インタビュー

「ファミーユは、宝石箱みたいなお店」〜照井仁さん③

【人を元気にするのは、人の声/1月マンスリーゲスト・照井仁さん】

 

岩手県盛岡市在住でPULLING TEETHTHE BLACK COMET CLUB BANDROODY’Sでドラムを叩くバンドマン・照井仁さんのお話をお届けする3回目!
②の回で仁さんが飲食店をやっていたとお話しをしておりますが、今回はそのお店の懐かしいお話をお届けします(本当にいいお店で、わたしもどれだけお世話になったことか)。

このお店を訪れた有名ミュージシャンのお話や、仁さん曰く「キラキラ先輩」・森重樹一さんとのこと、お店からの話の延長でユニコーン・川西さんとの出会いのお話まで。
仁さんはシンプルに人が好きで、好きな人と話したいと思ったら思い切る。そのちょっとの思い切りが人生をより楽しくしてくれるんじゃないかな、って仁さんのお話を聞きながら思ったりしたのでありました🎶

 

 

【補足】仁さんが当時、わたしがFM岩手で担当していた番組のゲストに来た云々のくだりがあります。これ、当時のことを記したブログが→コチラ
その翌週には森重さんがFM岩手にいらしてくださっています。自分でも読み返して、当時のことを思い出してニンマリしてしまいました(^^)

世の中どこにチャンスがあるか分からない〜照井仁さん②

【人を元気にするのは、人の声/1月マンスリーゲスト・照井仁さん】

 

2021年1月は、岩手県盛岡市在住のスーパードラマー・照井仁さんのお話をお届け!

PULLING TEETHTHE BLACK COMET CLUB BANDROODY’Sのドラマー、というのは①の回でも話しておりますが、その部分をもう少し掘り下げて。バンド加入のきっかけ等を伺っておりますが、編集しながら「すげー!」と何度か爆笑してしまいました(爆)!

「つかみとる男なんですよ、僕」と冗談めかして笑いながら仁さんは喋っておりますが、でも、つかみとることは実は誰でも、どんな世界や業種でも各々、できるんじゃないかな?ほんのちょっとのことで?と逆にポジティブに思えてしまうお話に聞こえるのはわたしだけでしょうか(^^)

ラジオを聞き流す感じでお時間ある時に①から続く形でお聞きください🎶

 

 

【補足①】岩手在住の3人で活動するROODY’S。「約20年近い活動で初めてのAL」と仁さんが語っているアルバムはこちらのサイトから購入できます。仁さんがその歌声に惚れたという唯一無二のボーカリスト・山本司の声とドラム&ギターで織りなす音を是非、聞いてください(^^)

【補足②】ウィキペディアがうんぬん…というお話が出てきますが、「照井仁」のウィキペディアをご覧いただけましたらです!

‘ミュージシャン’ではなく、‘バンドマン’ 〜照井仁さん①

【人を元気にするのは、人の声/1月マンスリーゲスト・照井仁さん】

 

2021年一発目は、岩手県盛岡市在住のスーパードラマー・照井仁さんのお話をお届けします!

PULLING TEETHTHE BLACK COMET CLUB BANDROODY’Sと3つのバンドでドラムを叩く。でもでも、拠点は自分が生まれ育った街・盛岡。「東京に住まなきゃ(バンドが)出来ない、という発想がなかった」といった一言にはグッときました。
仁さんインタビュー1回目では、そんな仁さんがドラムを叩いたきっかけを中心にわたしも知らない生い立ちの部分に迫ります。
そもそも仁さんって?と思う方も、まんず、いいがら聞いでみで(^^)仁さんの笑い声にも癒されてしまうのはわたしだけでしょうか?

 

 

【補足①】盛岡のバンド・ロザリンドのHPは→コチラ

【補足②】パノラマアフロのインタビューが残っていました!→コチラ
そうなんです、わたしもこの当時の車のCMで曲を聞いていて、仁さんと知り合ってそれを知ってびっくりした記憶が今も鮮明です(笑)。ちょうど去年の春にメンバーのわっしーさん(左)にもバッタリ会った貴重なショットも載せておきましょう♪

 

【補足③】岩手県宮古市が生んだスター・ヤスオさんがボーカルを務める雷矢のHPは→コチラ
実は東日本大震災の後にいの一番といっていい動きをされていたお一人がヤスオさんです。そんなわけでこのサイト内にもヤスオさんの動画インタビューをアップしていました。またこのページから見られるように現在調整中です!→コチラ

自分の人生、自分で狭めたくない〜千葉智紹さん④

【人を元気にするのは、人の声/12月マンスリーゲスト・千葉智紹さん】

 

千葉智紹(とものり)さんにお話を聞いてきた最終回の内容は今回のタイトルに凝縮しています。
‘人の好き嫌いは自分には関係ない’、‘インプットすることに対して貧乏性’といった言葉と共に千葉さんの考え方や生き方が面白くて羨ましいなと本当に思ったインタビューでした。というわたしとは裏腹に、千葉さんにとってはお話ししている生き方が千葉さんのスタンダードで当たり前なので、わたしが羨ましいと感じることが逆に不思議でならないといった雰囲気なのもまた面白く聞いていただけるかと思います。

2020年さいごのインタビュー更新ですが、奇しくも千葉さんが最後に話している‘新年の計は元旦にあり’といった部分、千葉さんの新年の計に対する考え方のセンスにはもはや脱帽です。最高です。わたしはこんな思考の人になりたいと思うお話でしたが、聞いてくださるあなたはどう感じるでしょうか(^^)

 

 

 

*かつて、あのヨーロッパ企画も出演したことがあるというお話にはびっくり!関西で開催される野外フェス・『OTODAMA〜温泉魂〜』に遊びに行った時(2016年)の記念の1枚。手にするタオルもウケますね!

 

*千葉さんにご登場いただいた理由を最終回で語っておりますが、そうなんです真心ブラザーズが一つの要因!この秋リリースになった約2年ぶりのAL『Cheer』は会心の1枚でわたしも大好き!リードトラックのMVにしれ〜っと映り込む真心のお二人にもウケるMVを是非🎶

 

「セッチュー フリー サマーフェスタ」のひみつ〜千葉智紹さん③

【人を元気にするのは、人の声/12月マンスリーゲスト・千葉智紹さん】

 

千葉智紹(とものり)さんにお話を聞く3回目。
今回は②の放送の完全な続きですので、②を聞いてからこちらへどうぞ!

最近は毎年10月に川崎のクラブチッタで開催されているサマーフェスタ。10月開催なのになぜ‘サマー’?という意外な理由も明かしつつ、サマーフェスタは決して年に1回の単発イベントではなくここに至るまでのSET YOU FREEから繋がっていることとか、一言で言えば‘ブレずに’千葉さんが音楽イベントに向き合っている姿勢を感じてもらえるかな、と思います🎶

 

 

*2019年・セッチューフリー サマーフェスタ時の我々
(プロレスラーの楽屋訪問写真と笑われますが違います!笑)

 

 

*お話に出てくるLaura day romanceはコチラ!すごく良き!わたしも好き!!

音楽イベント・SET YOU FREEのはじまり〜千葉智紹さん②

【人を元気にするのは、人の声/12月マンスリーゲスト・千葉智紹さん】

 

千葉智紹(とものり)さんにお話を聞く2回目。
色んな顔がある千葉さん、というのは前回のインタビューで少し(そう、ほんの少し)分かっていただけたかと思うのですが、今回は千葉さんがそれこそ“セッチューフリー千葉”という呼ばれ方をしていた時もある、SET YOU FREEという音楽イベントにスポットを当ててお話を聞きます。

…自分で編集しながら、爆笑してました(爆)。このイベントは年に1回、川崎のクラブチッタで大きく催すんですが、クラブチッタ1回目・スタートの回の回想として「日本vs海外」と企画したお話にはびっくり&猛爆!
やっぱり千葉さんは人として、規格外の面白さがあるなぁと思います。ぜひ耳を傾けて笑って、生きるヒントみたいなのをもらってくださいませ🎶

 

 

【補足①】お話の中に出てくるバンド・NUDGE’EM ALLのサイトは→コチラ

名刺も肩書きも必要ない〜千葉智紹さん①

【人を元気にするのは、人の声/12月マンスリーゲスト・千葉智紹さん】

 

千葉智紹(とものり)さん。
とにかくご紹介するのが難しくて…と言うのをこの1回目に凝縮しているのでまずはお聞きいただきたいのですが、わたしが出会ったのは音楽というジャンルを通してです。千葉さんがSET YOU FREE・通称「セッチュー」というライブハウスでのイベントを主宰しており、あんなアーティストこんなアーティストと一緒にライブハウスで楽しいことをしてきた方であります。

と書きつつ、今回は音楽のお話はほとんどございません(笑)。千葉さんの‘音楽以外の’引き出しを開けてみましたが、その引き出し一つ一つでも1ヶ月のトークが成立するんじゃないかな?というくらいのお方だと思います(^^)

 

 

*お話にも出てくる、岩手県盛岡市で開催の『いしがきミュージックフェスティバル』打ち上げでの1枚(撮影;千葉さん)。真ん中に写るは高校野球大好き芸人でおなじみ・いけだてつやさんです。2018年、千葉さんといけださんは同フェスのとあるステージで高校野球トークを繰り広げました!
今回のインタビューで「自分で枠を作らない」と語っておられるあたりが個人的聞きどころです。どうぞ最後まで‘聞き流し’てください!

はしるひと〜田原104洋さん④

【人を元気にするのは、人の声/11月マンスリーゲスト・田原104洋さん】

 

田原104洋さん・通称104さんにお話を聞く最終回。
展開しているお洋服ブランド・Mobstylesは今年20周年。3月には色々なアーティストたちを迎えて20年をお祝いする4日間のイベントを行う予定でした。

イベントについて思うこと。今後のイベントについて思うこと。取りとめのない話とはいえ、ほんの少しフェスやイベントを行う立場に立って、誰しもが考えられるお話ではないでしょうか。いかにフェスやイベントを運営するということが大変なことなのか、精神的な部分で考えられるお話だと思います。

…そして結局、やっぱり、「走る」話になってしまうという(笑)。
本当にいい顔しながら最後おしゃべりしていた、104さんのお顔を写真に収めておきたかった(悔)!!!

「104さん、コロナ禍の時にこのサイトであんな話してましたよね!」
って笑って、音の鳴る場所で(走りながら?)、皆さんとお会いできる日が来ることを願って!
どうぞお聞きください(^^)

 

 

※11/30(Mon)20:00〜1週間限定公開でした

 

【補足①】京都大作戦でも毎年パフォーマンスを見ることができる、大阪籠球会オフィシャルサイトは→コチラ

 

さいごに…
104さんとわたしを強力に結びつけたバンドがいるのです。それが彼らだ!喰らえ!!

ことばがもつ、ちから〜田原104洋さん③

【人を元気にするのは、人の声/11月マンスリーゲスト・田原104洋さん】

 

田原104洋さん・通称104さんにお話を聞く3回目。
今回は前回のお話に続いて104さんが展開するブランド・Mobstyles15周年ツアーのお話から、東日本大震災が起こって以降、岩手県の沿岸部・釜石市に毎年行っている理由を語っています。

わたしもまさかの、まったく知らないお話でした。
音楽が好きとかアパレルに興味があるとか関係なく、岩手県民には是非聞いていただきたいです。

ソナーポケットのメンバーだと思われたエピソードもご愛敬。クスッとできるお話を聞いた後に、補足部分を参考にされてください。

 

※11/23(Mon)20:00〜1週間限定公開でした

 

【補足①】岩手県釜石市の駅近くにあったテントは「シープラザ遊」。現在は「シープラザ釜石」という建物ができています。

【補足②】the telephonsのメンバーが釜石とゆかりある件は、FM岩手釜石支局のブログに記載がありましたのでどうぞ→コチラ

【補足③】釜石に拠点を置き、平野さんが主宰している格闘技ベース・「グラアカ」については→コチラ

 

*トップ画面のリンゴとアイドルちっくでお茶目な104さんのお写真ですが、実は先週・11/18(水)に長野へ行ってきました。昨年の台風で甚大な被害を被った場所に104さんが寄贈した高圧洗浄機がありまして、実際にそちらを動かしつつ地元の方々と色んなお話をしてきました。詳しくは『幡ヶ谷再生大学』のツイートをリンクで貼るので、こちらをご覧ください。

 

ラジオから生まれた、色々なきっかけ〜田原104洋さん②

【人を元気にするのは、人の声/11月マンスリーゲスト・田原104洋さん】

 

田原104洋さん・通称104さんにお話を聞く2回目。AIR JAMやフジロックフェスティバルのホワイトステージ、京都大作戦でもMCを務める104さんの10-FEETとの出会いも何とも面白いエピソードをお届けします(^^)

「フェスのMCは出演者でなく、裏方代表。裏方を代表してモノも言われるし、ありがとうもごめんなさいもする」…この言葉には激しく同意と同時に、このお言葉を聞けて自分的には104さんへインタビューが出来て本当に良かったともインタビューをしながら実は、思ったほどでした。

本当に、終演のアナウンス時なんかプレッシャーだしこちらだって辛いのです。お客さんの盛り上がりをぶった切るように終演を伝えなくてはいけないというのは。「ちえさん、そんな役回りをごめんね」って言われたこともあります。でも、わたしがマイクを持たせてもらっている現場では正直、見たことがない景色が海外アーティストが出演するフェスだとあるのですね…というのがなんとも面白い(と言ったら失礼ですが)エピソードをほんのちょっと、104さんが話してくれています。

今年は色々なフェスが開催できなかったけれど、きっとまた104さんがマイクを持つフェスが開催されることを想像しながら、耳を傾けてみてください🎶

 

※11/16(Mon)20:00〜1週間限定公開でした

 

【104さんとご一緒した現場での1枚/POWER STOCK in 宮古(2017年)】

MC&走るひと〜田原104洋さん①

 

【人を元気にするのは、人の声/11月マンスリーゲスト・田原104洋さん】

田原104洋さん・通称104(トシ)さん。
今回、インタビュー企画を考えた時に最初にピンと来たのはこの方でした。

毎日アップされる娘さんへの朝ごはんが面白いのは愛あふれるゆえだなぁと思うし、Tシャツとか洋服のアップも見かけるし、なんだかよく走っておられる方だし…個人的に、「一体何者なのか、もっと知りたい!」と思ったという方が、ピンと来た理由かもしれません。

実際にお話を聞き始めたら、わたしが知っていた上の上を行くエピソードがあれやこれやと…!
まずは1回目、耳を傾けてみてくださいませ(^^)

 

※11/9(Mon)20:00〜1週間限定公開でした

 

*娘さんへの朝ごはん写真も見られる、104さんオフィシャルツイッターはコチラから

*お話の中に出てくる、ランニングステーションやカフェを併設する「&MOSH(アンドモッシュ)」のオフィシャルサイトはコチラ

*同じくお話の中で、体操服屋さんこと(笑)「MOBSTYLES(モブスタイル)」のオフィシャルサイトはコチラ

ライブハウスで、会って話そう〜写真家・石井麻木③

カメラマン・石井麻木(いしい まき)さんのインタビューをお届けしてきた3回目、今回が最終回です。

2回目のインタビューで『SAVE THE LIVEHOUSE』というワードが出ましたが、改めてそのプロジェクトのスタートのお話から、新たに全国のライブハウスに麻木さんが直接出向いてスライド写真展を行うお話まで。
最後には麻木さんへのサプライズもあり、トークしている我々の感情がごちゃごちゃになってしまっている様をどうぞ楽しんで、お聞きいただけたら嬉しいです。

麻木さんのツアーがあなたの街にお邪魔する時には
是非にライブハウスに駆けつけてもらえたら
とってもとっても、嬉しいです!

麻木さん、行ってらっしゃい!

※10/26(Mon)20:00〜1週間限定公開でした

 

【SAVE THE LIVEHOUSE①】
麻木さんが1人でグッズを手配し配送まで行ったプロジェクトは第一弾〜第五弾まで。
そのレポートはこちらをご覧ください

【SAVE THE LIVEHOUSE②】
スライド写真展のスケジュールはこちらから。チケット完売のところも出ていますのでお早めに!

おまけ!!!