GOOD BYE APRIL♪

きのうのオンエアをお聞きくださった方、ありがとうございましたー!

「現代版ニューミュージック」を掲げ、音を鳴らすバンドの姿を。岩手のみなさーん、ぜひ明日(26日)、見に行ってみてあげてくださいー(^^)⇨コチラのサイト、「前日祭」で詳細チェック!

20170825-212557.jpg

先週。こちらのイベントがあり、倉品さんが出演されていて。終了後にインタビューをさせていただきました(インタビューでもお伝えした通りで、そんなわけで賑やかな場から失敬!)。

ひとり弾き語る姿を見るのは初めてだったのですが、うーん!想像以上に‘しっかり’してました…って書くとどんだけ頼りないイメージなの!?って思うかもだけども、正直、グッバイのことを見て来てずいぶん経つので(笑)、ボーカルの倉品さんだけ、というのは大丈夫なのかな?という…もはや親心に似た不安(爆)があったのは間違いなくて。

行けなかったんだけど、そういえば今年の夏マエには渋谷のマウントレーニアホールでソールドアウトするライブをバンドでやって大成功だったんだよね。着実に、バンドとして歴史を刻みつつ前進してるんだよね!

そんなわけで倉品さんの弾き語りはとてもいい時間。カバーには大江千里さんの曲を選ぶあたりも(インタビューでお届けした通り、はっぴいえんどの曲と悩んだそうですが)◎!

たぶんそれでも、まだ。自分たちのバンドサウンド、自分たちにしかできない音楽、というのを模索してる感じなんですよね。バンドとしてのグッバイも然り。それが見てて、逆にすがすがしい。ちょうど、自分たちと近い世代のバンドマンたちと差が歴然と生まれ始める年代で、模索してるなんて悠長なことは言ってられないと焦ったりする時が来ると思う。ましてや、彼らが目指すのは今のバンドサウンドと迎合するものではない。でも、喩えとして、スピッツが唯一無二なバンドとしての存在であるように、グッバイも。そうなってほしいな、とワタシは、心から思っているんだよね。そのために、時間がかかろうとも(^^)

20170825-212604.jpg

グッバイのドラム・つのけんくんもライブ会場に来たので一緒に飲む!

そうなのだ、つのけんくんと知り合ってなかったら、グッバイとは特に何かというご縁は生まれてなかったと思う!震災後に、バンドマンたちが開いてくれた飲み会の席。「ちえさんの地元、岩手のお酒を飲みましょー!」と言いつつそのお店には岩手の地酒が1本もなかった。今でも大切な思い出です。そこに、たまたま声をかけられて、ワタシのことなんか知らないけどちょこんと参加していたのが、つのけんくん。ちょうど、グッバイがスタートした頃だったと思うな。

そんなこともそうだし、バンドとしての「ご縁」が繋がって、広がって広げているなぁ、と思うのだよね。彼らは。

それが岩手での出来事なのだけど、明日、出演する『内丸大縁日』というイベントはサイトから分かるように24時間テレビの岩手版のイベントといったところです(簡単に説明すると)。このイベントに昨年、声をかけてもらい出演→それを見に来ていた方から「中学校の卒業式イベントに来て演奏してくれないか?」と出演依頼が来る(実際、ことし春に盛岡市立大宮中学校へ)→(たぶん)そんなこともあり、今年も内丸大縁日へ ※誤解なきよう、ワタシはこの経緯に一切関わっておりません!

ひとつのステージを、たいせつに。岩手とは縁もゆかりもないバンドがこうして、ワタシのふるさとと素敵なご縁が広がっていることをとても嬉しく思うし、こういうことができているのを見ても、グッバイは「この先きっと、大丈夫」と思ってしまうのだよね☆
20170825-212609.jpg

最終的にボーカル・倉品さんも合流して1杯♪

じつはー…

倉品さんとは、この日がちゃんとお会いして話すの初めてだったんです(笑)!

が、今回をご縁に、こちらこそ。どうぞよろしくね!

GOOD BYE APRILというバンドとのご縁が、きのうのインタビューを聞いてくださった方や、このブログを通しても。もっともっと、広まっていきますように(^^)

PS)倉品さん弾き語りのライブイベント、最後には4人全員で1曲。「The Neatbeatsの黒いジャンパーを演ろうと思った」という発言にはもうドッキリで思わず「やってー!」と念じてしまいましたが(笑)、演った1曲はThe Boomの『星のラブレター』…これがまた、まーた、素晴らしかった!この日の4人の出演者は全員、素晴らしかったということも追記しておきます♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | GOOD BYE APRIL♪ はコメントを受け付けていません。

【おしらせ】本日インタビューがオンエアです!

おはようございます!

給料日が待ち遠しい本日24日(木)、21:20〜FM岩手『FMインフォメーション』にて、GOOD BYE APRILボーカル・倉品さんのインタビューをお届けします!

今回、FM岩手の登場は初めてになりますが、岩手でのライブは3回目。テレビ岩手が主催します『内丸大縁日』に参加します。初めてバンドの名前を知る方々にもゼヒ、オンエアを聞いて遊びに行ってもらえたら嬉しいです。岩手のアーティストたちもいっぱい出演するイベントです!

彼らとのいろんなことも、追ってブログに。ひとまず今晩、すていちゅーん♪

Posted in 未分類 | 【おしらせ】本日インタビューがオンエアです! はコメントを受け付けていません。

おおつちありがとうロックフェスティバル〜Chie Takahashi TIME

はー。もうあれからすっかり、2週間も経ってしまった。でもね、本当に貴重な経験をさせてもらいました☆
20170821-083852.jpg

「今回、アンタ、出演者だからね〜!」と言われたんですけども(笑)、確かにそうなんですー。

おおつちありがとうロックフェスティバル(ありフェス)・新巻鮭ステージのタイムテーブルに、ちょこん、と存在した、『Chie Takahashi TIME』…

あのステージにさ、キッズたちがあんなに集まるのは初めてだったんじゃないか?と言われました。

ありフェスの2日後、電話がありました。

「ちえさん、また、来年もやりましょう!あれは斬新だったー、いがった(=良かった)っす、だから、来年も、よろしく!」

…すでに来年のオファーもいただきました(爆)。

20170821-083857.jpg

今回のステージに大きく協力してくださった、大船渡のFM局・「FMねまらいん」の、及川さん(左)&伊藤さん(後ろ左が、キャッセン大船渡のヒジさん&先に出た、SAとのコラボメニューで協力してくださった新沼ボス/‘チーム大船渡’でイエイ!)。

及川さんとは。震災後、関東のラジオ局が持ち回りで月に1回、震災後の東北(を中心に)についてお届けする『Radio Friends』という番組がありました。Inter FMの回でワタシが取材に行かせて頂き、インタビューをお届けしたのが及川さんとFMねまらいんでした。2014年のことです。

あれから毎年、ケセンロックの会場ではお会いしたり、してきました。

今回、ステージにご登場いただきました。おまけに花男くんにも急きょ出てもらったり、宮古のライブハウス、クラブカウンターアクション宮古のジュン・ランボルギーニ氏もいたりして、にぎやかにお送りできました。

また、来年!と今の時点で言われていることが全て!さて、何をしたでしょうか??

(事件は現場で起きているので…ということで、来年はぜひ、目撃に来てくださいまし♡)

そんな新巻鮭ステージのトップバッターを飾ったのは…

20170821-083907.jpg

撮影許可をいただきましたん。岩手日報にも取り上げられていたのがやはりこちら、地元の子どもたちの太鼓!

これからの未来を築いていく子どもたち。この子たちを悲しませるような、悲観させてしまうような世界を描いては、いけない。

地元、というと…

20170821-083902.jpg

大槌在住のシンガーソングライター、ノリシゲさん!

この日はありフェスのラスト、地元の吹奏楽部の学生たちとコラボしてライブ。これまた、いがったー!やっぱし、こういうのがあるのが‘地元フェス’だと思う。そして、ノリシゲさんは大槌に住み始めたことによって、声が丸くなってきたというか、あったかみが増したというか、そんな感じがするのはワタシだけだろうか。岩手が大切にすべき宝な声の持ち主の1人とつくづく思う☆

20170821-083912.jpg

ステージ前のエリアも使っての、勇壮な虎舞もあったり!

ということで、ありフェスは2ステージ制なのですが、こちらの大きいステージのほうにはSAやら三宅伸治さん(!)やらCOLTSに混じってTHE MODSの森山さんが登場したりだとか!あとはちえぞ一押しの龍大番頭(バンド)、などなどのライブが繰り広げられたのですが。

盛岡に住みながらがんばってるバンド、SWANKY DOGSがいいステージだったことも付け加えておきます。こういうフェスの場でも、そしてお客さんの数に関係なく、自分たちのライブというのができるようになってきたな、と。そして彼らには、ありフェスの実行委員たちの思いがすごく伝わっていたみたいで、ありフェスの翌日にメンバーそれぞれがつぶやいていたツイッターの文言には、ちょっとじーんとしたのでした☆

20170821-083917.jpg

ありフェス、地元のみなさんと、というのはもちろんですが。飲食ブースも地元の方々もいたのですが。

こちら。

九州の老舗バーの方々が大勢やって来ていました。地元の幼稚園児たちに描いてもらったこのカップを持って。ワタシはこの日、これを使い続けました。

素敵な、協力と応援の仕方ですよね(^^)

一緒に写真を撮り忘れたのが悔やまれるのですが、なんと!カクテルコンクールの日本代表としてシンガポールの世界大会にことし出場する、女性バーテンダーの方に作っていただいたカクテルなのです。でもカクテルはダメだ、酔う(苦)!

20170821-083922.jpg

九州から、岩手の大槌まで。総勢、何名でいらしてたのか?というくらいの大所帯でやって来ていた。「世界一の乾杯」(というキャッチフレーズと、実際のパフォーマンスがある)を目の前で何度も何度も、見せてもらいました。最高でした。忌野清志郎さんもライブに行くと、必ず立ち寄るバーのバーテンダーの方もいらしていて、もちろんバーのクオリティというのはあるのだろうけど、でも何より、清志郎さんはこのバーの「人」に会いたくて行っていたんでは、と思います。

今回のご縁、必ず。九州に行った時に立ち寄る約束をしたので、どんなお店かはいつか、その時にこのブログでレポします☆

「ちぃーちぃー(と、いしがきミュージックフェスの運営委員長は呼ぶ)、ありフェスはさー、‘来るだけで成功’だからさー、でも実際に来れば、意味、分かるでしょ!」

いろんなフェスに行って、いろんな現場を見ているつもりでしたが、‘つもり’、なんですね。

人の気持ち、それで、いや、それだけでも、こんなにすごいことが出来る、というのを見せてもらった。毎月27日発売の岩手のタウン誌『アキュート』にもそのことを書きました。ぜひ、9月号を手にもしてもらえたら嬉しいです☆

20170821-083926.jpg

会場からちょっと目を転じるとこうして、かさ上げ工事が今も行われています。

当事者でないと、分からないことというのはあると思う。でも、少しでも気持ちを近づけて、思いを寄せることはできる。

この場所で、フェスがあるということ。「ありがとう」とタイトルについたフェスの意味。

ぜひ、大槌でも会いましょう(^^)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | おおつちありがとうロックフェスティバル〜Chie Takahashi TIME はコメントを受け付けていません。

おおつちありがとうロックフェスティバル〜Bon Voyage

じつは…

佐々木龍大「番頭(バンド/以下、バンドで記載)」としてライブを見るのは、今回が初めてだった件…

20170817-072503.jpg

しかし、そうそうたる大御所もいる中で、個人的にはベスト!と言ってしまうくらいのインパクトがありました。素ん晴らしいね!!!

見て分かるほどのいい年齢が集まってるバンドですが、むしろ、そんな年齢だからこそ、だと思う、あのグルーブ感を生み出せるのは。完全なる即興で、その時にお客さんを前にして自分たちがおのおの、楽しみながらひとつのバンドとして演奏になってるのがなんとも素晴らしく良い!!!

そういえば気づきました…?

1人、FM岩手でもおなじみのメンバーがいますね…(写真うしろのピースサインだけ写ってる…)??

メンバー出演のPVがあるのでアップします…が、映像そのものは、龍大バンドのメンバーを知ってる人が見れば笑えるけども、初見な方には「?」という内容ですので、悪いことは言いません、音源のみ聞いていただくことをお勧めします(笑)!

でもワタシが言いたい‘グルーブ感’は、この音源からもゼッタイ伝わると思う。ワタシね、龍大バンドは世界に行ける!ってマジで思ったし、メンバーみんなに言ったもん(^^)

こちらのPVでも四股踏んでる、よく分からない輩がいたと思うのですが…?

20170817-072513.jpg

彼です。佐々木ことSディレクターです(たまたまSWANKY DOGSボーカル・ホラグチも写り込んでしまった件)。

ホントにね…何度か書いているかと思うのですが。彼の実家も岩手の沿岸部で、東日本大震災の津波があって、ご実家がどうなってるか分からない時にスタジオに詰めたまま放送を続けたスタッフなのです。彼がいたから、喋り手も放送を続けられた安心感が(少なくともワタシは)あって、本当に、「歯を食いしばって」がんばれたと思っています、気持ち的には。もちろん、放送そのものの良し悪しはあると思う、今振り返ってもどうすれば良かったのかは分からない。けど、あの時の精いっぱいが、がんばれたのは、一人ひとりのそういう気持ちだったと思っていて。

ということで、Sディレクターもちゃんと収まった記念撮影☆

20170817-072508.jpg

あと、写真に写るカッちゃん(右のサングラス)も。震災で家に帰れない…という連絡から、FM岩手に来な、と話して、カッちゃんもニュース集めとか一生懸命やってもらったことは一生忘れることがないでしょう。そんなカッちゃんが、FM岩手近くにいるお友達の家に行って、こんぶ茶と梅のお茶だったかな?持ってきてくれたのは本当に一息つけたんだった☆

写真後ろの、アラヤさん(PVにメイン出演!爆!)、龍大くんの演奏には欠かせない鍵盤を弾くユンテラくん、この写真はワタシ的に、今年いちばん幸せな写真かもしれないな。みんなとそれぞれと関わり合いながら、このメンバーがまさかこうしてバンドになって、そんでもってそのケミストリーが想像を超える素晴らしさだった、というね(^^)

龍大くんについては、これまた、何度も書いている通り。ちょうど、素敵な映像があるので載せておきます。こちらを見ていただければ、言葉は、いらない☆

それでだねー。もう1人の龍大バンドのメンバー、

20170817-072519.jpg

オソラックが天才なんだわー、やっぱし!!!

オソラックは他にもBIG-RE-MANというバンドをやっていたり(しかもこのバンドを能町みね子さんが岩手にいらした時に音源を買ったとかで、ラジオでオンエアされて大盛り上がり!)、音楽以外の才能も多岐に渡ってる人で、イラストは描けるわ話しててもアホとインテリさのバランスがすごくてですね…ま、この格好を見ていただければ人となりの想像もつくのかな、と(?)!奇才とか言うよりはホント、天才ってこういう人なんだとワタシはその思いをこの日、強くしたのでありまする☆

20170817-072524.jpg

【サービスショット】細川さんのマジメな姿。

(続く)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | おおつちありがとうロックフェスティバル〜Bon Voyage はコメントを受け付けていません。

おおつちありがとうロックフェスティバル〜 SA!!!

東日本大震災後にスタートした、「ありがとう」の気持ちを伝える、そんなフェスティバル。

大槌町は、行政のトップである町長も震災で命を落とした町。岩手県庁から出される情報も、山田町、陸前高田市、そしてここ、大槌町が。ことごとく、なかった。「壊滅」という文字だけがあった、山田と陸前高田。それに近いような、情報なんてほとんど入って来なかった市町村の1つだった。

克明な記憶と、曖昧な記憶と。

震災の翌年、2012年の1月だったはず。大船渡に行った時…あれは、佐々木龍大くんとSディレクターと3人で沿岸部を回った時。初めて、大槌の方たちに会った。その方々がのちに「ありがとうロックフェスティバル(以下、ありフェス)」実行委員になる方たちなのだ、実は。

なんか底抜けに明るくてすっごくフランクに挨拶をしてくる方たちで、悪く言えば「礼儀とか知らないんじゃないの?」って思ったほどだった。笑。そんなわけで第一印象は個人的には、これまでに会ったことのないタイプの方々で、あんまし良くなかったんです(爆)。

そんな出会いから、5年。まさか、自分がこうして、大槌の方々にも迎えてもらえるなんて。自分から、また大槌に行きたい!なんて、思うようになるなんて(^^)!

20170815-093335.jpg

すべてが手作り、お手製のステージ。入り口からなんか、ほっこりしてしまう。はっきり言うと、手作りにしては本当にセンスがいい。ロッキンの装飾にも負けないほど!

タカハシチエ、初めての、ありフェスは朝も早よからスタート!

20170815-093340.jpg

新沼ボスの車に乗っかり朝の8時前に会場イン。「いしがき(ミュージックフェスティバル)の入り時間より早いわ!」なんつって笑う(実際のところ、いしがき〜もだいぶ早い時間に入ってますけどね/新沼さんの店舗も毎年、いしがき〜に出店してます!)。

今回、まずは!

新沼さんのお店(海山という大船渡のお店)とタッグを組みまして、この日の出演アーティストでもある、SAとのコラボレーションメニューの販売!

(ちえぞが描いたポップを読んでね!)

20170815-093344.jpg

ほーい。ちくわが見えますね!

20170815-093349.jpg

試食第一号は、いしがき〜運営委員長でもあるゲンちゃん。「いいね〜!」とお墨付きいただきましたん(^^)!

朝の9時にスタートするフェスは、最初のうちこそ人出は鈍いものの…

20170815-093354.jpg

おや!?

ホントに来てくれたんだねー(^^)!

前日、大船渡のライブハウス・ケセンロックフリークスにライブを見に来ていた音楽好きたち!!!

ちえぞの横にいる、ケンくん(名前覚えたよー!)は。ずーっとラジオ聴いてます、って。この前のパワーストック(宮古)で声をかけてくれたんだ。嬉しかったよー!しかしながら…

ちえぞと顔見知りとかになってしまうとだね…

20170815-093359.jpg

手伝わされる件(笑/さすがFM岩手リスナー、Sディレクターのこともちゃんと知っていたので記念撮影! )!

この後、ワタシはお店にいたりいなかったり、そんな怠惰な店員だったのですが(さーせん)、ケンくんが声を出してずーっと販売してくれた!そんなわけで、ライブのトリを飾るSAのライブの頃には、準備していたコラボレーションメニューの材料は全てなくなってしまい、ついには売り切れ(やった)!新沼ボスもびっくり!

(ツイッターでメッセージをくださった方も本当にありがとう!昼、夜、お土産と3つ買ってくださった方や、今度は声をかけます!とか。是非是非、これからも音の鳴る場所で会いましょう!)

おい…おぬしも、きのう大船渡でも会ってるよな…!!!

20170815-093412.jpg

やっぱりこうして、音の鳴る場所で会う人っているんだー!ちなみに彼は、今年のケセンロック会場に「ウニ」を大量に差し入れしてくれたのだ…!サンクス^^

(そして左側に脚がすらっと長い赤いシャツを着ている方が…そうです!SAのTAISEIさん、つまりは今回のコラボレーションメニューを考案してくださったアーティストもちゃーんと、お手伝いに来てくださいました!嬉しス!!!)

20170815-093420.jpg

ありフェス総合司会・サッキーもフランクを食べに来たり、

20170815-093425.jpg

locofrankスタッフ・古米くんもやって来た!そしてこの日はロコフランク公認で、フランクを「ロコフランク」というネーミングで販売(爆)!

20170815-093430.jpg

SA、大好きなセンパイたちです。ギターのNAOKIさんとサッキーとパチ⭐︎

どんな場所でも環境でも、いつでも100パーセント以上の力で「SA」を見せてくれる。この日もしかり。

人なんだ、やっぱり、人なんだよね。NAOKIさんもね、ライブ後にそんな話をしてくださった。大槌の人たちがこんな人たち(っていう表現にとどめておきますが)で、好きで、毎年、来ちゃうんだよね、って。

ワタシは、そんな風に思ってくださる、気持ちを感じられる、SAのメンバーとチームが大好きだ。いや、もっともっと、好きになってしまった♡

人の気持ちは、お金やらしがらみやら、いろんなものをあっさりと、簡単に超えていく。ありフェス、見せてもらった。そんなことを。目の当たりにした。

(つづく)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | おおつちありがとうロックフェスティバル〜 SA!!! はコメントを受け付けていません。

音の鳴るケセンロックフリークスへ♪

8月5日(土)。夏まつりが開催されていた大船渡へ♪

20170814-092905.jpg

じゃーん!!!

完成して、音が鳴るフリークスにようやく行けた!!!

そんなこの日のライブのラインナップはコチラ♪

20170814-092915.jpg

四星球、HOTSQUALL(ホスコ)、THE CHERRY COKES(チェリコ)!

わくわく♡

お昼頃には到着したので、ライブまではまだ時間あるな〜と思っていたら…

20170814-092925.jpg

おい!!!

よくライブやフェスで会う輩と遭遇!!!爆!!!

(そんでもってこの後、ケータイが壊れて修理してもらったりしていたのだ…ということで夏まつりの写真がほとんどないのだ…)

20170814-092933.jpg

ライブハウス・フリークスもある場所は、今年4月にオープンした大船渡の複合施設・キャッセン大船渡の中にあります。フリークス前には大船渡を超えて最近、全国的にも名を轟かせ始めているラーメン屋さん「黒船」がありまして。キャッセン大船渡をプロデュースしている、ヒジさんとここでランチしました(残念ながら写真がないのね…)。

黒船は「さんまだし」で有名なラーメン屋さんなのですが、キャッセン内にできた2号店の方は「貝だし」!なんとも繊細なお味であっという間にぺろり、でした。

ヒジさんは震災後の「まちづくり」を色々と手がけてきている方で、話がとっても面白い。コルビジェの理論を持ち出しながら、大船渡のまちづくりについて考えている姿とお話はとても分かりやすく、ついあれこれ聞いてしまう。大船渡はヒジさんの地元ではないけれど、こういう方に会うとつくづく、言われているこの言葉は本当に当てはまるかもしれないと思う。

『街を作っていくのは、よそ者、若者、バカ者』…(ヒジさんは完全に前2者は当てはまっているが、後1者に関しても、飲むと面白くなるのでやっぱり3つ全て当たってるかもしれない…笑)

20170814-092942.jpg

大船渡の海上七夕、初めて見たー!写真なんかよりはるかに実際は綺麗です!

ただ残念だったのが花火…この日は無風な上にガスもかかって来て、せっかく夜空に咲いた大輪は、時に音だけで全く見えない…こんなの初めて!でした!うーん、ここまで大きい花火見るのも久々、ってくらい大きかったのになぁ(翌日の河北新報によると、この日は仙台でも大きな花火が上がっていたそうですが、あまりにも見えなくて中断されたそうです)。

(そうなんです、夜にはケータイもなんとか回復!)

20170814-092948.jpg

キャッセン内もお祭りを楽しみに来た方で賑わってる!

かたや、こうして毎年楽しみにしている夏まつりが行われているかと思えば、かたや、そんな敷地内にライブハウスがあって、お客さんが盛り上がっていて。

大船渡という「まち」が、これから、とっても楽しみになった、そんな1日でした(^^)

20170814-092959.jpg

初めてお会いする方々ですなんー!声かけてくださってありがとう!

「ちえさんの、いしがき(ミュージックフェスティバル/毎年9月・盛岡)での最後のアナウンスを聞くと寂しくなるんですよ…」

え(~_~;)!?

「だってこれで、あー、夏が、1年が終わる、って感じで!」

そういう気持ちか!それなら分かる!ワタシも、いしがき〜が終わると、夏が終わるもの。毎年そう、うん。いしがき〜が、夏の最後を飾る大きなフェス。第二弾アーティスト発表がこの週末にありましたが、ヤバいでしょ!ね→コチラ

こうして音の鳴る場所で、いろんな方に会えることを幸せに思う。本当にありがとう⭐︎

(そしてそんな彼らは翌日の、大槌でのありフェスにも来てくれたのだ!続く!)
20170814-093004.jpg

ライブハウスのケセンロックフリークスには、全国のフェスで大人気・ラコスバーガーが食べられる「ラコスバー」が併設されているので、ライブ後の打ち上げはラコスバーの美味しい料理を食べることができます+ケセンロックの実行委員でもある、おいきんさん(写真、前のいちばん右)がこの日は新鮮なお刺身を持ってきてくれて、「うめぇ〜〜〜!!!」とみんなで舌鼓を打ったのでありました♪

チェリコのメンバーは宿泊が遠かったので先に帰られたのと、四星球のボーカル・やすおくんは、黒船のラーメンが気になって仕方なかったらしく食べに行ったので残念ながら記念撮影には収まってませんが、この日は四星球ギター・まさやんがとにかく面白かったのはこの写真からも伝わるか?と!

新しく、今年4月にこの場所を本設地として音を鳴らし始めたフリークス。ワタシ的に来て欲しかったバンドの1つが四星球でした。

今年の頭に四星球がメジャーデビューを果たして、そのお祝いも兼ねて2月頃に会った時に。フリークスができる話をしたら、「分かりました〜タイミング見て行きますわ〜」…その返事には、正直、現実味がなかったです、ワタシ的には。いろんなところからオファーも来てるし、それこそ彼らの本拠地は四国の徳島。こんな遠くまで来るのは、何か大きなツアーでも組まないと無理なのもワタシ的には分かっていたので、いつか来てくれる日が来るといいな、と思っていたら。

それがあっさり。大船渡の夏まつりに合わせたかのように、彼らは来てくれた。

ライブのMCで、ベースのU太くんが。

「行きます〜、とか、返事だけしといて、そんで行動しないのだけは俺らは絶対、イヤやってん。行くって言うたら、行かな!しかも、早ぅ!そんで今日、来ることできました!」

コミックバンドの四星球は、どんなバンドよりもはるかに「漢」だよ。MCを聞きながらちょっと、うるっとしたのはここだけの話⭐︎

20170814-093017.jpg

【ご報告】

ワタシもレポートコーナーに登場しております、ベイエフエム(千葉)・POWER BAY MORNINGの月・火パーソナリティ、斉藤りさ姉さん&月曜の番組スタッフが木札作戦に参加してくださいました(木札作戦についてはコチラ)!

今年の3月11日、ベイエフエムの震災に関する特別番組は、りさ姉さんやパワーベイのスタッフが担当したので、このフリークスのことを取り上げてもらったのです。写真に一緒に写る、フリークススタッフ・千葉さん(通称・ヒロポンさん)に、お電話で登場いただきながら。

この時の放送を聞きながら、りさ姉さん、さすがだなぁって思ったんです。ライブハウスにこれっぽちも興味がないような方でも魅きこんでしまう、そもそも会ったことのないヒロポンさんとこんなに盛り上がるトークが展開できて(ヒロポンさんも「楽しかった〜!」ってすぐ連絡をくれたもの!えぇ!)。

あの時の放送を通して、こうして木札作戦にも協力してくださって。ありがたいです⭐︎

フリークスに行く時には、ぜひこちらの木札も探してみてくださいね(モチロン、ちえぞのもあるよん)!

(そしてワタシの顔の下あたり…ケントフリックさんの木札にも注目。2012年のFM横浜、3月11日のオンエアでお話しした時にケントさんに協力いただいた木札ですね。あの時は木札作戦がちょうどスタートする直前で、まだ木札の大きさが定まってなかった時。この大きさ、ある意味レアです!笑)

20170814-093011.jpg

今日のサービスショット。ケセンロックフェスにも毎年出店していて、いつもツケで飲ませてくれる(爆)タケダさん(そしてそのツケは、ケセンロックの実行委員長に請求が行くシステム。爆爆)。このビアサーバー、お手製なんだって!今回の大船渡夏まつりで初めて知った。すげー!!!泡がクリーミーで、最高に美味なビールが飲めまっす(^^)!

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | 音の鳴るケセンロックフリークスへ♪ はコメントを受け付けていません。

ロッキンとピカチュウ♡

きのうはロッキン行ってきました♪

20170813-143055.jpg

しかし…年々、規模がデカくなってる。間違いなく。

そんなわけで移動していろんなライブを見るのはかなり困難で体力がいるわけだが、しかしながら当然のごとく出演アーティストが増えてもいるわけで、伴って年齢層とか客層も広くなってるのは嬉しい。

20170813-143107.jpg

しかしロッキンの装飾は女子ウケするというかかなりカワイイんですわ〜どれもこれも!

そして飲食の出店レベルも上がってた!

こちら、分かります!?

20170813-143117.jpg

牛カツカレー。夜までお腹空きませんでした。これで1000円ならもう御の字!

そんなお店は…

20170813-143122.jpg

あの「肉山」だった件!そりゃ食べるっしょーカロリーオーバーとかだとしてもね!

20170813-143129.jpg

あとお約束のタイラーメン(これがマジでウマい!)、ロッキンと言えば、のハムも頬張って完全な食べ過ぎです。でもこれでもか、ってくらい歩いてもいるから多分…トントンになってると信じたい。信じよう。

20170813-143135.jpg

ホント広大な場所での開催ですわ〜ロッキンは。迷ったらこんなに美しい緑が見える場所も!

爆弾ジョニーに始まって(欅坂46に間に合いたかったんだけど…勝田駅到着からバス乗るまでが長かったのが誤算…)、あゆみくりかまき(これがバックのミュージシャンにTOTALFATのメンバーとかがいてマジでビビった!)を楽しんで、からーの、いろんな方に想定外にバッタリ会って(NACK5とかでおしゃべりしてるHAPPYだんばらさんはやっぱり面白いなー、ロッキン反省会を別でやるのでその時に写真撮ろーっと)、ロットン(グラフティー)見て、スキマスイッチ→イチさん→ポルノグラフィティ→日食なっちゃん&コマキさんに会って→ラッド(ウインプス)、あっという間に終わってしまいましたがな、朝5時起きで始まった今年のロッキン!

もちろんお目当てはイチさんことLOW IQ01だったわけですが。しのっぴ師匠がギターに入るというスペシャルな編成で、確か7年ぶり?というロッキンのステージはイチさんなりにかなりの‘配慮’をもってステージに臨んでるのがよく伝わる。でもその分、ライブそのもの、演奏のほうで‘やんちゃ’してるのが見てて本当に楽しくって!最後なんかベースをドラムのダゼさんに渡して、自分でドラム叩いて終わってたからね(笑)!やっぱり、これだけ大きい規模の音楽フェスになったのだとすれば、なおのこと。イチさんみたいなアーティストが演奏するステージがあっても然るべきだな、と思ったのでした♪

逆に言うと、一番大きなステージの大トリ、RADWIMPSマエのポルノグラフィティにすっかり持って行かれましてね〜ワタクシ。アリーナとかでライブをするアーティストだと思うのですが、やっぱりそういうアーティストというのは違うな!というのがすごく分かったのです、今回。まずほぼ会場の全員が知ってるセットリストが組めるし、当然みんなで盛り上がれる。そんでもって、ライブをする側にも寸分の狂いもない。ちゃんと大きいステージを使っての‘パフォーマンス’の見せ方、というのを知ってるんですよね。そんでもってボーカルの方が「ロッキン初めてなんですがー、えー、初めてなんでー、リストバンドをキツく締めすぎて全く腕で動かないんです!」なんて話す姿にはもう、爆笑するしかなかったし!

20170813-143139.jpg

ラッドの後半には会場を出なくては…と泣く泣く会場を出たのですが、ちょうどバス乗り場に着く頃に終了の花火が美しく上がりました。もう大満足でした、今年のロッキン!

ラッドの野田さんは不思議な人だな。たまたまライブ前に、ぽつんとワタシの近くに立ってらしたのですが、オーラがあるという感じとか、空気が変わる感じとかそういうのではなくって、うーん…でも、ひゅう、っと。風が吹くような、そんな感じ。あ、って気づいた時にはその風はひゅう、っともう吹き去っているような。そして普通にそこに佇んでいるような。「棒人間」、ちゃんと初めて聞いたけどいい曲だなぁ。こんな歌詞、書けないでしょ!

20170813-143150.jpg

ロッキン前日は「ピカチュウ大量発生チュウ」@横浜みなとみらいへ!

20170813-143156.jpg

駅を降りるなり大量のピカチュウ、

20170813-143201.jpg

どこに行っても、

20170813-143206.jpg

ピカチュウだらけ!

20170813-143215.jpg

まぁポケモンGOをやっていない方には全くもって迷惑なイベントだろうなという感じがしてしまう(苦)ほど、ホントにハンパない人でしてね、えぇえぇ!

しかしながら行った甲斐があるという、ホントにたっくさんのピカチュウはもちろん、レアなポケモンもゲットできて大満足だったのであります⭐︎

20170813-143222.jpg

ピカチュウのパレード。かたや、みなとみらいの海に目を転じるとピカチュウばっかり乗っているボートがいたり(!)、まぁ…この経済効果もマジでハンパないものであろうと察します!

(PS;11月にまたDSのソフトでポケモンがリリースになるんだと。眠れない秋がやって来るの確定…!)

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪ | ロッキンとピカチュウ♡ はコメントを受け付けていません。

オトナの階段 のぼってけ!

さてさて先週のことをさかのぼったりしますと♪

20170811-102004.jpg

水上カルビが自分たちで企画@下北沢シェルター!

ホントに…ライブ見ながら完全な親心だった(爆)。もうここまで、よくがんばってきたなぁ、なんつって。音楽って、音楽をやるって、こんなに楽しいんだ、っていうのを純粋に見せていたライブだったなぁと思う。技術も上がってきているし、もちろんルックスがカッコいいほうがアドバンテージはあるけど、でもそんなこと結果どうでも良い話で、こんなに「楽しいんだぜ!」って気持ちが溢れてるライブを見せられると、すべて超えていけるのだ♪

「ティーカップに乗るんだ〜」って、最後にコールアンドレスポンスする時。センパイたちよステージに出て(オバ犬&セカイイチ)、「Tバック〜をはくんだ〜」だの、「Eカップ〜を揉むんだ〜」だの言うの、やめなはれ!!!

(でもそれを横目にチョー照れて恥ずかしそうにしている水上カルビのボーカル・ユキくんがそれはそれで、また良かったんだけどね。笑)

オバ犬&セカイイチも久しぶりに見ましたが、セカイイチのファンだという方はやっぱりセンスいいな、と思ってしまいますわ。セカイイチ、やっぱりいい音を生み出してるし、昔の曲(=シルクハット)を演った時、今のこのメンバーでの演奏が、言うならば円熟さが加わってとっても良かったのだ!ということで、この先の歳の重ね方、たのしみだー!

ところでそんな2バンドが出演したのも、水上カルビが「ファン」だったというのです…実際、水上カルビがリハの時に「賛美や中傷を〜♪」ってギター弾きながら歌い始めたのはちょっとゾクっとした。セカイイチの名曲、Step Onのワンフレーズ。

20170811-102009.jpg

おっと!貼ってましたぜ、我らが岩手のバンド・スワンキーのポスター!それこそこの前の、おおつちありがとうロックフェスティバルでライブを見て来たので追ってレポしまーっす!

 

そんなライブの翌日。

20170811-102015.jpg

リアル社会のレイドボス光臨。レイドバトル開始。

(…ポケモンGOの用語です/ジムに現れるボスポケモンを倒すというのがレイドバトル、そこに現れるボスがレイドボス)

絶対勝てる気がしない、酒相撲開始〜♪
20170811-102022.jpg

その名も「エビ中会(=恵比寿で中年が集まって飲む会)」!

20170811-102027.jpg

ナイちゃん、いなせだね〜。我らが女子のために(笑)仕事終わりにサッと浴衣とか着て来ちゃうあたりね!

ボスは石巻で、大震災の津波の被害に遭いました。ボスのLINEアカウントの写真は、唯一、お友達が持ってくれていたという大好きなおじいちゃんとの写真です。これ以外、写真は残っていない。

震災に関してはいろんな話を聞いてきたけど、この日も、これまでに聞いたことのないお話が出て来ました。そして、今を生きる上で、抱える悩みも。ボスに限らず、ナイちゃんもわたしも。いっぱい吐き出して、いっぱい涙も出ました。同年代の素敵な仲間、本当にありがとう(^^)

伝えたいから、書きたいのだけど、でも、やっぱり止めておきます。

ボス、やっぱり酒相撲には勝てないわ…でも、いつだって話は聞くよ。聞くことしかできないかもだけど、でも、聞くことならできる。ナイちゃんといっしょに、また、これからも、一緒に飲むべしね♪

 

翌日、ナイちゃんからメールが届きました。

「オレたちは、嘘のつかない、オトナになろうぜ」

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。 | オトナの階段 のぼってけ! はコメントを受け付けていません。

熱量は偽装したりして作ることができない。

目まぐるしいですね。おおつちありがとうロックフェスティバルは無事に終わりました、そんな報告もまだ記せていないまま現実は駆け抜けて行く。お盆にゆっくりしながら振り返って記すつもりです。行ってみないとやっぱり、どんなことも、わからない。ありフェス、素晴らしいフェスでした。心から☆

そんなわけで直近の出来事からー。きのうは駆け込み!デルモクラブ〜この日のゲスト・山岡トモタケ、そう、山さんの弾き語りを楽しみに、バッチリ見て来ました♪

どうしてもWHITE ASHの音楽が好きだったので。どうしても今も、そんなこと書いても仕方ないのは分かってるんだけど、WHITE ASHの音をまた聞かせてほしいよ…と思いながら、向かいました、会場へ。

でも。少なくとも、いま弾き語りを始めた山さんは、もう違う方向をちゃんと見ているのだな、と。そしてその新しく見ている方向性が、とっても良かった!

ギターの山さんが歌うのは正直、これっぽちも想像できなかったのだけども。まず歌う発音がとってもクリア、歌詞がすーっと入ってくる。ファンタジックな世界を歌詞に描けるしあの風貌で「うたのお兄さん」的な立ち位置でもイケるかも!?かと思えば「ワインレッドの心」をカバーに選ぶあたり、シブい!で、これがまた雰囲気あるんだわ。最後の最後、光と影をテーマにした歌詞も山さんの視点が普通ではなくて(影と仲良くなるようにすれば、光ともうまくつきあっていける、的な)、とてもとても!いやぁ、感銘しましたよ、あたくし(^^)

からーの!

20170810-204158.jpg

みなさまお待たせしてすみません!

数えること4回目ですか、野蝶の会 in トーキョー(という名の岩手県人会)!

20170810-204204.jpg

おなじみのメンバーから、ちょうどライブで遠征していた盛岡在住のシンガーソングライター・村松徳一くんのサプライズ乱入もあり!

はい村松くんの歌声はコチラで♪

村松くんはね…内面がどんどんたくましくなっている。これで、つまりは音楽で、やっていく、という決意がそうさせているのだと思う。この声がもっと多くの方の心に響いていくのは間違いないとワタシは確信しているし、そういう意味ではワタシなんかが何もしなくとも響いていくとまで確信をしているのだ☆

20170810-204209.jpg

今回はワタクシ、大槌帰りのおみやげという意味も込めまして。東日本大震災で被災し、大槌から蔵をうつして盛岡で酒造りを再開し、日本酒界でブレイクしております「AKABU(by 赤武酒造)」を差し入れ♪

山田錦&純米酒の飲み比べでしたが、ホントに日本酒って奥が深い。お米だけでこんなに味が違うのか…と!

 

20170810-204218.jpg

本日。こちらの試写会へ♪

もう一人クスクスして止まらなかった…THE NEATBEATSのメンバー4人が登場する映画でございます!確かに、フラカンのグレートマエカワさんが言ってたけど「あれは演技なのか?いや、いつもあのまんまやん!」って感じなんですよ、もう確かに!マナベさんがグラマーな美女とやりとりするあたりの表情なんてまんまマナベさんだもん(爆)!

公開はこれからなので詳細は控えるとして。しかししかし。ニートビーツの音はもっと聞かれてもいい。この映画を通してそういうところが伝わるといいなと思う。あんなヴィンテージ機材を使ったあんな音で正統派なロックンロールをやれるバンドは日本にはいませんて!

20170810-204223.jpg

おやまぁ!こんな展示がちょうど行われてまして!

これがまぁ…面白かったのなんの!80年代のJ-WAVEの開局アナウンスや、あれは70年代とかもっと前になるのか?AMラジオの深夜が面白くなりはじめた、あの当時の放送を聞くことができるコーナーも!

震えた…ラジオが確実に、ワクワクをもって番組をお届けできていた時代なんだというのが今、聞いても伝わる!!!

考えようによっては、横山健さんがテレビの音楽番組に出るようになったことに対して言っていたようなことと近くて、こんだけ音楽も溢れてて情報も自由に手に入る時代だからこそ、ラジオ、というメディアが選んで「この曲」と、それこそ‘一曲入魂’じゃないけど、そういうことが番組を通してちゃんとお届けできたら。そういうことが大事で、この先そういうことができていれば、やっぱりラジオって信頼されるメディアとして存在していけるのではないかな、と☆

だってそもそも「ラジカセ」というのが生まれたのも、ラジオをカセットで録るためだと考えて、それがなぜかというと勿論トークを録音したかった方もいるだろうけど、やっぱり「音楽」を録りたかった方が多くいて、そういうニーズから日本発の家電として、発展していったのかな、なんて(^^)あっなんかまとまんなくなってきたからラジカセの写真をアップしよう(撮影可)♪

こちらが初めて誕生した、ラジカセ。なつかし〜AIWA!

右側のある赤いラジカセは実家で今も現役です。これ、欲しくて買ってもらったんだったなー、今見てもカワイイ♡

そんでもって弟とかの時代はこういう大きくてダブルデッキになるんだよね。こんなのも家にあったなー、なんて、一人でブツブツ言いながらすっかり楽しんじゃいましたとさ♪

Posted in NO MUSIC,NO MY LIFE♪, つれづれなるまま。 | 熱量は偽装したりして作ることができない。 はコメントを受け付けていません。

8月6日(晴) おおつちありがとうロックフェスティバルへ!

いよいよ、あさって!

おおつちありがとうロックフェスティバル・Chie Takahashi TIMEは!

じゃじゃんっ!
20170804-233601.jpg

ずーっと、こういうことをやってみたいと思っていました。

震災後に臨時の災害FMなどが立ち上がったりして(役割を果たした、と放送を終了したところもあるけれど⇨まさに上の「おおつち災害FM」などもそう)、いろんな方の身近なところにラジオ、になっているといいなぁ、なんてことを思いながら。でも待てよ、と。こういう方々が一同に介して何かをする(した)ことが、ワタシが絡む案件では少なくとも、なかったなぁ、と。

そうじゃん!

ありフェスも無料で楽しめるイベントです。そんなイベントで、まさに、無料で楽しめる放送・ラジオでおしゃべりする人たちが集まって何かやるのが、うん、いいじゃん!

そんなワタシの発想に、2つ返事で「行きましょう!」と言ってくれた、ありフェスの実行委員。

あとは…やるしかない。絶対、楽しくなる予感しかない(^^)!

こちら、先に自分のブログにアップしちゃいますー。毎年、ケセンロックの出演者は落語の高座のような「めくり」が用意されていて、出演アーティストが記されているのですが。2日間の大トリを飾ったMONOEYESのめくりを描いていた、kozちゃんにお願いして描いてもらいました(^^)

 

そしてそして…この日は、この日だけのスペシャルがもう1つ!

20170804-210806.jpg

ありフェスでトリを飾る、SA。ボーカル・TAISEIさんの思い出の味を販売します…って同じことしか書いてないすね(笑)!

もう期待しちゃってください!ありフェスではワタクシ、そんなわけで売り子もがんばりまーっす!!!

8月6日、大槌で会いましょう!
20170804-210834.jpg

あー楽しかった♡みんなと飲んでね、もうメッチャ元気!最高な同年代、今週は素晴らしい出会いと素晴らしい飲み会ばかりでした。追って書きます♪

Posted in つれづれなるまま。 | 8月6日(晴) おおつちありがとうロックフェスティバルへ! はコメントを受け付けていません。