分が動くことができる時間の残りというか有限さをとても感じているのです。でも、でも何もできない、できていない自分への歯がゆさ。

たくさんのいろんなことば。たくさんの出会い。いろんな人との出会い。すべて、すべて、だきしめて。下向く日があったっていいや、行けるところまで。あるけ、あるけ、オレっち(^^)♪

いろんな余韻に浸る間もなく日はどんどん過ぎていく。でも、ブラフマンの武道館に関しては、いちばん本人たちが浸る間もなくもう次に進んでるような、そんな気がします。それもまたカッコいいんだよな☆

ということで三連休の一枚。2月12日はボンカレーのお誕生日って知ってました(^^)?

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | うたげ はコメントを受け付けていません。

どう生きるか。

さいきん悩むことが尽きないのですが、それでも日々はまわってゆきますなぁ。

でもそんな悩みなんてちっぽけなもので、さらっと、それを上回る出来事が世の中では起こってゆく。

本当に、本当に、ちょっと寂しかったんです。

でもそんなタイミングで、不思議とこの人たちには会えるのよ。

きのうはBRAHMANの武道館でした。思いのほか岩手チームが勢揃いでした。

連絡すればいつでも会えて飲みに行けて、というのができない距離。東京でどうしてこういう岩手の人たちみたいな付き合いができる人ができないんだろう。わたしが悪いんだろうか。歳のせいなのか。東京のほうが人も多いはずなのに、ものすごく歯がゆい思いです。ぜったいに面白い人はいるはずなのに。

そんな思いをスコーンと飛ばしてくれたきのう。

距離なんて大した問題じゃないよね!この人たちがいればやっぱり、それでいいや、と思えた夜☆

岩手 ミーツ 名古屋&北海道。乾杯!

ブラフマンにも、乾杯!

そして。

献杯。

 

話題にのぼっているので遅ればせながら、「君たちはどう生きるか」を買ってみました。なんで話題なんだろう?と思ったら、宮崎駿監督が映画化するらしいのね。なるほど。この三連休に読んでみようと思います♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。 | どう生きるか。 はコメントを受け付けていません。

あるこう あるこう わたしはげんき♪

いやいやホントにジェットコースター的な日々でございました。

まず先週の文化放送の番組でしゃべった通りで、喉をやられてしまいまして久々にだーいぶおとなしくしてました。1月末は行きたいライブがてんこ盛りでしたが全てキャンセル。泣。はぁあ。ホントですね、健康第一!

風邪とか引くとアルコール飲まなくなるんで、「これを機にやめられる気がする」と思ったりするんですが、今回ばかしはあまりの飲まなさに無茶苦茶ストレスになりました。笑

就職活動で、とある局のアナウンサー試験の最終面接に残りました。その時、「もしも風邪を引いたらどうしますか?」と聞かれたことを思い出す。悔やんでも悔やみきれないあの時。だから、どんな時やどんなことがあっても絶対に番組を休んだことはないし体調は維持しているつもりであります(一回だけ穴を開けてしまったのは、宮城の内陸部での地震で新幹線が止まってナレーションの収録に行けなかったこと→あの時は結局、新幹線が動かず、近くの車両基地まで歩いて移動して、JRの社食でご飯いただいたりして、それはそれで貴重な経験だった/「なんでその時の写真とか撮ってないの!?スクープで使えたじゃん!」と言われたのはさすがテレビ局でナレーションを担当させていただいているからだなと思った)。

はいもうすっかり元気です(^^)

いつメンで快気祝いも兼ねた感じの新年会も催し♪

今年は恵方巻きも食べたよ♪

渋谷のスクランブル交差点。すごー!!明日もこうなってるかアマガイさんにレポートしてもらいまひょ♪

ということで明日(8日)の文化放送『渋谷×文化ラジオ』はとにかくにぎやかでわちゃわちゃ!TRIPLANE&とけた電球、2組の生ゲストをお迎えします!

TRIPLANEとはもういつからのご縁なのかな。とけた電球は知り合った時は高校生だったんだよね(留年とかしてて)、FM岩手の番組でお電話つないだ時に「次、誰話す?」とか電話を替わってたりしてて可愛かったんだよなぁ。笑

限られた時間でも、彼らそれぞれが歩んで紡いでいる音楽のこと、音楽への向き合い方をお聞きできたらなと思っています(^^)ぜひおつきあいを♪

Posted in ほぼ毎日更新From ケータイ | あるこう あるこう わたしはげんき♪ はコメントを受け付けていません。

打首スペシャル〜渋谷×文化ラジオとか、今日のオンエア♪

いやぁいやぁ先週はようやくようやくお迎えできました(^^)

打首獄門同好会・大澤会長!

いやいや本当にですね、このバンド名は「大丈夫なのか?」と思っていた頃が懐かしい。いまやこんなに市民権を得て、テレビにもいっぱい出てる!

しかしながら、同録を聞きながらバンド名を略して「打首スペシャル〜」とワタシが言っていたのは(笑)、いったいなんだか分かんないですよね、途中から聞いた方でなおかつバンドのことが分からない方はびっくりしちゃいますよね!

さておきさておき。実はオンエア後もスタジオで話が続いたのであります。正直なところ、向き合ってお顔を拝見しております間はずーっとずーっと、大澤会長のことをさぐりさぐりな感じでした。なんといっても初めてこうした形ではお会いするわけですから(一方的にライブは拝見していても!)。

そんな中で放送でもお話ししていないことをひとつ書くと。やはり、色々と書きたいテーマのようなものはぼんやりとでもあるのだそうです。でも、実際に書くとなったらちゃんと、2泊くらいはその土地(たとえば、「そば」なら信州とか)に宿泊してじっくりと研究しないと、とのことで。そうなるとなかなかお忙しい今はお時間、取るのも大変ですよね…!とか言いながら、ぴょーんと。その土地に飛んで、まーた素晴らしい次の作品がすぐ世の中を席巻したりしてるかも、な予感もします(^^)

そうそう、ワタシが「?」だった、コウペンちゃんのキャラクターが大フィーチャーされている新作がコチラです♪

(この曲を年始早々、そう1月1日の朝4時すぎに幕張で聞いて盛り上がったカオスな事実を絶対に忘れることはないだろう…!)

3月11日の初・武道館ライブ、たのしみにしております!!!

さてさて変わりまして20時台「渋谷ライブなう」のお時間はキュートな女性が。アーティストと言われても違和感ない感じでしょ(本人は謙遜しておりましたが)!?レコード会社・ビクターの方がまさにこのオンエアの時間帯にライブ中のバンド・climbgrowのことをご紹介してくれました♪

英単語の「climb」と「grow」がくっついたバンド名。「のぼって」「成長する」という単語の組み合わせで‘なりあがっていく’というような意味も込められているとのこと。しかしまだ21歳のバンドって!!

そんな植村さんもまだそれくらいの年齢なんだよね。ワタシが大学を卒業して、レコード会社に入った頃もこんな感じだったのかなぁ…だったらいいなぁ(遠い目)と思うくらい植村さんが可愛かったです(^^)

植村さんが紹介したclimbgrowのMVも上がってましたのでコチラ♪

さてさて1週間が本当に早い!

今日もこの後、どうぞ番組におつきあいください(^^)

ツイッターの「#きょうのサイトウ」もどうぞよろしくお願いします!

先週のアマガイさんレポート、渋谷の気温は2℃台まで下がった…アマガイさんの声が変わってた…なんだか今日も寒くなりそうです、が、渋谷駅でアマガイさんを見かけた方、声をかけられた方、やさしくしてあげてください♡

今日の『渋谷×文化ラジオ』は、四国在住のバンド・四星球が文化放送にやって来ました!インタビューをノーカットでお届けします!いろいろ、知り合ってから長いけどこうしてきちんとした形(?)でインタビューとかって初めてなんですよね…生きてると、続けてると、やっぱり面白いことってあるのですよね^^

そんでもって18時半頃〜FM岩手では『高橋ちえの未完成ラジオ〜ライブハウスに行こうじぇじぇじぇ』です!今月のRep’s(FM岩手パワープレイ)アーティスト・感覚ピエロの4人全員に突撃した模様をお届けします!彼らもですね、ホントに人柄からファンになってしまうような方たち。それはインタビューを聞いていただければ十分、もう十分伝わると思います!

ではでは、本日ラジオの電波を通してお会いしましょう〜♪

Posted in ラジオ | 打首スペシャル〜渋谷×文化ラジオとか、今日のオンエア♪ はコメントを受け付けていません。