街ナカに 音楽と笑顔が 今年もあふれる♪

ただいまですーん!

きのう(23日/月)、盛岡・いしがきミュージックフェスティバルが「地域再生大賞」の優秀賞を獲得した祝賀会に参りまして、会の司会を担わせていただきました!

こんなに光栄なことがありますかね…(^^)

いしがきミュージックフェスティバル、運営の委員長はこちら元一くんです。毎年、毎年いろんな思い出ができて、あんなこと、こんなこと、話してみて、思い出したりしたのでした☆

ウッチー、サボってんじゃねーぞ!

(祝賀会の前に、いしがき〜の総会にも出席させてもらいました。初めて!で、盛岡市長を囲む形で議事が進行していくのを目の当たりにし、いつもの知ってる面々の顔もなかなか見られない真面目な(爆)表情だったので写真に撮ろうとしたウッチー。そんでもってあまりにも厳かに静かに進行しているため、カメラ音が出ないアプリをダウンロードしているの図。しかしながらダウンロードに時間がかかりすぎて、総会の時間内にできなかった件。アホだー!けど、できる男なんスよ彼は♪)

ケセンロック、みんなのおとうさんもやって来た♪

ひさびさにシメのラーメン、許してください…

総会→祝賀会→打ち上げ→シメのラーメン(辛いの食べちゃった。テへ♪);最後のさいごまで激論でした。いい1日だったなぁと思います。横のつながりはできても縦のつながりを作るのは難しい、でも、いしがき〜を通して、次の世代はもちろんのこといろんな世代がどんどん関わっていけたら、という思いはみんな同じだなぁと。そしてきのうの夜を振り返りながら、きのうがあったからこそ、これからそうやっていけるような気がすると思ったのでした☆

わたし個人は司会としての反省点はあるけれど(いやぁやっぱり市長以下すごい顔ぶれが列席されたのでやっぱし緊張しましたわ。汗)、打ち上げを通していろんな方と交流が持てたりいろんなお話ができて、そして中学生が岩手日報の投書に『いしがき 市民(県民、だったかな?)の誇り』という文章を寄せたという事実をみんなで噛み締めて、これまで続いてきたものを大事にしながら、またこれから、新しいものを築いていくことに、どんな形でもいいから参画し続けたいと心あらたにしたのであります(^^)

はい、ということで、今年も開催しますよ!12回目となる、いしがきミュージックフェスティバル、9/24(月/祝)です♪

そんなわけで、ひとつの試みとしては。さわや書店と何かを仕掛けたいと思っております。田口さんともお話ししてきまして、田口さんもふたつ返事でのOKでした(^^)ぜひぜひ、楽しみにしていてくださいね!

そんな田口さんの今のオススメ本はこちらとのこと。「痛い青春を思い出してください」とな。明日、読みます!

IBCラジオでおしゃべりしたりしてたリカちゃん(真ん中)に久々に会えた〜♡偶然、打ち上げ会場で普通にお客さんとして飲んでた(笑)!

導きだね〜引き寄せだね〜!!!嬉しかった、リカちゃんのお友達も入ってパチ☆

そんなきのうのハイライト。

‘いしがき〜の主要メンバー3人’と紹介されたうちの一人・雫石のおじきが。SOIL&‘PIMP’SESSIONS(=ソイル)が、これまでのいしがき〜アーティストで印象に残ってるし好きだと(たしか2回目に出演されているはず)。

「いやぁすごいんですよね〜最近も、ソイルは!RADWIMPSの野田さんとも曲を出してますからね〜」とウッチー。

「は?なんだ?」と雫石のおじき。

「あの、ほら、あれですよ!前前前世、君の名は(←映画)、ですよ!」のウッチーの説明に対し…ますますキョトンとする雫石のおじき。

おじきは、何を今更、ここで、俺の名前を聞くんだと思ったとのこと…いやぁ、言葉にしても伝わらないですがもう爆笑でした!でもですね、これが、いしがき〜の良さなんですね。おじきは、ソイルのことだって何ひとつ知らなかったんですよ。でも、ライブを見て音を聞いて心動かされて覚えているわけですよね。音楽好きだけが集まるのなら有料開催にすれば良い、いしがき〜が無料開催なのはそういうことなんですね。盛岡の街に暮らしている方はもちろん、市外に住んでいてこの日にやって来て、新しい音やアーティストにふれる。自分が予期していなかった出会いがある。それが、素敵なことだし大切なことなんです。

わたしは無料開催にすると決めた時に反対した人です。でも、無理にでも無料開催にしたのはそんな思いも、きっとあるんですね。続けてきて、自分なりにそう感じています。

とは言え、簡単には、開催することも続けることも難しい。でも、続けるからこそこの先も、街ナカでたくさんの笑顔やいろんな方々が出歩いているあの景色を、年に1回でも。にぎわいがあった「懐かしい」頃というのを。たった1日のその日を生み出すために頑張れる運営のスタッフがいて、手伝っている方やスタッフやボランティアがいる。微力ながら、わたしができることは、いしがき〜では。どんなことでもしようと心から、思っています☆

そんなわけで、まだまだ、くたばってらんねーな(^^)!!!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。, イベント | 街ナカに 音楽と笑顔が 今年もあふれる♪ はコメントを受け付けていません。

考えるより感じろ、感じてから考えろ☆

ちょうど岩手は、桜の見頃を迎えていると思います。こちら、先週の江刺のようす☆

盛岡の食べ歩きを綴るブログが大人気(コチラ)、「食いしん爺」が江刺にやって来た♪

そんなブログ人気が高じてなんとですね!雑誌となり発売になったのです(パチパチ)!岩手日報にも写真つきで掲載されたばかり→コチラ!ということで、食いしん爺を江刺のランチにご案内したのであります(^^)

日報にも顔写真が載っていたのでこちらも掲載させていただきましょ。やっぱモザイクは知人に使いたくないですよね。笑

ということでこちらはですね、江刺でお昼時だけオープンしていて、いつ行っても多少は待たなくてはいけない「もちた屋」というお蕎麦屋さんです。のどごしが良くてお蕎麦の味はあまり分からないわたしでも美味しいな〜と思います!この日もお昼ちょっと前に着いたけど、数組の待ちが。

そもそも今は「食いしん爺」と名乗ってますけども、もともとずーっとお世話になっていた方なのであります。盛岡市役所が主催の古着ファッションショーというのを数年、毎年開催していて司会をしていたのですが(盛岡は人口に対して古着屋さんが多い、というのもひとつの理由)、カッコ良く言えばそのイベントのオーガナイザーですね。爺さまはわたしのFM岩手でのおしゃべりを初期からとても評価してくださった奇特な(笑、いや、見る目がある!か。笑笑)方で、言わばいちリスナーさんがお声をかけてくださってお仕事につながって今に至る形であります。

お店で会計を済ませたあと(爺さまごちそうさまでした!)。お店の方がわたしに、

「あの…男性は、誰か有名な方ですか?」

華麗にズッコケそうになりました(←死語?)が、爺さまには「見た目でホントに騙せますよね〜」と小バカにしておきました。ホント、こんな若輩者が軽い口叩けるような方じゃないんですけど。でも、そんなことができる、気持ちが若い方なんです、爺さまは。

意外に行ったことのない「鐘の鳴る丘」へも行ってみて。明治時代の建物が残っています。もともとは病院でした。中に入ると、菊田一夫のラジオドラマの歴史も見る事ができます。しかし明治時代にこんな建物を江刺に造るとは。

建物の中、4階まで階段で上がることができるんですがとっても急(!)!お城の中みたい!

でも上の階からは、ちょうど奥羽山脈がくっきり綺麗に見えました☆

今回、食いしん爺とはちょっとした打ち合わせがあり。わたしもふるさと岩手でできることがあれば、なんでもするつもりですから。今後、また面白くなりそうですよ(^^)ふふふ♪

江刺のおとなり、水沢にオープンしたJAZZRIZE STORE。もともとデザイン会社(ざっくり説明すると)として存在していたジャズライズがオープンさせた、雑貨も扱うカフェです。

チーズケーキも手作りで美味。そしてコーヒーは、盛岡のNAGASAWA COFFEEのオリジナルブレンド。ホントに偶然、行った日に長澤さんが来店していて(!)、お互い「お名前は知ってましたけど…」とご挨拶。

長澤さんと、いろんなお話をしました。

そんななか、書かせてください。このおはなし。

今はNAGASAWA COFFEEというお店もオープンしていますが、着工に入ろうという矢先に、あの東日本大震災が起こったと。お店どころではなくなった、さて。長澤さんは、津波の被害を受けた沿岸部の避難所をまわっては、コーヒーを淹れてさしあげていたそうです。そのコーヒー1杯が、人を笑顔にする、というのを目の当たりにした。いつか、いつになってもいいから、必ずお店は作らなくちゃいけないと。そしてお店もオープンするにあたり、お店オリジナルのブレンドの名前は「Keep Smile」…オリジナルブレンドの名前には、そんな意味合いが。

あったかいものを飲めるだけでも幸せだと思った時はわたしも経験しているからよくわかる。あの時、あったかいものは粉のこんぶ茶だったか梅のお茶だったか。はぁ、って。ぜったい顔の表情が緩んだと自分でも分かったもの。コーヒーはしばらく飲めなかったと思うな…想像すると、1杯のコーヒーに表情が緩む方がたくさんいたのは間違いない。

長澤さんと、いろんなことって、本当につながってるんですよね。と。話しながら、いただいたコーヒーとチーズケーキ。盛岡のお店にも、近いうちに必ず、お邪魔しますね(^^)!

ということで今、このブログはNAGASAWA COFFEEの豆を挽いて飲んでいるのですが。香り高くて美味しい、本当に、美味しい。JAZZRIZEのタンブラーも買ってしまい、こちらデイリーユースでスタジオやら収録には必ず持ち歩いています。コンビニコーヒーでもこれに入れるとますます美味しく感じる不思議(笑)?

そんな、コーヒーといえば…

岩手のセブンイレブンのコーヒーに「キリマンジャロ」が!?初めて見たー!!!

(ネットで調べてみたらまだ限定店舗らしい。そして関西のほうには「モカ」が限定であるらしい?やるなセブン!)

そんな先週の岩手ステイでこれまた偶然、先月に陸前高田の体育館・夢アリーナたかたを訪れた様子が一面記事で特集されてた(花)!!

岩手にいる間にこれまた。会うことができたカミングライダーのことも岩手日報で記事になってた(イエイ)!

そんな、カミングライダーご一行から1冊の本をもらったんです。『奇跡のロックフェス COMIN’ KOBE』というタイトルの本。そうだそうだ、ときのう読み始めたら途中で涙が止まらなくなりました…

カミングライダーとのできごとはここで綴っているんですが…

「たいていのことは力になれるはずやから」

って、やっぱり、簡単に言えないというか、逆に、いろんなことくぐってやり通してきてるから初めて言えるんだなぁ、って思いました。カミングコウベ(=カミコベ)というイベントのことや、首謀の松原のことなんかはブログでも書いてるけど、わたし、もっともっとこの人たちと何かやりたい!そんな自分にならな!と心新たです☆

これから、また岩手に行きます。いしがきミュージックフェスにまつわるイベントがあるのです。いいイベントにしましょう。毎週末、岩手ですわ。笑。でも、この前にカミコベの本を読んでおいて良かった。今日のブログのタイトルは、まさに。この本の中に書いてあるひとこと。その通りだなぁと思います。では行ってきます♪

Posted in つれづれなるまま。, 岩手のコエ | 考えるより感じろ、感じてから考えろ☆ はコメントを受け付けていません。

Kyassen Ofunato andNEXT Stage”two”〜テーマは『G』!

4月1週目の週末・7日&8日と今年も2デイズ開催となった、大船渡の商業施設・キャッセン大船渡での音楽イベントのことを振り返ろう♪

テーマは『G』…これは、群馬のG。この2日間、群馬にゆかりのあるアーティストもステージに。キャラクターのぐんまちゃんもやって来たよ(with 大船渡のライブハウス・フリークスのスタッフでケセンロックの舞台も設営してるヒロポンさん)♪

この、テーマの『G』は、正直つたわりにくかったですよね。でも、キャッセンでのイベントがこの先も続いていけば、このテーマもきっと伝わっていくものになると思う。今後に期待していてください(^^)

こちらのポスターに写る以外にも、地元アーティストがステージに立ち。午前中から音が鳴っているのもとってもとっても、良かったのですが(、そして、地元アーティストのステージは無料/午後のゲストアーティストについても、気仙地域の高校生以下は無料)…という反省のようなものは、わたしは実行委員でもなんでもないけれど、いろいろ伝えたし、今後も折り入ってお話ししていくと思います。ザ・お節介。笑。でも、続いてほしいんだよね。立ち上げたものを、しかも、1回目の昨年にあれだけMAN WITH A  MISSIONが尽力してくれたものを絶やしたくないというか。「これからはトーキョータナカではなく、オーフナトタナカで」とトシロウ神(BRAHMAN)が言うくらいだったんだもの。そして、会場では「昨年も来たけど、今年来てみて街ができていて。出演者が誰とか関係なく来年もこの先も来ます」と声をかけてくださった遠方の方にも会えて(→わたくしの自撮りツイッターへどうぞ)。

わたしはMCとして、こなすべき仕事としては、的確にアナウンスをすることだと思うんです。でも、加えて、岩手の他のフェスで鍛えてもらった通り(笑)、このフェスが少しでも良くなるために、もしもわたしができることがあるのなら、そのために何でもします。キャッセンに対してもこれからは、そうさせていただきます。ハイ(^^)!

新沼さんのお店で出していたカレーうどんで暖をとってもすぐ冷めるくらい寒かった2日間、

ケセンロックの実行委員長、ケンヤおとうさんも働く働く(自ら「ちゃんと働いてるだろう!」と得意げに言っていた。笑)!

例によってライブはよく見られていないのだけれど(MCは舞台袖にいてもそんなものなのよん)、Frontier Backyardはやっぱりすごいバンドだなと再認識。正式メンバーは2人だけど、フロンティアで音を鳴らしたいという玄人メンバーが集う。そして大船渡だろうがメンバーを引き連れてくるのが本当にすごい。そうやって玄人メンバーが「集まって来る」というところからもバンドのすごさが見えて来るよね!そんなわけで鍵盤のチャーベさんとの2ショット♪

いま何かと話題のセクハラではありません。あやまんJAPANのグッズを買う時のお支払いはこのスタイルです(老若男女問わず、みんなそうさせられます)♡

ということで、2日間、キャッセン大船渡にいらしたみなさま、わたしからもありがとうございました!ステージから見えるお客さんのお顔、寒い中でもとってもイキイキしてました!また、この先も必ずキャッセンでお会いしましょうね(^^)!

 

では、本編のステージ以外のこともいくつか♪

三陸の大船渡〜陸前高田あたりでこの時期にとれる牡蠣は「雪解け牡蠣」と言うそうですね(宮古は「花見がき))。やや小ぶりだけどギュッとうまみが濃縮されてる感じで口に入れた瞬間はじける!すみませーん、無茶苦茶たべました、オレっち♪

キャッセンの1日目が終わって、いしがきミュージックフェス(盛岡)の運営委員長・元ちゃん御一行が来ていたので飲みながらあれこれ。で、おトイレに行ってドアを開けたら…

「おねーさん!!!」

昨年末、東北ライブハウス大作戦のライブハウス3ヶ所を巡る、バスツアーに参加してくださったみなさんだった(^^)そんじゃそのままちょっと合流するしかないわよね、と酒席に混ぜてもらうの巻♪

遠くは関西からいらしてる方もいるグループ。本当にね、世の中、行動してる人なんかいっぱいいるよ!好きなアーティストのためでもいいよ!好きな音楽のためでもいいよ!それを、改めて。目の当たりにさせてもらうことにもなりました。

また、東北でもこれからも会いましょうねー(^^)♪

2日間が終わって。舞台監督の山品大先生もスパーク(これはかなり、激レア)!

打ち上げを途中抜けして、2日間の大トリを飾った、モーモールルギャバンご一行をライブハウス・フリークスにお連れして記念撮影の巻!

この頃はまだみんな大丈夫だった…(と思う)

強行スケジュールで大船渡入りしたモーモールルギャバン。寒い、寒いと書いている通りで実際の体感気温は冬を思わせるようでしたが、モーモールルギャバンは自分たちでも言っていた通り「灼熱」のライブを展開してくれました!最高!

そうなんですね、ドラムでボーカルのビッチェさん(左)が群馬のご出身なのですね!ビッチェさんと話すと、群馬の音楽シーンのすごさが本当に手に取るように分かる。ROGUEのお話も出るとは!そんなことも含めて、今回、本当にいいご縁ができて感謝なのであります(^^)

…ということで、ビッチェさんをホテルにお送りするクラブチェンジ・タカノリ(真ん中)。

でも、打ち上げ会場から目と鼻の先のホテルへ向かうみんなの足取りがちょっと不安だったのでわたしも後ろから着いて行ったのだが…

ホテルのフロントに入ってふざける始末(丁重にホテルの方には謝っております/わたしもたびたびお世話になっているホテルですので/とても寛容に対応くださいました)。そしてふらっとタカノリもいつの間にか消えたのであった…

この後日談としては。翌日、タカノリから電話が。

「ちえさん…ぼくは…きのうどうしていたんでしょうか…まったく、記憶が…。起きたらホテルのベッドの上でした…何か、わかりますか?」

極めてマトモだったんだけどなー(上のお写真はおふざけが過ぎているとしてもだ)!?ちゃんとクラブチェンジのイズムを受け継いでるな、よし!いいぞぉ(^^)!

そんな2日目の打ち上げがおひらきになって、解散してからが。ある意味、本当の打ち上げだったかもしれません。キャッセン大船渡のヒジさん(左上)&もちゃこ(ちえぞ横)、そして、新沼さんと。あれや、これや、と。今後、これからに向けた、とっても建設的な話をしました。珍しく(笑)わたしがちゃんと覚えています、話した内容を。そんなわけで、わたしがこれからできることは、喜んでしますとも(^^)!

そして、新沼さん。いっつもね、いっつもね。素敵なひとことをくださるんだ。

「あなたに来て欲しいから、しゃべってほしいから、声をかけてるんでしょうが」

どんな物事だって、それこそ、喋っている内容だって。「発信」をしていれば、どんなものごとでもその発信をキャッチしている人がいるわけで。その、キャッチしている方からの広がりが、わたしは大事だと思っていて。

新沼さんは、いしがきミュージックフェスのMCを聞いてくれている人なんですよね。褒めてもらった時を忘れません。そして、それがあるからキャッセンにもつながっているんだと思っています。

「出会った頃なんか、酔っ払ってそのへんで寝たりしてたのになー!少しは大人になったなぁ!」なんて笑われながら。大船渡のみなさんとのご縁にも、心から、心から。感謝なのです☆

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, イベント | Kyassen Ofunato andNEXT Stage”two”〜テーマは『G』! はコメントを受け付けていません。

ベリーグッド!!!

さてさて本日(木)深夜2時〜文化放送『music with you』オンエアですん♪

放送が深夜にお引っ越ししてこの2週は、同じく深夜の番組仲間(笑)MOROHAのおふたりが来てくれておりましたが、本日はお初にお目にかかりますこの方々がやって来まっせ(^^)♪

ベリーグッドマン、Roverさん(右)& MOCAさんです!

ベリーグッドマンは3人組で、もうおひとり、HiDEXさんというメンバーがいらっしゃるのですが。初対面のわたくし、スタッフの方をHiDEXさんだと思ってしまったという(笑)!

でも、本人たちが「大阪の普通の兄ちゃんが音楽やっている」とおっしゃっていた通りで、つまりはいい意味でそんなふうに、隣に普通にいそうな感じのメンバーお三方なんですよね!

でも…

大阪、関西のノリってこうなんだ!のオンパレードです(爆)、もう見事なまでにボケ倒してるというか、こういうことなんだ関西って!という勉強させてもらいました!笑!わたしね、FM802のDJオーディションというのを名古屋ZIP-FMの前に受けていてその最終で落ちて1週間泣き通したということはブログにも書いてますけど(ちょうど、落選の書面なんかが出て来たんですよ!最近の断捨離のなか!)、関西はこういう喋りができなくちゃ、というか、拾えなくちゃ、なのか、と。考えると、うーん、やっぱりあの当時のわたしには(今も?)明らかに無理!なんて思って、ちょっとクスッとしたのでした☆

放送のネタバレがない程度にもうひとつ書くと、わたしがベリーグットマンに興味を持ったのは、プロ野球の選手が入場曲だったりバッターズサークルに入る曲にとても選んでいて、資料に堂々と記載しているだけでものべ人数が10人を超えることなんです。これってすごくないですか?一時期、GReeeeNとかが人気だった(今もか?)けど、それを超えているかもですよね?プロ野球選手に限らず、体操の白井選手なんかも「すごくアスリートに合っている曲」と語っていたりするし、他にもアスリートがかなり聞いていたりする事実があって、その人気だったり歌詞はどこから来るのかな?というのが自分なりにとても気になったんです。ちょっと、その理由がひもとけたようなインタビュー、本日の深夜にぜひ🎶

『渋谷×文化ラジオ』も夜7時〜だったので、なかなか明るい時間に文化放送のスタジオから外の風景って見えなかったんですよね。日中に行ってみて、あ!こんなにお台場が近いんだ〜(写真だと遠いけど)とか、ちょっと感慨にふけってみた。笑

半年の生放送を担当させてもらい、深夜に移動して。スタッフも同じにもかかわらず緊張しているのは第三者からすると「?」なようですが、うーん、そうなんですよ。やっぱりですね、文化放送でおしゃべりしてる自分にはまだ慣れないです。すごいな〜、って自分のことを客観的に見てる自分がいます。笑。4月から深夜に移って、また、一からなんですよね、すべてが。しかも深夜ですよ、ラジオやってれば憧れの、AMの!

カミカミの神がまたたびたび、舞い降りたりしてきていますが30分間、一曲入魂&ゲストトークもますます深夜トーク満載でお届けしていきますんで、どうぞ今のうちから毎週おつきあいくだされ〜〜〜(^^)!!!

PS)アマガイさんが髪を切ってました&白髪染めしてました(撮り忘れたんで写真は来週)!!!

Posted in ラジオ | ベリーグッド!!! はコメントを受け付けていません。

ソウルメイト♪

岩手はちょうど桜が見頃になってきた感じがしますね〜今週がいい感じでしょうか(岩手は本州でいちばん広い県なので、一概にひとまとめにはできませんが!)♡

ちょうど関東の桜が咲き始めた頃のおはなし。

「鶴」というバンドももう15周年なのですか…「こんにちは!鶴です!」と手を叩きながらやる挨拶も健在。満員のブリッツのお客さま全員と手のポーズ(独特のがあるのだ)をしながらやる挨拶がとっても新鮮。デビューして当初、こんなふうにしていた頃はメンバー3人全員アフロだったなぁ、とか。ちゃんと覚えてますよ、いろんなこと(^^)

イエローモンキーのエマさんがスペシャルゲストで登場(!)で、まぁびっくり!だったのですが、ファンの方ならご存知で、これまでの接点もあるし、でもそもそもはとにかく憧れの存在だったと。「15年前の俺に、こんな日が来ることを教えてやりたい!」みたいなMCがあったけど、そういうこと想像すると本当にすごいよね!音楽って、夢があるのだよ、やっぱし!

17時スタートのライブはゆうに3時間超えていた…?ような記憶です。が、そんなスペシャルゲストの登場もさることながら、「全国47都道府県点呼」なることをやってのけ(ex.「岩手から来た人?」とお客さんに呼びかけて手を挙げさせる)、しかしながらこれがですね、わずか5県以外、すべての都道府県からお客さんが集客していた!これすごいよね!?この5県は関西〜九州方面だったので、大阪でも開催のワンマンで呼びかけて全都道府県制覇になっているといいね♪

この先も老若男女に聞いていかれる、鶴ならではのファンクとソウルというのがバンドとして見えてきたのではないかなぁと。アフロの時代が悪いという意味ではなく、今はおのおのが好きな服装やスタイルで自然体で、でもメンバーは変わらず仲が良くて信頼できるスタッフがいて、というのが感じられて、とってもいいライブでした。これからまた全都道府県をまわるツアーが控えてますが、これからいろんなバンド(先輩とも)と対バンしてほしいなとすごく思います!

ところでこの日の写真が何もないのですが、上の写真はライブ後にブリッツを出た時の写真です。すごい人だなー!?と思ったらこの日はTBSの「オールスター感謝祭」オンエアの日で、赤坂のマラソンを応援する沿道の人!だったのでした♪

かたや、こちら。先週の文化放送『music with you』でもお届けした1曲。この春メジャーデビューした、バンド名を;オメでたい頭でなにより と申します。番組でお送りした曲のタイトルが『鯛取る』で、この曲紹介もしゃべり手泣かせですが、でもでもそもそもが、このバンド名にしたって、初めて聞く方には「?」でしたよね。すみません…

しかしバンド名やら曲タイトルやら、それだけでじゅうぶん「面白い」というイメージは持てるかと思いますが、そんな「面白い」先行にだまされてはいけなかった!もうですね、かなり本格的なラウドで重低音ずしーん!と来る演奏技術もかなりのハイレベルなバンドでして、おまけにお写真よりもイケメン揃い!!!

はぁこりゃ〜人気出るわ〜!!!間違いないっす!!!おまけに転換の時にラジオを模した番組をBGMにするんですわ!これがね、この日この場限りでしか聞けない、という内容でして(どの会場でもやっていて、その都度収録してるとのことでした)!お客さんを飽きさせない、楽しませる、精神もハンパない!

この日はメジャーデビューのお披露目ライブということで、酒樽の用意があったりレーベルの方が紅白の全身タイツを着て会場でモッシュしたりなんぞしたんですが。何にせよ、レーベルの方が「このバンドと何かをしたい」というのがすごく伝わったのが良かったなぁ…レーベルは音楽を売ること、だけど、この人たちが集まるこのバンドと何かしたい、っていう感じで。メジャーレーベルに所属することで、もっと「面白く」なる予感もしてなりません(^^)

ひとつこちらも。駆け込み、行ってきました!サヴィニャックのポスターたちを見に練馬まで♪

これから全国を巡回するので、これは見に行ってもらいたいなぁという展覧会でした。このサブタイトルが良いでしょ、‘パリにかけたポスターの魔法’って!

実際にサヴィニャックが描いたポスターを通して購買意欲が湧いてしまう。あの当時にしたって今にしたってきっと変わらない、と信じたい。だってポストカードを山のように買ってしまったもの、わたし。笑

描かれた広告のポスターは、魔法をきっとかけられる。やっぱり、人の手と人の考えがちゃんと形になったものは、どんな時代にもきっと通用すると信じたい☆

サントリーとか日本の企業もその昔、サヴィニャックにポスターを依頼していたんですね(ずいぶん昔の話)というのも展示を通して見ることができる。でも、日本の企業のポスターはなんとなく雑だった(笑)、サヴィニャックのイラストだよね、ってのは伝わるんだけども、モチーフがなんとなくひねりがない感じがして。これは西洋のサヴィニャックに日本のカルチャーやら文化やら、なんというか、いろんなことをもっと伝えていればきっと違ったのではないかと。たぶんだけど、「サヴィニャックの絵」というブランドだけに対して日本がそうやってお金を払うことができた時代だったとも言えると思うんですよね。そんなことも考えたりできて、とてもとても面白い展覧会でした!

練馬区立美術館って初めて行ったのですが、

美術館を取り巻く環境がとっても素敵でした♡

さてさて、明日からまたライ部活動もふっかーつ!今年度もいろいろ見に行きますよん(^^)!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。 | ソウルメイト♪ はコメントを受け付けていません。

ねまって、ねまって♪

きのう!

大船渡のコミュニティFM局・FMねまらいん 5周年を祝うイベントが行われて無事終了!

今回、会場でのお写真などはほとんど撮っていないので、追って届いたら詳細も書くとしまして。

わたしも参加させていただきました、トークパートの1部。既存の番組の公開収録や「ラジオ」についてのトークセッション。地元アーティスト5組が大船渡のライブハウスに立ち演奏を繰り広げたライブパートの2部。その合間合間には本当に豪華なプレゼントが当たるクイズ大会なんかも行われたりして、丸いちにちの時間はあっという間でした。

1部2部通してお客さんは楽しむことができたのですが、1部と2部で入れ替わったような気がします。それぞれでお客さんがいたのはとても良かったし、少なくとも1部の時に「(ライブハウスの)フリークスに初めて来た方」に手を挙げてもらったら半分以上の手が挙がった。

こういう場所ができたということ。こういう場所があるということ。実際に入る機会がなかったライブハウスという場所へ新しい方を誘導できただけでも、このイベントが行われた意味が十二分にあると思う。しかしそれがラジオ局のイベントで、しかも有料(前売り1500円/ワンドリンク付き)となると、首をかしげる方がいるかもしれないけど、わたしはまったくそうは思わない。もちろんいろいろと潤っていて、たとえば誰でもふらっと来られるような会場で入場無料で楽しめるのはもちろん理想的だけど、「何か」をたのしむ、いい時間を共有する、というのは、多少なりともお金がかかるものなのだ。その多少なりとも、を動かしていく努力をしているFMねまらいんは本当にすごいと思った。まず、こうしてイベントを「実行」することが難しいと思う。それをまずは見事やってのけたこと。イベントそのものの内容は置いといても、まずは改めて「実行」したということそのものが、すごい!

ということでイベントのことは、写真が揃ったらまた書きますん(^^)

ということで、面白かった地元バンド・TILITILIメンバーのこの日の動きをさらっておきましょう。今年のケセンロック(出演アーティストです!)、がぜん楽しみになってきました。笑

トークパートではディレクター、ライブではTILITILIのみならずTHE HURANSメンバーとしてもステージに上がったヤスくん!

打ち上げの席ではドラマー・ジンさんの武勇伝?なんなんだあの話は、という若かりし頃の伝説が炸裂!

(「土手鍋には土手蓋」などの名言?珍言?が炸裂。この意味、分かります?)

そんなジンさんが指差すのは…

きのうからわたしは「キング」と呼ぶことにした、ベースのケンさん。本当にアホすぎてもうですね、胃が炎症起こすかと思うくらい爆笑しました!!!

明けて今日の大船渡のホテルの目の前は、こうして津波の痕が残る建物とかさ上げの工事と道路も整備中。次に行く時は、この迂回路もそうではなくなっているのかも。そしてこの建物は、いつまであるのだろうか。

こんな日があってもいいじゃない、いや、あるべきだよね。それが、地域に根ざす一コミュニティFMが担ったことが、本当に本当に素晴らしいことだと思うし、そんな場にお邪魔させていただきました自分が誇りです!FMねまらいんのスタッフのみなさま、お客様、出演者のみなさま、本当に、ありがとうございました(^^)!

Posted in イベント, ラジオ | ねまって、ねまって♪ はコメントを受け付けていません。

キャッセンのあとに〜まだまだ大船渡♪

キャッセン大船渡での2日間のイベントが終わり。翌日。

そうなんだ!!!

カミングライダー。東日本大震災の翌年からはじまったチャレンジ。岩手〜神戸を約20日かけて、自転車で駆け抜ける。そのあかつきには、ゴールデンウイーク時に開催される神戸の無料フェス・カミングコウベのステージに立ち、旅を通して完成させた曲も歌うことができる。ざっくりと、そんなチャレンジ→詳しくはコチラ

ちなみに。ただ駆け抜ければ良いわけではなく。震災の時のいろいろなことを思い出したり追体験すべく、電力やお金は使えなかったり、とまぁいろいろな制約もありまして。

大船渡に着く前は宮古を出発して、この日は100キロの道のりは相当険しかったはず…海沿いで風も冷たいし、アップダウンもあるし。カミングライダー、がんばった!!

毎年ひとり選ばれるカミングライダー。今年のライダー、片山くんはバンドのボーカリスト。同じバンドのメンバーはサポートスタッフとしてついて来てる(=にっしー)。しかし片山くんの声がびっくりするほど良くて、誰かの声に似てる、似てる、似てる…

顔を自分の手で隠して声だけ聞いてみる…

あ!!!

UNISON SQUARE GARDEN、王子の声!!!

でもだいぶだいぶ荒いけどね。笑。でも、そんなわけでなかなかいないいい声してるよ。間違いない(^^)

急きょ、わたしもステージに上がってトークなどする。片山くんは、これまでの歴代ライダーと違って、阪神淡路大震災が起こった後に生まれた(23歳)。そうなのだ、新しい世代が知らないことを、伝えていく義務のようなものは我々にもあるんだな、と思った。この先には、東日本大震災を知らない世代も育ってくるのだし。

今回の自転車での旅(と言うのは綺麗すぎるかもだけど)を通して、片山くんは何を感じていくのかな。どんな歌を作るのかな。歴代ライダーが福島を訪れて作ったという、歌い継がれている1曲はとてもとても、素晴らしい1曲でした。

ぜひ、こちらのYouTubeのアーカイブから。お時間ある時にご覧になってみてください→コチラ!ステージでヒロポンさんが「頬にキス」をしているナゾも分かりますよん♪

おつかれさまでした(^^)!

みんなでこの日のごほうび・ラコスバーガーを頬張り(わたしが食べたこちらはレンコン入りの「TENGU BURGER」)、おつかれさんの一杯。本当においしかったな。

風次さん。神戸のライブハウス・太陽と虎の店長さん。風次さんは2012年にカミングライダーがスタートして毎年、同行している唯一のスタッフ(なお、昨年は熊本〜神戸のルートだった)。

こうしてお会いできて嬉しかったです。太陽と虎といえば、そうですね。ガンと闘う、日本一ポジティブなガン患者・松原のライブハウスですね。この日は松原の悪口も言うつもりだったのにねー、あははと笑う。つながるねぇ、うん、つながるねぇ!

「ちえちゃんーありがとうねー、神戸に来いや、もてなすからよ」

「たいていのことは力になれるはずやから言うてな」

なんでもないようなお礼のメールが、涙が出ちゃうほどとっても嬉しかった。行くしかないやん、神戸に!

今日は3人、どこの空を走っているのかな。ぶじに、ぶじに、神戸にたどりつくことを祈ってまっせ(^^)

そんなカミングライダーとの夜の前。大船渡のFM局・FMねまらいん に出演させてもらいトーク。なんだろうなぁ、ラジオの自由さみたいなものを感じさせてもらいました。こういうのが身近さを生むんだろうな、と思いました。

さてさて、そんなわけでわたくし、明日も大船渡に参りますです(^^)!FMねまらいん、開局5周年のお祝いです→コチラ!参加できますこと、とても、とっても光栄に思っておりますし、こんな場だからこそざっくばらんにお話しできるかな、と思う「ラジオ」のこと。わたしも楽しみにしておりますので、ぜひ明日は大船渡でお会いしましょう!

そんな大船渡のポスターにもご注目。こちら、「あの方」にも許可をもちろんいただいた上で作成したポスターなんだそうですよん(ちなみにモデルは地元・大船渡の方だそうです)♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, イベント | キャッセンのあとに〜まだまだ大船渡♪ はコメントを受け付けていません。

ストロンガー☆

キャッセン大船渡のイベントのことはまだ書き足りませんが、

トーキョー・タナカ氏による記念撮影。いい顔してて間違いなく楽しかったけど、寒かったなぁ、と。身体の芯からの冷えは翌日になっても治らない(笑)、けど、風邪を引かずに乗り切ることができたことに感謝!モーモールルギャバンとの最高な飲み会については追って書く♪

さてさて。そしてまた放送の日はあっという間にやって来ます。文化放送『music with you』、2回目のオンエア!

インタビューを収録したあと、MOROHAのAFROさんが「ちえさんも、これ」と。このCDを手渡してくれた。

ユニバーサルというメジャーに所属しながらも、自分たちで自分たちのこの1曲を売る理由。ユニバーサルの方がMOROHAを連れてきていても、この話に触れずにはいられなかったよね(もちろん、打ち合わせの時に確認はしているけれど)。

でも、そういうやり方をしたからこそ、今は、ユニバーサルというレーベルともっと手を取り合っていこうと思ったと言う。どんな状況にいても、どんな立場の人でも、窮屈さだったり思い通りに行かなかったり、それでもやらなくちゃいけない時というのはある。そのために話し合ったり主張しあったり、それこそMOROHAのような荒技さえ起こすことだってあったりするわけで。なんかね、この曲は教えてくれるんだよ、「生きる」ことを。

「俺たちは もっと 強くなりたい」

そう宣言するかのようにして始まる曲。この曲はUKさんのギターがものすごく戦っている感じで攻めて攻めて、攻めまくるのも◎

でも、でも。強くなるには。インタビューでも言ってたんだけどさ、「あぁ失敗したなぁ」とか、「うまく行かないわ」という思いがあるからこそ、だからこそいいんだって。いつまでこんな思い持ってやってるんだろうなぁと思うんだけど、そんな思いがあるからいいんだって、それが自分をまた動かす力になるんだって。MOROHAは教えてくれたよ、歳下がそんな話をしてくれたよ、ありがとう。いくつになっても、それでいいんだ、って。

手渡してくれたCDはこれからのわたしのお守りみたいになりそうだね。

12月のzeppワンマンは、必ず、お祝いのお花持って行くから☆

ということで、これからの放送もどうぞよろしくお願いしまーっす!!!

大船渡でのイベント終了後、探してる本があったので本屋さんに行ったのだけどお目当ての本はなく(つんくさんの本、それこそタイトルが「だから、生きる」か)、なんでこの本が面出しで大きくフィーチャーされていたのか分からないのだけど(いち地方の書店で)、買えってことかなぁと購入。

はー、と。自分が深夜ラジオに出会った頃のことを思い出した。

いま、わたしも深夜ラジオの、ほんのちょっとを担ってるのは間違いないんだよね!

読め、ってことだったんだなーと思いました。いいヒントをいただきました(^^)

Posted in イベント, ラジオ | ストロンガー☆ はコメントを受け付けていません。

2018初フェスMCというミッション♪

大船渡にできた商業施設・キャッセン大船渡でのイベント・andNEXT stage”two”、

今年も2daysで…

さむかった…(>_<)!!!

いろんなMCスタイルがあると思うんですけど、わたしは会場でマイクでしゃべる直前までいろいろ考えて原稿に色をつけるんですが、もうですね、思考回路の働きがにぶく…マイクを持ってステージ出れば鼻水が出ちゃう、いやん恥ずかしい(泣)、でもでも、でもでも!

おきゃくさんが本当にあったかかった♡見てて分かるんですよ、ステージからもちゃーんと!

今回のおたのしみ、あやまんJAPANのみなさんとイエーイ(2日目に登場)!みなさんベッピンさんで脚キレイ!でビビるんですけど!でもステージでのパフォーマンスはいろいろすごかった…記憶にとどめておくだけにしよう。笑

おや…?

パンダ…?

パンダ the mission(自称)、会場に現る!

そして…

MAN WITH A MISSION・トーキョータナカ氏のDJ時にもステージに(パンダ自身は「タナカさんに呼ばれた」と言っているが、乱入のような気もする。笑)!

この謎のパンダは…

みーちゃん細美とも、い〜いツーショットを撮るの巻。みーちゃんが心許してるようないい顔してるな♪

こちら、1日目の打ち上げにて。あぁだこーだ話して、青春しゃべり場みたいになった夜。みんな仲良く、なんてのは無理だけど(と思えるようになった)、でも仮に、どんな言い合いがあろうとも、それは今後良き方向になるために必要なことだから起こることなんだよね、と。人どうし仲良くなれなかったとしても、環境は良くなった、とかさ。人どうし、みんなが絶対的に仲良くできるのなら世の中に争いなども起こるはずがないものね。だからこそ、腹を割ってこういうふうに話すことが、それがお酒の勢いがあったとしても大切なことだと改めて思った。いい加減いい歳したオトナになったとしてもね(^^)

わたしは、ヒロポンさん&ゆうちゃんとあれやこれや。いい時間でした。ゆうちゃん、ありがとう!泣かされてしまうよ、ケセンロックの実行委員たちに。この場でもあらためて、どうもありがとう。でもね、本当に。ケセンロックという現場は今のわたしを確実に作ってる!

Drago AshのATSUSHIさんが「いや〜翌日に現場があるスタッフがこんなに飲む現場ってはじめてだわ!」と笑ってたけど、舞台監督の山品大先生、いつもいろんな現場で会う清水目さん、今回手伝いに来てるクラブチェンジのタカノリもずいぶん楽しんでた夜でしたもんね(^^)貴重だったわ(そして皆さんの名誉のためにあえて書きますが、翌日・2日目のお仕事もちゃんと完璧でした!そしてそしてわたしは、この夜に飲んだというより喋りすぎて、翌日の朝は声がドーンと低くなってしまい、みんなに心配されました→でも本番にはちゃんと◎!やるな、オレ^^)!

いろいろあったけど、一言で言うなら「最高」でしたね♪

さてそんなわけでオレっちもパンダ the mission♪

で、こちらのギターなんですが。すごい貴重なギターなのです。この日、幡ヶ谷再生大学ゆかりさんからお借りして特別に触らせてもらって撮った1枚。世界に4本しかないうちの1本です。

さて、どんなギターかと言いますと→こちらをご覧ください

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, イベント | 2018初フェスMCというミッション♪ はコメントを受け付けていません。

あなたがいればいいのに〜music with you〜

さてさてきのう(というか今日)深夜2時〜『music with you』、お引越しして1回目のオンエアがありました♪

今日が早かったので実はさっさと布団に入ったのですが、夜中にパッと目が覚めた。時計を見たら深夜1時58分。おぉ、やっぱりそうだよな、そういうことだ!とradikoを起動!

ビビりませんか、これ…(~_~;)

メガネびいきとかはたまに深夜に聞いてた番組なんで(炎上を予想するコーナーが好き)えぇえ!?とビビる。ニッポン放送は岡村さんですよ!?もう、人生なにが起こるかわからない…本当に。

たぶんですね、この30分間でできることっていうのがあるんですー。それを自分なりに探させてください。時間が短いだとか録音だからとかそもそも深夜の2時だとか、でも今はそれこそradikoもあるわけだし、何らかの課題を課せられた気がしているんですよねー。しかし初回は同じスタッフで同じスタジオでも不思議な緊張感で自分で客観的に聞いてもムズムズするフリートークでしたが、たぶんすぐに感じはつかめると思う。し、何だろう、この30分でできること、ミッションは何で何を自分なりにできるのだろうか、模索はもう少しさせていただきつつ、何卒よろしくおつきあいくださいませ(^^)

さてさて最近のライブ活動がまったく振り返りできておらずでしてー♪

ちゃんとライブハウスで初めて見るLEGO BIG MORL、とても、とても良かったです!

1曲1曲でドラマを生み出せる歌をうたっているバンドだなぁと。前に番組でもお届けした、やっぱりこの曲が秀逸なのですが!

こういう素晴らしいバラード曲を間に挟んでもライブを続けて成立させられるのがすごいなと。こんな曲があるとその後のライブの構成がすごく難しいとわたし的には思うのだが、その後〜アンコールにかけてもまた盛り上がりを作ったりして、お見事!でした!

いやしかしこの曲ひとつにしてももっと聞かれてもいい曲なんだな。昨年リリースのアルバムに入っている1曲ですが、通して聞いてもやはりぐっと耳に残る曲。「今年は、もっともっと、突っ走りますよ〜やりますよ〜!」と、番組にお電話で登場いただいた時もボーカルのキンタくん(金田、と書くのでそう呼ぶ方が多い)が言っていたので、今年はリリースも含めてこれからの動きを楽しみにしたいな♪

圧倒的に女性ファンしかいないと思っていたら、男の子やスーツ姿の男性がいたのもとっても良くて個人的には安心。ライブあと、「ちえぞ〜!!!」と大きな声で手を振る男性がいると思ったらドラマー・マシータ氏だった。「ちえぞう、レゴにも手を回す気かぁ!」と言われたけど、当たり前じゃん!こんないいバンドをほっとけないですわ!と即答しましたわよ(笑)!思い返せばマシータさんだったり、あの当時のBeat Crusadersともずいぶん早い時からいろいろお世話になっていたと思う。今は立場は違えど、でも、こんなふうにライブハウスで馬鹿言ったりできる環境に本当に感謝なんだな☆

レゴはバンドとしては10年戦士で決してデビューしたてでもなんでもないけれど、なんとなく、これからが、今からが!さらに良くもなって、大きくなっていく気がする(^^)!

ライブ後、リキッドルームから歩いて中目黒に行ってお花見。提灯のあかりは落ちていても十二分にたのしめる。東京の桜、今年は本当に恵まれていたなぁ。花散らしの雨が降らず、気温も高めで。咲き誇っている桜の街道の中を歩きながら、アルコールがおいしく飲めた☆

 

かたや、写真はないけど久々にGOODWARPを見に行ってきました@渋谷ミルキーウェイ♪

たぶん、いろんなことに悩んだりしているのかな(それは今後にポジティブになるという意味で必要なプロセス)、というのをライブを見ながら勝手に感じたけれど、単に東京でのライブが久しぶりだったから、なのかもしれないな。何にせよ、自分たちの見せ方というのをまた今、考えて試行錯誤しているんだろうなというのはすごく分かる。また、ドラムの方が変わらざるを得なかった(肉体的な身体の部分の問題で、仕方のないことだ)ことがまだうまく回っていないのかもしれない。

とは言え、ボーカルの声はもっとエバーグリーンな感じになっているというくらいに澄んでいたし、それがとってもとっても心地よかったのも事実。もちろん、今後もライブを見ていくつもり!

帰り道に出くわした路上ライブが素晴らしかった。「東京カメレオン」というバンドとな。特にドラムがなかなか、全体的にかなりのテクニックでビビる!

GOODWARPの前になんだかんだ、トータル4バンド見たんですが、Healthy Dynamite Clubも出ていましてボーカル・サトリ(大学の後輩)のステージでのキレキレっぷりを久々に楽しみました。彼らもなかなか面白いと思うんだよなぁ、そして「売れてやる!」みたいな気持ちはもちろんあるんだろうけど、でもその思いが全面的でないというか「楽しいのがいちばん!でさ、あとは色々ついてくるっしょ!」みたいなユルい脱力で音楽をやってるのは個人的には好感ですね。言い方悪く言えばナメてる感じがわたし的には◎っす♪

コチラもたのしみ。ライブレポ続きは追って。

さてさてー。ただいま、岩手県に向かっている途中なのです!

この週末(4/7&8)は大船渡の商業施設・キャッセン大船渡でイベントですよん→コチラへアクセス!ぬぅあんと高校生以下は無料でライブを楽しめますよん!来るしかないよね!会場でぜひ、お声かけてくださいね!もれなくワタクシの自撮りにご協力くださいませ(爆)!

ではでは、会場でお会いしましょ〜(^^)♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, ラジオ | あなたがいればいいのに〜music with you〜 はコメントを受け付けていません。