一考察♪

ただいま、FMヨコハマ・北村(浩子)さんの「Books A to Z」最終回を聞いてました。

そう、あれは震災の年の秋ですね。関東に引っ越して仕事をはじめ、その時に北村さんがお食事に誘ってくださいました。こちらは緊張しながら向かったのだけど、北村さんは本当に、ラジオという、声と言葉のメディアが好きな方なんだなぁ、と思った。あの時の印象は、今も、そして今日の放送を聞いても変わらずでした。

北村さんは、ワタシもモチロン誰もがうらやむ正統派で、声もイントネーションも狂いがない。今週の週刊新潮、みのもんたさんがこんなことを;引用すると「最近はアナウンサーと言える人が少なくなった。僕らは発音やアクセント、イントネーションと、まず基礎をやらされたけれど、今はみんな自由気まま。それが個性だとされている風潮だしね」…唸らざるを得ません。そういう基礎がベースにちゃんとあって、そこから個性を出していけるものだとワタシも学んだクチである(いちおう)。そしてそんな基礎づくりというのが意外に難しいのだけど、北村さんのその基礎の力たるや。からーの、誰も追いつけないような本、一冊一冊に対する洞察と伝える力。

番組はいつか終わる。どんな人だっていつかは死ぬ。それ自体は悲しいことではあるけれど、当事者というか主体の人間はどう思っているのだろうか。ワタシ的に考えると、イベントのMCだって始まると終わりが来る。でも、その時に「いい1日だったなぁ」と。流す涙もこの先、良かったなぁ、幸せだったなぁ、と。そういう涙でありたいと願う。そしていつか迎える、人生最後の時も☆

20170331-083722.jpg

きのうはRIAさんが岩手・大槌から来てました♪

震災後、大槌の合同慰霊祭のお話と写真を見ながら、涙が止まらなくなってしまった。

そう、この映像に写る。

震災から2か月経たない頃、まだお花の供給もままならなかったんですね。この映像でたくさんのお花がお寺に置かれているけれど、このお花は実は。東京から届いたものだということを知りました。

RIAさんの故郷、東京・大森のお店の方々がいろんな形でお金を集めて、知り合いに大田市場の方がいて、とても安価でお花を譲ってくれたりなんてこともあり、こんなにたくさんのお花も備えることができたのだと。

でも菊の花というのが大変で、葬儀の時に花を咲かせるにはつぼみの状態で現地に送っておかないといけない、とか、そんなことでドタバタした出来事を、笑いながら話したりして。

お花の力もすごくて、あの時、お花をもらって喜ぶ方や笑顔になる方もいれば、お花の受取もせず、目も合わせられない方もいたと聞く。当たり前だが、いろんな方がいる。ワタシはいつか、時が経てば、どんなことも笑って話せる時が来ると信じたいけど、でも、そうならない出来事やそうできない方だっている。

いろんな方がいる。いろんな出来事がある。寛容でありたい。

20170331-083728.jpg

お花も心を豊かにしてくれるものだけど、本や音楽もきっとそうなんだよね。震災後に沿岸部の書店(さわや書店)がオープンしたら、お店に人がドッと流れ込んで片っ端から売れていったと本でも読んだ(「まちの本屋」さわや書店の田口さん著)し、FM岩手でもいちど音楽が流れたら、音楽リクエストも添えてメッセージが増えていったように思う。

そして、食だって。豊かにしてくれるよね。きのうRIAさんが連れてってくれたお店がまさに、大槌にお花を集める中心になってくれたところです。ポテトを頼んだらクマちゃんポテトが入ってました♡RIAさんの同級生がママのお店、お花を持って、他にも食料やらいろんなものを持って大槌に行ったお話を聞きました。今だから笑える話もね(笑)、そして今でも年に1回は大槌に行っているそうです(^^)

そんなきのう夜。子どもの6人に1人が貧困で、「こども食堂」の特集を見て胸が締め付けられる思いでした。給食以外にバナナ1本で過ごしている子どもの後ろ姿を想像するだけで…と、こども食堂の方がおっしゃっていたけれど、その想像は何にも変えることができないくらい辛いです。震災の時、ワタシも食べられない時間を経験しました(その時間は津波が襲った街の方々に比べれば、はるかにはるかに、短いものですが)。子どもの貧困は、一時的でない問題のような気がして、果たしてどうしたら良いものか、と。今朝起きても堂々と巡っていたりします、実は。

Posted in つれづれなるまま。, ほぼ毎日更新From ケータイ | 一考察♪ はコメントを受け付けていません。

Teen’s Music Camp!

春休みのおたのしみ☆

20170330-173749.jpg

予想を超える応募の中からステージに立った9組。こんなにいれば今イチなバンドなんかがいてもいいのですが(数の論理的にも)、この日は全てのバンド・アーティストがそれぞれ、個性を芽吹きつつあるのを感じられて、一言で言うなら「クオリティ高っ!」な1日でした!

A11(オール)Your Daysはそう時間かからず音楽シーンの上に上がって行くのではないでしょうか。多国籍バンドでボーカル男子は韓国とのハーフ、「日本語つたなくてすみません」なんて謝られたけど、なんのなんの!まったく拙くなんかない、で、韓国語も英語もできる。他メンバーもそんな方が。いま、ONE OK ROCKが世界を相手に頑張ってるけど、そんな感じで日本のバンドにはワタシはどんどん出て行ってもらいたいと思ってるし、なぜできないかと言うとやっぱり言語の壁というのは大きいわけで。Crossfaithのメンバーも現地ではスタッフと英語でやりとりさせて、英語に困らなくなってきているというマネージャーさんの話も最近読んだ。海外に出る時に、日本流を持ち込んでもきっと何とも立ち行かない。バブルの時代は良かったかも、だけど。

個人的にいま、フランス語もだいぶ聞けるようになってきたかな〜(まだまだだけどね)と思ったりしている中。羽ばたきたいバンドやアーティストがいるなら、そしてワタシ的にもピンと来たら、出会いがあったら。喜んでサポートができる準備は自分なりに着々と積んでいるつもりです(笑)。あとはやっぱりアジアの言語がちゃんと出来るようになる、だな…うむ。

おっと、話が逸れましたが、そんな可能性も感じるバンドがいたり、新潟からやって来た弱冠15歳の琴音ちゃんも間違いなく、もっともっと多くの人の心をこの先震えさせてくれるだろう、天賦の才がある。個人的には横浜のバンド・tribeに期待したい、今ドキ要素も入れつつ、ちょっとくすぶってる横浜のシーンを明るくしてくれるんじゃないかな、という予感がする!

もうですね、一組一組、感想を全部書けるよ。それくらい、記憶に残る出演者たちばかりだった!

20170330-173755.jpg

今回は知ってる顔ばかりの現場。ホントにロフトのMCで鍛えてもらっているところもあります。過去のTeen’s Music Campから、グリムスパンキーやら最近だとMr.s Green Appleなんかも出ていて、過去にはSuchmosのヨンスさんも別バンドで出ていたとな。この場から羽ばたいて、というのは、MCとしてのワタシも。このMCを通してもっともっと、大きな舞台にMCとして出ていくべくまだまだ、がんばります(^^)

そしてそう思うのは…この日見た、バンドやアーティストのみんなが大きくなっていく姿を自分のこの目で、見たいから。それくらい楽しみだし、そんなわけでヘタってなんかいられないんです♪

20170330-173802.jpg

ロフトのバーでおつかれちゃん。久々にみんなと話せて、そんなわけで終電になるのはしゃーないっすなん。刺激的なおもしろい人たち、こうしてロフトのステージに立っている自分が本当にシアワセでなりません。また、それ以外での音の鳴る場で会ったりすることも今年もありそうなので、精進します♡

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | Teen’s Music Camp! はコメントを受け付けていません。

貧乏なんで暇がナシ!

あくせく、あくせく生きてます(^^)

20170329-164111.jpg

サウスバイ(South by south west/アメリカのフェス)のおみやげもらったー!いいデザイン!いいなー、いつか海外のフェスにも行ってみたい!

20170329-164118.jpg

先週、アド街ック天国で見たラーメンを食べに行った。普通のチェーン店かと思って敬遠していたところがあるのだが、テレビの影響力はまだまだデカいね(笑)!にんにくがごろっと丸ごといっぱい入っててビビりました☆

20170329-164123.jpg

昨年、東北復興を願ってポケモンGOが行ったキャンペーンが「ラプラス大量発生」。岩手県知事の達増さんもそのツイートを積極的にして盛り上がったりなんかして(熊本の復興を願って「カビゴン大量発生」なんてのもあったね最近。よき試みだと思います)。なかなか出現しないレアキャラなんですが、そんなラプラスをついに!ついに!!ついに!!!ゲットしました(花)(泣)!!!

(キャラについての細かい説明は省略)

20170329-164129.jpg

きのうの新宿ロフトのイベントは素晴らしかったなー。今後の音楽シーンを担うであろう9組が、どれもこれも印象に残る個性があった件。追って書きます。ひさびさロフトでいろいろ語らってたら終電!ダッシュしたー(笑)、でもトシを感じたー(爆)!

20170329-164135.jpg

きのうはこのTシャツを引っ張り出して着てました。そんな矢先、この会場で撮影されたチーム・バダスの4月スタートカレンダーが届きました。本当に毎年、いい笑顔のカレンダーなのですが、新年度のものも、こちらが笑顔になってしまうようなカレンダーなのです(^^)

やっぱり笑顔って大切。笑顔でいればなんとかなる気がする。そうだそうだ、と、カレンダーを見てニンマリ。

新年度はまた新しいタイプのライブやフェスMCの予定があります。音の鳴る場所で、これからもいろいろな出会いがありますよう。そしていろいろな方とお会いできますよう。きのうの若者たちのライブを見ていたら、彼らの未来を見届けたいなと、まだヘタってられないなと、痛感しました(爆)♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。 | 貧乏なんで暇がナシ! はコメントを受け付けていません。

大人の言うことを聞け☆

なかなかに含蓄あるNakamuraEmiの曲が耳にとても残る☆

世間は卒業シーズン。そんな時期に、我が師に立て続けにお目にかかる機会がありました。

渋谷109前で待ち合わせ。もしかしてオドオドしたりしてるかな?不似合いな場所にいるところを激写してやろう(ウシシ)…と、待ち合わせ時間前に張り込み。

時間過ぎてるけどな。先生、まだかな?

ん??

なんか…

怪しい人が近づいてくる、ヤバい。これは場所移動しよう。これマジ目つけられてるっぽい…

………先生のほうが一枚、上手でした。

20170325-104720.jpg

このお姿なら不審者と思うのも仕方ないでしょ(笑)!

ワタシが大学生の時に学生バイトをしていた、日本テレビ・ズームイン!!朝!(あの当時の番組)の放送作家、Y先生です(隠す必要もないでしょうが。笑)。蜷川幸雄さんよろしく、灰皿が飛んで来るんではないかと思うような現場でした…バカもの!バカもの!何度言われたことか。笑

この日もお連れする場所にストレートにたどり着けず、まず「バカもの!」と言われる件。でも、「今日は‘バカもの!’と言われるために来ました!」と返すオレ。少しは成長しましたかね(してないか)?

でもあの時の経験が確実に今のワタシを作っているわけで。「書き言葉ではなく、話し言葉で」を徹底的に叩き込まれた。ラジオの仕事をはじめて、ニュースをすぐ読まなくてはいけない時だって、新聞を読みながらすぐ話し言葉に変換できる。鍛えられたと思っている。

そして。「現場第一主義」なスタンス。何か大きな事件や事故があった時には、キャスターのトメさん(福留功男さん)共々、スタッフも現場に飛んで朝から生放送をした。残念ながら今や、そんなテレビ番組はないのではなかろうか。地方局と中継を繋ぐスタイルも皆無に等しい。時代が変わったとか、それでは視聴率がとれない、とかそういう理屈はあるのだろうけど、芸能ニュースの繰り返しを朝から誰が見たいのか。

20170325-104727.jpg

渋谷のど真ん中にあるイワテバルに行きまして。サービスで泉金酒造(岩泉)の「結の香」をいただく(結の香についての説明はコチラにゆだねる)。マスターの佐々木さんも岩手・釜石出身。新鮮な岩手のホタテを使ったアヒージョに舌鼓を打った♪

20170325-104733.jpg

この日、先生のお気に召した(こんな写真のお顔でも)のは「わしの尾」。八幡平のきれいなお水で造っているのもあると思うんですよね、おいしさのヒミツ。そしてこの銘柄はなかなか、関東では飲めるお店はありません(基本的に地元流通のお酒だからね)。

そう。「現場第一」だからこそ。先生は震災後、お電話をくださり、岩手の沿岸部をいっしょに廻った。あれから6年経つのに、おまけに齢60を過ぎても(失礼な)、先生の記憶はあの時に飲んだ銘柄も含めて鮮明で、それに比べてオレときたら「そうでしたっけ?」とか言う始末(そして「このバカもの!」と言われる始末)。

あれから、6年。今年の夏は先生を岩手にご案内する約束をしました。今を、見ていただきたい☆

6月11日(日)、宮古でPOWER STOCKが行われます。第一弾アーティストの発表ですでに豪華ですが、このタイミングで岩手の沿岸部に来るのはいかがでしょう?かなり先生にとってはにぎやかな音楽ですが…と言ってみたら、意外にも乗り気だった件(爆)!「オレはね、あれだよ!ビートルズの武道館だって1列目で見てるんだからね!◯×○×………」…もうですね、書けない話がいろいろなんです。‘先生’とは呼んでますが、若い時には、そりゃあもう…いや、今もか?笑笑笑

20170325-104739.jpg

「あれ?ちえさんですよね?」…とある人物(岩手出身)のウエディングパーティでご一緒した方々がたまたま隣り合った件(爆)!イワテバルすげーな!!!そんでもってこのメンバーで最終的に飲むの巻。岩手バンザイ!

(余談ですが、前にちらっと書いた、誕生日がまさに同じなのがY先生です。ふふふ…)

20170325-104745.jpg

大学時代のゼミナールは、まさに。リベラルアーツを実践する先生のもと、過ごした2年間でした。ワタシは葛田ゼミ2回生ですが、約20年間、先生がゼミ教員を務められて後半は法学部全体でも上位に入る人気ゼミになったそうです(かなり年下の後輩が教えてくれた)。「ワタシの時なんか、どうにもならない人間ばっかりいたはずですけどね」と、この日も遠慮なく言ったら「まさかまさか!」と後輩が。にこやかに笑いながらやりとりを見る先生。ただでさえ、労使系のゼミなんて人気なんか出ないのだ、ちょうど労働組合なんてのも下火だったりなくなってきてるご時世、そんなのを専門にした人間なんて企業側もまだ難色を示した時代、でも、そんな時代でも確かに。ワタシの同期もそれなりに、ちゃんとした会社に入った人間が圧倒的に多い。

先生がいろんな方に会わせてくださったり、ゼミナールの授業に講師として呼んでくださったり。つまりは、企業に有益な人材となるにはどういう考えを持つべきなのか、どう考えていけば良いのか、そういうことも教えてもらったのだ、と思う。教科書なんてなかった、直接聞くお話や、直接どこかに出向いて見聞きすること、それを大切にしてくれたゼミナールだった。

つまりは、Y先生もスタッフだったズームインのチームのように「現場が第一」を。ゼミナールでも教わっていたのだと、この年になって初めて感じた☆

20170325-104750.jpg

ゼミの後輩のお店へ。吉原にあるお寿司屋さんです。吉原の歴史、江戸の大火についての話も交えながら。そして、歌舞伎の世界に造詣の深い先生のお話がこれまた興味深く。きっと大学時代や卒業してからも聞いているのだろうけど、今になって少し理解できたというのか。歌舞伎、見に行ってみようと思った(先生に連れてってもらおう)!

20170325-104756.jpg

あれこれあれこれ出てくるお料理に最終的に写真なんか撮れませんでした。生きた車えびなんて初めて食べましたわよ!

シメの「赤寿司」がまたおいしいのだよね、これが(写真ナシ)。なかなか関東では食べられない赤寿司!

20170325-104802.jpg

あっという間の時間だった。先生には、いつまでお世話になり続けるのか。いや、一度くらいは。またがんばろうと思った。

先生がお話ししてくださった。「チエちゃんがちょっと特別だったのはね、学生時代から自分で働いて、まっとうな対価を得るということをちゃんと実践していたんだよ、あの時から」…というようなことを。もっとスマートに先生は表現されておられたのだけど(ほらやっぱり今ひとつな記憶力。苦)。先生がそのようにワタシのことを見てくださっていたのは、嬉しいを超えて、誇りだ。葛田先生、先生のゼミナールで学べたことを、在籍できたことを。この年齢になって改めて強く、なんて素晴らしきことだったのだろうと思っています。

師は、いくつになっても、いつまでも、師。そんな師に巡りあえた自分の人生。幸せなことであります☆

Posted in つれづれなるまま。, ほぼ毎日更新From ケータイ | 大人の言うことを聞け☆ はコメントを受け付けていません。

☆雫石おじき 還暦祝い☆

ということで過日の三連休は、ワタシにとっては盛岡・いしがきミュージックフェスティバルでお世話になっております、雫石さんの還暦を祝う会があったのでございますん♪

20170323-081839.jpg

マツケンサンバで華麗に登場!?

20170323-081846.jpg

殿様姿で焼きそばを振る舞う。これがまた美味なのよ〜!

雫石のおじきは震災後、『復興食堂』というプロジェクトにも先頭を切って参加されておりまして。ワタシも何度か帯同させてもらったことがあるのですが。この味なのですね。この日、懐かしい思いで食べていらした方もきっといることでしょう☆

20170323-081852.jpg

大槌在住・ノリシゲ&RIAさんの名曲『歩きましょう』を歌うおじき。また袴姿も似合うったら!

(裏話としては、この日に着付けを担当された方が「こんなに殿様や袴が似合う方は岩手ではいないかも」とまで言ったらしい!)

20170323-081900.jpg

最終的には…還暦祝いなんでね。お約束の♪

しかしステージのみならず、会場のアトラクションもさすがの雫石スタイル!

20170323-081908.jpg

地酒3種類とともに、それに似合うおつまみを3種類。青森(だったと思う)/岩手/宮城×2バージョン で用意されてる。宮城のシリーズはついお替わり。牡蠣の半生ふうな薫製もまた美味で、ホヤも最高!お酒を飲み楽しむパーティだったよね!?と聞かれたらイエス!と言ってしまう!みたいな!おじき、さすがです!!!

まっそんなわけで気になるコチラの『かくし酒』ですが…

20170323-081915.jpg

ホントにこんなラベルです。そしてこれが、蔵元さんから直接手にしているもので、買えないシロモノなのでございます。まぁすっきりしてて、おいしいったら!「もう1杯、これだけもらっていい?」ってお替わりに行きました(笑)!

しかしアナタ、後ろ姿が…(~_~;)

20170323-081922.jpg

これ!!!

20170323-081951.jpg

ホテルでのパーティが終了後、2次会まで時間があったので。ぴゅーっとSUNボスのお店(かもし処 SUN)へ♪

20170323-081957.jpg

春ですなん。バッケが出てきた。この苦みがいいんだよな〜♡

さてさてこの日の‘1杯勝負’はコチラ!

20170323-082002.jpg

「ちえぞう、辛口とそうじゃないの、どっちがいい?」…ボスのこの質問に答えてボスにお任せするのが一番。この日はリクエストも加え「辛口で!でも、岩手県外のお酒がいい」と伝えたところ…

なんと…こんなお酒があるんです。ボスが足を運んで、手に入れたお酒です。詳しくは→コチラ

2月23日、静岡県の『富士山の日』、この日だけ手に入れることができる限定のお酒。神々しい味がしました。そしてやっぱり、水がおいしいんだろうなぁというのが伝わる感じがします☆

…しかししかし、ボス!日本酒への飽くなき探求とその行動、すごい!!!

20170323-082011.jpg

さてさてお待たせ!2次会スタート!

2次会もサッキーが進行を務め(奥に写る。ワンピースも含めてなんてカワイイ!)、2次会はウェディングにしてもそうだけどまぁ‘無礼講’になる、ってもんでね♪

しかし突然のスピーチになんもうまいこと言えなかったオレ…油断すな。そしていつ何が来ても大丈夫な、ウマいこと言えるように鍛えよう…いやぁ、何事も油断はいかん。油断は!

20170323-082017.jpg

雫石さんとの面識はやっぱり、いしがきミュージックフェスが始まりだと思います。某・大手広告会社の方にも関わらず、盛岡なまりも結構ひどいし(笑)かなりの酒量だし、ホントにそこの会社の方なのかなと失礼ながら思ったほどです。ヘタに若者よりもお酒につぶれませんからね、決して(この日も2次会後、朝方までだったらしいです…爆)!

ただ、やっぱり「盛岡愛」がすごいんですよね。そして、そんな盛岡でがんばっている、自分が信じた若者のトライをとにかく見守ってくれる。その上で、盾が必要な時には自らが盾となる。いしがきミュージックフェスを続けていくにあたって、ワタシが一歩引いて運営委員の姿を客観的に見ると、そんな感じがします。最初はマジで怖かった(写真は笑顔だけど、笑顔でないと威圧感がある。笑)けど、今や、昔・昭和にはもっといたであろう、良き会社の上司であるような、そんな方だと思います。

雫石さんがいるから、そんな雫石さんになるべく負担やら何やらがかからないように。自らの手で、がんばろう…雫石さんの存在が、いしがきミュージックフェスのモチベーションにもなっているところがあるような、そんな気も、勝手ながらしました。でもそれは、良く言えば、良きサイクルだとも言えると思うんですよね(^^)

雫石さんの先輩から、我々、そしてもっと下の世代まで。多くの世代が集ったのを見ても、慕われているその姿が分かる。雫石さんの還暦を、そんなみんなで、祝った夜でした☆

20170323-082023.jpg

おとうさん(KESEN ROCK FESTIVAL実行委員長)の「ラーメン食べたい」攻撃につき合う。はー久々にやっちゃった、シメのラーメン!でもこれが、ウマいんだよなぁ…(汗)

さてさて。おまけ。

20170323-082031.jpg

会場でのスライドにて。おっしゃる通り!

20170323-082037.jpg

祝辞を述べた、『世界のパイセン』こと、大槌・田中パイセン。こう紹介されておりました。

‘真の恋の道は、茨の道である’という、シェイクスピアの名言から…

‘真の男の道は、正道(←パイセンの本名)である’…ただただ爆笑、ひたすら爆笑!!!

どんなにいい大人と出会えるか、どんな仲間たちに出会えるか。‘人間力’はそういう、出会う人でしか磨かれないものだと思ったのでありました☆

Posted in つれづれなるまま。 | ☆雫石おじき 還暦祝い☆ はコメントを受け付けていません。

幡ヶ谷再生大学〜KESEN ROCK FREAKS

三連休。ビクターロック祭りの後は、夜走りの車に便乗させてもらいまして一路、岩手へびゅーん♪

20170322-094302.jpg

おはようございます。千葉組おニューのヘルメットで自撮り☆

さてさて音楽好きにはすでにとっても話題になっておりますが、大船渡に「キャッセン大船渡」という商業エリアがオープンします。つまりは、かさ上げされた場所に改めて、これまで仮設店舗で営業をしておられたお店の方々が、きちんと立てられた建物の中で営業をスタートするのです→詳しくはコチラ。そんな場所が、なぜ音楽好きにとっても話題か、というと→コチラ

そしてそして、そんな「キャッセン大船渡」に。ライブハウスが入ります。これまで、仮設商店街の中にあった大船渡FREAKSが、名前も新たに「KESEN ROCK FREAKS」へと変わって。これから、大船渡の街にどう‘音楽’を鳴らしていくのか。たのしみですね(^^)

そんな、ただいまオープンに向けて建設中のフリークスに。1日、幡ヶ谷再生大学が入って作業をさせていただくことになり、お邪魔してきました。以下、幡ヶ谷再生大学ツイッターから写真を転載しながらレポします♪

(ということで、作業にあたってヘルメット着用は必須です)
20170322-094308.jpg

朝10時集合、にも関わらず9時半頃には参加者が集合しているあたり。いざ、現場に入る前に注意事項など、千葉組・ヒロポンさんから説明が。

今回の作業は…

20170322-094318.jpg

このように、防音のために布を敷き詰める…モチロンただの布ではない、こちらは。2015年の茨城〜栃木エリアで甚大な被害をもたらした洪水で、被災したTシャツ工場のTシャツなのです。

これまで、幡ヶ谷再生大学は。こちらのTシャツ工場での作業も続けてきました。膨大な膨大な、それこそ、廃棄するしかなかったかもしれないTシャツ。ひたすら、洗って干して、乾かして畳んで。使えるTシャツは賛同するアーティストたちが「リユースTシャツ」としてバンドTシャツにしてくれた。そして傷みがあるTシャツは、今回。新しく完成するライブハウスの防音材として生きることになったのです☆

こうしてひたすら、ぎゅぎゅっと詰めて。最終的に覆われてしまうのでTシャツは見えなくなりますが、ライブハウスを訪れた時に「壁はこうなっているんだな」と思ってもらえたら(^^)

20170322-094325.jpg

土のうを詰める作業も並行して(モデルはフリークス店長・ヤス)。しかしこの日はいいお天気に恵まれて作業日和でした♪

しかしこの土のうが重いのよ(笑)、でも女子たちも元気にこの土のうを運ぶ運ぶ!幡ヶ谷再生大学は活動のたびに集まるメンバーが違うのだけど、いつ行っても本当によく動く方たちばかりで感心してしまいます。

さて、こちらの土のうがどうなるのか、と言うと!

20170322-094332.jpg

ステージがこうして組まれて行く中、この部分に収まるのです。Tシャツも使いながら、ステージは完成していく。こちら午後の作業は残念ながら、ワタクシ移動につき活動できていないのですが、順調に進んだはずです。

完成する前の、建築中のライブハウスを見られる貴重な機会でした。本当に、多くの方の手や協力や支援によって生まれるライブハウス、いよいよ4/22のオープンまであと1か月を切りました!さて、どんなライブハウスが大船渡に生まれるのか。俄然、楽しみです☆

Posted in 3月11日, つれづれなるまま。 | 幡ヶ谷再生大学〜KESEN ROCK FREAKS はコメントを受け付けていません。

好きなもの 好きなひと 好きならもっと 好きになれ♪

さてさてー!

本日、東日本大作戦番外編・Day-2の模様がスペースシャワーTVでオンエアされます!リンクのスポットを見るだけでも思い出すなぁ!また、トークイベント時のお写真も全アーティストアップされています。こちらも併せてご覧のほど→コチラ(^^)

ではちょっと、最近の音楽のことを振り返って♪

20170321-094427.jpg

三連休に行われたビクターロック祭り。初回開催以来でお邪魔しましたが、タイトルのごとく‘お祭り’感がとっても進化しておりました。盆踊りを思わせるちょうちんだったり、射的(だったかな?)やスマートボールなどの縁日ふうアトラクションもあり。欲を言えば、飲食ブースにもう少し個性があるといいな…とは思いましたが。でもオフィシャルビールがサントリーで、プレミアムモルツだったのは◎!

20170321-094434.jpg

それと今は2つのステージ制になっていまして、代わる代わるライブが見られるのも良いですね。ステージの大きさも出演アーティストも好対照という感じが。

見た中では、竹原ピストルさんがダントツでナンバー1でした。まず、スタートの出ばやしで「DJダイノジ」が出てしまう(これは明らかにスタッフのミス)。1曲目、歌いはじめるやマイクがハウる(キーン!と音が鳴る)。でもそんなトラブルなんて何のその。むしろそれすらも味方につける。ギターがいれば何も怖いものなんてない、ギターと一心同体な姿。最後には自作のポエムを。

「アンダーグラウンドから のろしが上がるぞ のし上がるぞ」

言葉を畳み掛けるように読むそのポエムには、久しぶりに心臓が震える思いでした。何度も何度も見ているはずなのに、どうしてこんなに竹原ピストルに魅き込まれてしまうのか。

この日、大トリのサカナクションは素晴らしかったー。こんなバンドいないですね、という唯一無二感。でも、歌う曲は中高生の合唱コンクールなんかに使われてもおかしくない。すごく不思議な、他のバンドが絶対に持てないバランスがあるバンドですね。横一列にメンバーが並んで、シンセサイザー?みたいな楽器やDJセットをおのおのが触りながら演奏がはじまる。ダンスミュージックやテクノliveのようで、でもサカナクションのポップが流れる。またゆっくり、ライブを見たいと思ったです。レキシ先生はさすがの一言。あそこまでエンターテイメントなJ-POPの世界はないですよね。トークが危ういマシンガンなところも良きかな。KREVAに間に合わなかったのが悔やまれるけど、いいライブと会場の雰囲気をしっかりと楽しませていただきました♪

20170321-094441.jpg

海浜幕張の駅に着いたら、ちょうど。マリーンズの壮行会みたいなのが行われてすごい人だった!

20170321-094452.jpg

ひさしぶりー!JABBERLOOP!

やっぱりこういうインストものが大好きなんですね、ワタシは。そして意外に聞いたことがある曲が多いのもインスト系ライブの特徴ですね。テレビやラジオでBGMとして使われる率がものすごく高いからですが。

とってもマジメなバンドだなぁと思います。だからこそ、ちょっとした‘遊び’のようなものが欲しいと思った。こういうインスト系は、ジャズのようなインプロビゼイションの良さ…そういうのが、あるといいなと思ったのは要求高いでしょうか。残念ながら解散してしまったけどPE’Zはそういう遊びがライブ見てて面白かったし(ヒイズミさんの鍵盤見てるだけでも楽しかったもんね。そんなヒイズミさんは今「H ZETT TRIO」として大人気ですが)。やっぱりライブの時は、こういうインスト系は特に、CDの音をそのまま再現するのではないものを期待してしまうのです。なんてことを書きつつも、しっかり楽しんだんですけどね(笑)♪

20170321-094459.jpg

そうそう。ビクターロック祭りの1週間前(3/18)に「ビクターロック祭り番外編」が開催されたのでした@パシフィコ横浜。ということでパシフィコ周辺をパチ☆

出演順に、藤原さくらちゃん/大原櫻子ちゃん/家入レオちゃん の三人娘のライブだったのですが。素晴らしかったですわ、これまた!櫻子ちゃんが言っていた?ように、まさに‘三者三様’で!ワタシが積極的に触れるジャンルではないのですが、だからこそ、この日は意外な出会いがあったなとつくづく思うのであります。

藤原さくらちゃんはドラマの主題歌になった、あの1曲だけで評価してはいけませんな。英詩の曲を歌ってたんだけど、あれ何の曲だろう?すごくマッチしてて、いいな〜と思ったもんね。石原さとみさんに似て可愛らしい方でしたし!

この日の大発見は、大原櫻子ちゃん!たぶん、80年代のアイドル時代のオマージュみたいなところがあるのかと。ルックスや振り付けもそうだし、歌声がまさにそう!でもちゃんと、今の時代にマッチしている存在感。会場で実はビックリしたのですが、意外に‘オジサン’がいる…あ、後ろの席のオジサンが櫻子ちゃんでは立って見てる!その昔、松田聖子さんとか好きだったんじゃないかな…なんて方から、まだ高校生だよね?っていう男子や女子まで。幅広い層に受け入れられてるのが分かる。

家入レオちゃんは、それこそ。ロック祭り最初の年にトップバッターみたいな感じで出たと記憶しているのだけど、あの時よりもずいぶん声が伸びるようになったな〜、と。まだまだ、今も、発展途中なのかもしれないと思います。

最後に3人そろってみんなで作った曲を歌って。贅沢。この3人で喫茶店で集まって歌詞書いたり、なんて言っていたのだけど、想像するとホントに微笑ましい。ワタシが大学生の頃だった年齢ってことだよね?なんだかとっても、まぶしかったです。若さゆえのエネルギーが存分に放たれてて、おまけに3人がとっても仲良い姿も見られて、本当に本当に、良き時間でした☆

20170321-094505.jpg

「コレクターズの武道館はきっと一生に一回だ」…というようなことを、怒髪天の増子さんが言っておりましたが。

この日のライブでは「武道館は通過点!次は東京ドーム!」と、ひさしさん。終わりもスパッと、潔く。カッコ良かったです、とっても。そうなんです、もう「次なるもの」をちゃんと見据えているんですね。

とは言え…面白かったなぁMCが。キレッキレでした、この日も!「ジェイウオークが40歳でブレイク、で、40歳ではブレイクできず、じゃあ、『孫』の大泉逸郎さんは56歳でブレイク、57歳で紅白!なんとかこの年齢までには…」的な話にただ爆笑!50歳を過ぎて単独で初めての武道館、というだけでもワタシは十分、夢があると思うけれど(ひさしさんもコータローさんも50歳を過ぎている)、まだまだ、まだまだ!上を見ている、その姿。いま本当に、ミュージシャンの先輩たちが面白いしまだまだ、がんばっていらっしゃる。ワタシもまだまだ、できることをやりたいと思ってしまうのは必然ですよね(^^)

「好きなこと 好きなだけ 好きならずっと 好きにやれ」

TOUGH、という曲の歌詞です。この日もモチロン演ってくれました。響きました、とっても!

ところでコータローさんがめちゃめちゃカッコ良かった件。ワタシの中では、ギターを持つ姿が美しいのは圧倒的に斉藤和義さんなんですが(手脚ながーいし、ギターを抱える手との距離感も絶妙なんですね)、うーん、コータローさんがもしかしてその上を行くかも?ってくらい!黒スーツをピシッと着てギターを弾く姿。コータローさんは脚がながい!たまらなかったです。それでいて、ボーカル・ひさしさんと互いに通じ合ってるのがライブを見ていて分かる、あの感じ。もうたまりませんでした♡

東京ドームでコレクターズを見られる日が来るまで、ゼッタイに死ねませんね!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | 好きなもの 好きなひと 好きならもっと 好きになれ♪ はコメントを受け付けていません。

ただいま、からーの、ただいま!

弾丸、岩手トラベラーきかーん♪

20170320-235126.jpg

Sound Channelにて。DJ豚足ディスコさん(右)→工藤くん→アレンさんと。ひたすら笑った、いやいや、笑った!笑った!!

とりあえず…

盛岡の伝説的(!?)フリースタイルバトル・RAP STAR WARSに次回、ワタクシ参戦決定!?

ハーフのイケメン・アレンさんは東北レゲエのイベントとかで拝見したことはあるのだけど。ゆっくり話せてヨカッタ。PVはコチラ♪

20170320-235133.jpg

なんだかんだ冷麺はおひさしぶりだなー。ちょうど駅ビルが改装オープンしていて、大同苑が駅ビルに入ってて、うーん、ここもいいな〜と思ったのだけど、悩んでやっぱし盛楼閣へ。別格のおいしさですね、スープが最高!

20170320-235139.jpg

三連休は、美容室に行って(斬新な髪型になりましたん。美容師さんが写真アップしたらリンク貼りますん♪)、ビクターロック祭りに行って(あとで書きますん♪)そのまま夜走りの車に便乗させてもらって朝には陸前高田〜大船渡へ、からーの移動して夕方から盛岡でおじきの還暦祝いに出席し(最高でしたん!これまた追って!)、本日は久々に盛岡のいろんなとこに顔出して(岩手山が雄大で美しかった!)、新幹線でぴゅーっと。盛岡から2時間ちょっとで東京に到着だなんてホントびっくりします。ハイ。

そんなわけで三連休、駆け抜けました(^^)お疲れちゃーん♪

Posted in つれづれなるまま。 | ただいま、からーの、ただいま! はコメントを受け付けていません。

お〜わ〜ら〜な〜い〜♪

20170317-232330.jpg

クラブカウンターアクション宮古は、ライブのお知らせがこんな感じ。いつ来ても何度見てもやっぱしカッコいいね!グッときます(^^)

まっそんなわけでブログで連載のようになっている、先月末の岩手行きですが。宮古で見たライブがコチラ。盛岡・いしがきミュージックフェスティバルの10周年をここでも祝うというスペシャルなのでしたん♪

理容師さん+漁師+工場勤務(だったと思う)で、「バリカンフィッシュファクトリー」という、三陸沿岸在住のバンドをようやく見られました!熱い!ホントにライブにはうまいとかヘタとかは二の次だなぁと個人的には思う、熱いかどうかがワタシにとっては大事だと!

鹿児島から来た「人性補欠」、宇都宮の「THE 抱きしめるズ」、そしてもう一つ地元バンドのSKUNKS。鹿児島から宮古まで来るというのは相当な距離と時間がかかって、なんかもうそれだけで、熱いわぁ。もう大好きです、この日出たバンドはみんな!

20170317-232339.jpg

ライブ翌日。みんなで宮古・魚菜市場へ♪

鹿児島チームが丼ものと「うどん」を必ず単品で頼んでたのが個人的オドロキ(鹿児島では普通ですよ〜、だって)&いちばん左はじ・抱きしめるズのドラム、太陽くんの食レポのハンパないクオリティ(おまけにいいキャラ/こうして写真見るとバズ・ライトイヤーに似てない!?)!テレビプロデューサーさん、彼はかなり逸材だと太鼓判を押します!

20170317-232345.jpg

魚菜市場・カウンターアクション宮古の太田社長(そうなのだ、太田屋肉店の‘社長’なのだ)のお店にも顔出してお惣菜もほおばっちゃった。ワタシ初めてかも!?やさしい味でおまけにこのお値段!しかもデカい!家の近所にあってほしい…!!!

20170317-232351.jpg

宮古の翌日は、盛岡で同じイベント。でも出演者がコチラは、盛岡勢に入れ替わり。

トップバッターのゴールドルーキーは、メンバーのペチンが東京転勤(社会人だからね)になったので「ラストペチンを見に来て」の言葉通り、16時半には会場にいましてペチンの勇姿(珍姿?)を見て爆笑してました。

いや〜岩手もいい人材がバンドシーンで出て来てるなぁ。これはやっぱり、ライブハウスが街に根付いてきたという何よりの証拠でしょう。全国区になるには技術的には遠いし、ってバンドが確かに圧倒的に多いけど、でも今や「やり方」や「仕掛け」で一気に全国区になれる時代ですからね!やっぱりこの盛岡をホームにしていた「バンド」が全国シーンに出てほしいな…と改めて思う。

そんな意味では「いなむら」は確実に、やり方や仕掛けでイケる最前線にワタシはいると思っていて(そもそも、なかなか才能もある)。この日のライブを通してもやっぱりそう思った。ただ、アイディアがない…いまメジャーに手放すのは得策ではないし、うーん、結構、考えてるんですよ仕事でもないのに(笑)、「いなむら」のことは!

この日は本当に本当にいいライブイベントでした。宮古〜盛岡の通して2日間がいいライブツアーだったと言っていいでしょう。このメンツで、盛岡で150人近くが最初っから楽しむなんてシーンをワタシは想像したこともなかったです。そしてこの数が今後しばらく、減るとも思えない。いろいろ培ってきていることが、実を結んでいるのをこの目で見たような、そんな感じです☆

ライブの合間は、このツアーの主宰者・SET YOU FREE千葉さん&クラブチェンジ黒沼親方としゃべってました。これまたいいテーマトークでしたね、この日は。ワタシにとって今、世界で(笑)ダントツに面白い人たちがこの2人、揃った時かもしれません(^^)

20170317-232358.jpg

【宮古のおまけ写真】太田社長が営む焼肉屋さん「もりもり」に、ハイスタ3人のサインがあったよ!キュルルン♡

20170317-232403.jpg

【宮古のおまけ写真】太田社長のとこの肉は食べたことないようなうんまい味がします。見てくださいよ、このサシを!平日でもお店は満員御礼です!

20170317-232409.jpg

【宮古のおまけ写真】もりもり隣も名店あり。「山水」という海鮮ものゼッピンのお店にて。じょにおがゴチしてくれたーん!どんこの肝和え、宮古で食べるのには叶わないっすな〜やっぱし(唯一、双璧をなすのは、盛岡・SUNボスのお店かな)!

20170317-232414.jpg

【宮古のおまけ写真/さいごに】

山水のマスター&ママと(もう一人写るベッピンさんは、たばちゃん)。このカウンターを超える位置まで、東日本大震災の時に津波はやって来ました。子どもの頃に背丈をマジックで記したように、お店にも、線が引かれてある。ものすごい高さだ。

震災から6年。今も、あの時の記憶は残る。いや、今、6年経つから話せることというのもあるような気がする。

くじけられない、みんながんばってるもん。がんばって生きてるもん。宮古ではいっつも、今でも。こうして強い力をもらって帰っている。そんな土地です☆

Posted in 3月11日, NO MUSIC,NO MY LIFE♪, ♪♪たび♪♪ | お〜わ〜ら〜な〜い〜♪ はコメントを受け付けていません。

2月26日 ラヂオもりおか♪

ラヂオもりおかで久々の深夜の生放送♪
20170316-133732.jpg

深夜1時〜3時までの生放送で、入れ替わり立ち替わり。みんなが、しゃべる。

スタジオ生登場の、セックスマシーン/THE 抱きしめるズ/人性補欠 ありがとう(^^)!

お電話を繋いだ、 日高央さん(The Starbems/ライブ後の打ち上げ中、ご本人いわく声が「ガラガラドン!」な時にありがとうございました!)→モリス(四星球/最後に曲を聞かれてBiSHのリクエストをするんじゃない!爆!)→Tommyくん(NUBO/ホームの横浜へと車を走らせる中、運転してたり寝てるメンバーがいる器材車の中からありがとう!)→かず(花団/お約束) 生放送!ならでは!って感じをさらに彩ってくださって、ただただ、ありがとうございます!

20170316-133740.jpg

今回の深夜の生放送は『いしがきミュージックフェスティバル (勝手に)今年も盛り上げちゃうぞスペシャル』と題しての放送ということで、まぁ…いしがき、と言えば、のこの男もやって来たんですが。

いろんなことを、やり「続ける」というのは、とてつもなく大変で。いろんな話は聞くけど、聞いている以上に大変なことをこの男は負い続けながら、やり「続けて」いるというのを分かっているし。

でも、そういうのを真面目に話したところで、この日の放送はなんか違うわけで(もちろん、真面目に話すトークイベント的なのはいつかやりたいなとずっと言ってるんですけどね)。そういうことをしたいわけではなかった。逆に、あまりにも無法地帯すぎて(笑)、聞いた方は「は?」と思うような発言があったかもしれないけど、それすらもこの時間ならでは、で。

この日、このメンバーが集まって、この時間の生放送だからこそ、の。良き放送ができたとワタシはすごく思っています。一言で言ってしまえば、過去前例を見ないほどの「ひどい」放送でした。良くも悪くも。でも、なんかドキドキしませんでした?ん?あたしだけ(いやそんなことはあるまい!)?予定調和なんてもの、が、まったくなくって!!

この放送を聞いた方だけで共有できるヒミツってことでね。なんかあればネットニュースになったりネットで調べればどんなことも探せたり。もうね、そんなのはイヤ。この日の放送のことは、ネットには残さないでください。一つだけお願いすると、ね☆

さて。今年のいしがきミュージックフェスティバルは、どうなるかな。いちおう、岩手日報のこの報道もあって、この時期にこんな放送をしたのも理由のひとつではあるのですが。とりあえず今言えることは、クラブチェンジの黒沼というこの男は、本当に大した男なんですよ(^^)

20170316-133748.jpg

ラヂオもりおか・吉田さんとはその昔。やはり同じ時間帯で月に1回くらいのペースで『RADIO UNION』という番組をしていたことがあります。ラジオがインターネットをどううまく使うと良いのか、というのを試行錯誤しつつ、岩手のAM局・IBCラジオのヒット番組(トップ40/今はない番組ですが)などを手がけた方にご登場いただいたり、放送局の垣根を越えて、「ラジオ」というものを考えた番組でした。

放送までの時間は、ハンバーグのベル(つまりはびっくりドンキーの1号店/盛岡にあるのだ)でハンバーグを食べつつ打ち合わせ(という名のダベりんぐ)♪

20170316-133757.jpg

「え!?かず、って、花団のかず!?」

…なんかいろいろ繋がってコワい。マジでコワい。

あなたたち知り合いなの?

(かずくんにこの写真を送る。すぐに返信あり、「フサちゃんとシュレックや!」だって。おい!)

ワタシが深夜に生放送の番組をお送りする時は、花団・かずくんへの生電話はお約束なのです(もうそういうことです)。理由?わかんないや、もう。そんな話をしてみんなで爆笑!

そうだよね、花団は京都ではそこそこ(ん?かなり?)人気があったバンドだもんね!そしてそんな彼女たちは、京都出身で今もバンドやってるんだもんね♪
20170316-133803.jpg

『まるやまさかば』にて。ひさびさのこのメンツ。続きは、また。つながりはつながって、そして大きな輪になっていく☆

さいごに。何度も貼ってる、花団のPVを今回も貼っておこう。笑おう(かずくんはボーカルのメガネです)♪

Posted in つれづれなるまま。 | 2月26日 ラヂオもりおか♪ はコメントを受け付けていません。